問い続ければ、いつかはわかる

2017.08.17 Thursday

 

最近、読み始めた本があります。「老子と太極拳」(清水豊著 ビイング・ネット・プレス 2013年)。

 

太極拳を始めてしばらくしてから、「老子」(中国語の原題は「道徳経」)は、心のよりどころにもなりました。これまで何度も読み返しているこの本は、読む時によって、とらえ方が変わります。「これは、どういう意味なのだろうか」と、常に問いを持って、今の感覚で読みます。

 

道教(*1)の修業者である道士は、これを一生読み続ける、と聞いたことがあります。「読み続けていれば、いつかはわかると信じているから」です。

 

昨年、中国の武当山にお稽古に行ったとき、今の先生の上の先生(武当玄武派第十五代伝人 田理阳 師父)に、5年ぶりにお会いする機会がありました。そのとき「何か困っていることはあるか?」と聞いてくださったのです。あれこれと試行錯誤しながらやっている、と答えたわたしに、「老子を読むとよい。生徒さんにも読んであげなさい」と言ってくださいました。

 

日本でも、「老子」の本はたくさん出版されています。最初に手にしたのは詩人である加島祥造さんの「タオ(老子)」(筑摩書房)です。詩というやわらかな文体のため、はじめて老子に触れる方には、読みやすいと思います。

 

ただ、こういうものは、どうしても翻訳される過程で翻訳者の理解や思想が反映されます。「老子」自体が古典であり、難解であるため、そのまま訳してもわかりにくいからです。

 

それでだんだん、他の方が訳してる本も、そしてシンプルに訳している英語も、いろいろ合わせて読むようになりました。

 

そんな中、今から4年前に「老子と太極拳」を手にしました。ワクワクして中を開いてみたのですが、難しくて、最初の方だけ読んで挫折してしまいました。

 

なぜか最近、この本を開いてみたら.....面白いのですよ、とっても。ところどころ、わかりづらいところもありますし、十分理解しているとは言い難いですが、何より、とっても刺激的です。

 

太極拳に関して、わたしが普段思っていることを、別の表現で言っている部分には、うんうん、うなづきながら読みすすめます。違う解釈をしている部分もあって、それが良い刺激となり、自分なりに考えを深めるきっかけにもなります。著者なりの解釈や考えも入っていますが、ずっと突き詰めて、体験を通して探究してきた方の言葉は、とっても深く、刺激的です。

 

著者の清水さんは、10代から八卦掌、太極拳、合気道など様々な武術を修行され、さらに大学では神道や中国思想の研究を行ってきた方です。なぜ、この本を書いたのかについて、”まえがき”に次のように書かれていました。

 

「中国の武術や気功が、日本に本格的に紹介されて、三十年ほどになろうか。優れたエクササイズは、おおむね移入されたといってよいのであろう。そうした今日にあって、求められているのは、内的な深さであると、わたしは考えている。内的な深さを得るには、どうしても神仙道(*2)の古典の力を借りなくてはならない」(「老子と太極拳」P3)

 

4年前に読んだときは、当時のわたしの体験と知識が、あまりにも稚拙だったのだと思います。たとえば、太極拳の”太極”の意味も、その頃はよくわかっていなかったのです。

 

太極拳という名称があまりにも有名すぎたせいか、太極拳を始めてから5年くらいは、”太極”の意味を疑問に思う機会がありませんでした。

 

それから「太極って、どういう意味なんだろう?」と問いを持ち始めました。

 

話を聞いたり、文献を読んだりもしました。でも何よりも、お稽古を通して、先生から教わること、そして自分で感じることからも、だんだんと理解していったと思います。あくまでも、今の自分なりの理解ですが。

 

山登りから見える景色と同じですよね。五合目まで登った人に見える景色は、八合目にいる人が見ている景色とは違います。五合目なのに、八合目の景色を見たいと願うのは無謀ですよね。4年前は、そんな感じだったのだと思います。

 

だから今、「面白いっ!」と思って読み進められることが、とっても嬉しいのです。

 

そして「問い続ければ、いつかはわかる」ことも、実感する機会になりました。

 

もちろん、まだまだ道は半ばです。わかっていないことも、たくさんです。全部をわかりきることなど不可能だと知りつつ、「自分は知らないのだ」を基本に、でも、少しずつわかっていく過程がとても楽しいのです。

 

著者の清水さんは、”まえがき”に次のようにも書いています。

 

「古典が古典として残っていくためには、それが読みつがれていく必要がある。(中略)時代に左右されることなく、常に価値を見出すことができるもの、それが古典なのである(中略)しかし、なかなか手に取りにくいのも事実である(「老子と太極拳」P3)

 

その理由のひとつとして、「いまの時代には合わないような内容も書かれている」(「老子と太極拳」P4)と言っています。

 

太極拳という伝統も、同じです。時代に合わない部分もあり、時代に左右されることなく価値を見出すことができるものでもあります。教えることも、常に試行錯誤です。みんなが今の生活の中で、伝統が伝えるものを享受できるように、やるもの、やらないもの、足すもの、を、生徒さんの様子を見ながら、決めていきます。

 

太極拳で得られるものは、たくさんあると思っています。健康な体、心身のバランス、落ち着いた心、円満な人間関係などなど。

 

時間をかけて得ていく感覚は、今の時代の人には必要だと思っているため、効率的に学べるようにしたいわけではありません。でも、わけもわからず「とにかく続けて」だけでは、ちょっと乱暴すぎます。どこかに良いバランスがあるはずです。

 

まだまだこれからです。でも、その過程が楽しいのですよ。

 

 

(*1)道教:古代の神仙思想を母体に、陰陽五行説、老荘思想を加え、さらに仏教の影響も受けて組織化されたもの。中国の武当山は、道教の聖地のひとつで、武術(武当拳=内家拳:太極拳、形意拳、八卦掌)が発達した場所。

 

(*2)神仙道:仙人となり不老不死をめざすこと。現代のわたしなりの解釈では、「一生をかけて青春を追い求める」。

 

 

(Photo by Xie Okajima)

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM