意識しすぎない方が、うまくいく

2017.11.02 Thursday

(武当山で、形意拳の基本の立ち方を練習しているところ)

 

先日のクラスでやってみたことです。

 

生徒さんに「肘をラクにして」と声をかけて、わたしが肘を持って動かそうとすると、ぎくしゃくします。「肘から意識を外して」と声をかけて肘を動かすと、ゆるゆる、スルスル動きます。

 

「意識しすぎると、逆に力が入って硬くなることもあるの。」

 

百聞は一見にしかず、自分の体で体験すると、なおさら違いが良くわかります。意識しないほうがうまくいくことも、あるのです。

 

これは、腰の使い方にも言えます。太極拳でも、「腰は要」とか、「力は腰から出る」と言うこともあります。でもこれも、腰を意識しすぎると、上手くいかない場合もあります。

 

ちなみに中国語で”腰”というと、背中側のウェストラインあたりを指します。骨盤ではありません。腰は、下半身と上半身を結んでいます。いわゆる”そり腰”の場合、自覚している人は少ないかもしれませんが、腰が緊張状態にあります。ここが緊張していると、自分の中心軸が立ちません。

 

では、力はどこから生まれるかというと、大地からだと思っています。足裏で大地を少しずつ踏む(押す)ことで、下に向かう力が、体重より多くなります。”立つ”ことができるのは、下に向かう力に対して、上に向かう力があるからです。足裏で大地を押し続けると、上に向かう力も大きくなり、これで背骨の間を伸ばす(あける)ことができます。”縦に伸びる力”です。

 

腰の役割は、緊張させず、この縦の力が伸びることを妨げないことです。何もしないことが、役割を上手く果たすコツになります。(注:緊張している状態は、”余計なことをしている”ことになります。)その意味では、「腰は要」ですし、「腰から力が生まれる(腰の状態によって、力が四方八方に広がるかどうかが決まる)」とも言えますね。

 

年をとると、身長が縮んで体も硬くなりがちですよね。”縮む””硬くなる”ことが老化の現象だとすると、縦に伸びる力があることで、老化を進行させないことができます。さらにこの縦に伸びる力が、横、前後という四方八方に向かって膨らんでいく力のもとにもなります。これが「太極拳は健康によい」と言われる、ひとつの大きな要因でもあります。

 

普段の生活の中でも、意識しすぎることで硬くなって失敗すること、ありませんか?わたしは「これ、できる!」と思うと、ほぼ間違いなく失敗します。やることだけやったら、あとは何もしないのが一番。ついついやりすぎてしまう、頑張りすぎてしまう人間だからこそ、「やらないこと」を学ぶところが、面白いですね。

 

(武当山)

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM