太極拳とはどういうものか?

2017.08.21 Monday

(64式武当太極拳)

 

「Calling (天職)」という講演会を主催する友人から、「天職とは?」と聞かれて出てきた言葉は、

 

「やらずにはいられず、深めるほどに豊かな喜びをもたらしてくれるもの」でした。

 

これは、わたしにとっての太極拳のことです。

 

続けてきた理由は、前にもブログに書いたとおり、「やりたかったから」です。やりたい、という気持ちだけで、そこに明確な理由づけがあったわけではありません。だからなのか、「太極拳をすることは、どういうことなのだろうか?」と、よく考えます。

 

太極拳のもたらしてくれるものは、健康や人間関係などたくさんありますが、ここではその中で、根底にあるものについて、書いてみようと思います。

 

套路は、”开太极(開太極)”から始まります。太極を開く、です。

 

この世は陰陽という異なる質で、お互いに助け合うものの組み合わせで成り立っています。天地、動静、男女、などです。一日では昼と夜で、朝になって日が高くなる時間は陽が強くなり、だんだん陰が出てきて夜は陰が強くなるなど、陰と陽はくるくると入れ替わります。季節でも、呼吸(陽:吐く、陰:吸う)でも、同じです。

 

太極は、18世紀に書かれた書物「太極拳経」の中で、陰陽の母と書かれています。つまり、太極とは、陰陽というふたつに分かれる前の、”おおいなるひとつ”(大いなる道)です。陰陽という要素と質は持っていますが、ひとつです。

 

”开太极”とは、おおいなるひとつから、陰陽が生まれることでもあります。それは宇宙の誕生とも言えますし、人の誕生にも例えられると思います。

 

生まれた世界は、陰と陽がある世界です。太極拳の套路は、陰と陽がくるくると転換しながら、進んで行きます。それは生きていくことに重なります。

 

そして太極拳は、すべて攻防で、戦い技の連続です。この世では、どの時代にも争いがあることを考えると、套路は現実を反映しているともいえます。

 

でもそれは、争いを上手く勝ち抜くための術を教えているわけではありません。

 

太極拳の最後は、”合太极(合太極)”です。これは、”おおいなるひとつ”に、合一することです。

 

つまり、太極拳の套路は、”大いなるひとつ”から生まれ、陰陽がある世界で、争いがある中での攻防を経験しながら、体も心も深い”静”の状態へと入っていき、”大いなるひとつ”へと調和していく過程を経験するものです。

 

人は、生まれたときは、心も体も柔かいですよね。赤ちゃんの無垢な様子は、”大いなるひとつ”にとても近い存在とされています。だんだん経験を積むにつれて、「これは嫌だ」とか、「あの人は意地悪だ」とか、心も考えも硬くなりがちになります。場合によっては、身を守るために鎧を着ることあります。そしていつの間にか、鎧も自分の一部のようになってしまい、着ていることすら忘れ、もともとの”大いなるひとつ”の状態がわからなくなってしまいます。

 

太極拳は、いらないものをやめていく道でもあります。着こんでしまった鎧に気づいて、それを脱いで、軽くなっていき、頑なになっている心の柔かさを取り戻していきます。

 

その道は、つらく険しいものではなく、とっても穏やかで心地よいのだということは、套路の心地よさが教えてくれます。

 

套路が進むにつれて、自分と空間を隔てている皮膚という境界線が、だんだんと曖昧になり、自分が周りの空間に溶けてしまうような感覚になります。それは、とても心地良いのです。

 

多かれ少なかれ、現実に争いがある世界で生きるときに、”もともとはひとつなのだ”という実感を持って生きることで、見えてくる世界は変わります。それは自分の行動も、自分の在り方にも、大きく影響を与えます。生きる上で、自分の立ち位置がはっきりすれば、選択もしやすくなります。自分の選択を後悔する、という考えが思い浮かぶことも、なくなっていくような気がします。

 

お稽古を続ける理由は、”もともとはひとつなのだ”と思い出す時間を、持ち続けていたいからです。

 

だから、やらずにはいられず、そしてそれは、深めるほどに、豊かな喜びをもたらしてくれるものなのです。

 

All photos by Xie Okajima

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM