武当功夫の根底にある精神:続けていけば、いつかはできる

2017.08.26 Saturday

(武当山 南岩 南天門)

 

中国の武当山に伝わる武当功夫(カンフー)の根底にあるものとして、「続けていけば、いつかはできる」という精神を感じます。

 

最初から知っていたわけではなく、自分がお稽古を続けていくにつれて、感じるようになってきたものです。

 

その精神は、武当山に伝わる伝説の中にも見られます。

.............................

 

北の守護神である真武(しんぶ)大帝(玄天上帝)。この真武が武当山で修行していた頃、一時、山から下りて俗世間に戻ろうとしたことがあります。

 

「磨針井」のあたりまで下ると、一人の老婦人が太い鉄の棒を研いでいるのを見かけます。不思議に思った真武は、何をしているのかと老婦人に質問します。


すると、「縫い針を作るためだよ」と。真武はこんなに太い棒で縫い針ができるものかと不思議がっていると、老婦人は「鉄の棒を止めずに研ぎ続ければ縫い針は必ずできる」と答えます。これを聞いて悟った真武は、すぐに山に戻って修行を続け、やがて仙人になったと言われています。

.............................

 

「続けていけば、いつかはできる」という精神は、道士(道教の修行者)が老子の「道徳経(日本語では「老子」)を読むときの姿勢にも表れています。

 

約5,000文字の81章からなるこの文献は、難解です。それぞれの章を読むときに、どんなことを伝えようとしているのか、その時の自分の経験や環境などにより、解釈が変わってくることもあります。道士は、これをずっと読み続けると教えてもらいました。「読み続けていけば、いつかはわかると信じているから」と。

 

ここで大切なことは、結果ではなく、プロセスです。たどり着く過程、探究の中に、豊かな体験や感覚、つながりなど、たくさん詰まっています。

 

プロセスの中では、「こうだ!」と実感しても、常に通過点です。さらに先があります。一生、終わることはありません。

 

身の丈に合った智慧がやってくる、とも言えます。そしてそれは、人が関わっていることもあり、助けられることもありますが、それを含めてすべて自分がやった体験です。それを修行と言う、と思っています。

 

現代は、どれだけ効率的に目標を達成するかに、重きが置かれてきた気がします。それは確実に、社会の発展を促したと思います。でも、行きすぎると、結果を出さなければ価値がないように感じられ、無理をかけることにもなりますし、「できる人」「できない人」という格差も生み出しかねません。人は本来、誰もが平等なはずなのに、です。

 

現代に育ったわたしは、けっこう”せっかち”です。本を読めば、すぐに先を”ちら見”したくなります。人の話も、最後までじっくり聞くより、半分くらいで自分なりに解釈しようとして、失敗することもあります。過去には、”より速くやる”ことを、ゲームのように楽しんでいた時期もありました。

 

人間だもの、そんな時期があっても良いと思います。でも、何事も”ほどほど”を過ぎるとバランスが崩れるように、あまりに効率に傾倒しすぎると、自分の体をないがしろにしたり、心を閉ざして「いやだ、辛い」と言えなくなることもあります。自分の心身のスイッチを切って、感じないようになっていくこともあります。もちろん、気づかずに、です。そして知らずに自分を痛め続けることにもなりかねません。

 

「続けていけば、いつかはできる」という精神の中には、常に今の状態を感じることが含まれます。それに良い悪いはありませんが、腐ったものを食べればお腹を壊すように、やり方が違えば体に不調が出ます。最初はうっすらとですが、たび重なると大きな不調になります。うっすらと現れた時点で、「うん?」と感じられるかどうかは、大切です。そして、腐っていると学習したら、次は避けることも、大切です。

 

(武当山 逍遥谷)

 

実際、お稽古でも、同じことを続けていても、昨日はとても気持ちよかったのに、今日はなんとも感じないこともあります。でも、気にせずに続けます。体の不調につながらないものであれば、昨日が良くて、今日はダメ、というものではない気がするのです。今日はこんな感じだと、そのまま見るだけです。

 

今の自分を見続けること、それを感じ続けることは、同じところにいるようでいて、実は常にチャレンジし続けています。昨日までの経験にとらわれず、今日は新しい気持ちで取り組むからです。

 

目標を立て、その達成だけを目指した場合、あるのは成功か失敗です。成功も、立てた目標の達成に限定されます。

 

でもプロセスを大切にする場合、得られるものの可能性は、未知で無限大です。気づいたときには、いろいろと智慧がついてきます。気が遠くなるほど長いプロセスであればあるほど、可能性は広がります。

 

「続けていけば、いつかはできる」には、絶対的な”いつか”はないかもしれません。”いつか”は、今でもあり、先でもあるという、矛盾しているようで、現実にはあり得るのです。

 

そしてこれは、ひとつのことを続ける場合だけではなく、いろいろあれこれやる場合でも、当てはまると思うのです。長くなってきたので、その話はまた別の機会にしようと思います。

 

 

(武当山 逍遥谷)

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM