みんみん食堂:夏野菜たっぷり五色のトマトスープ

2017.07.04 Tuesday

 

大好きで、簡単に作れるものをご紹介する「みんみん食堂」。今回は、暑い時期に食べたい「夏野菜たっぷり五色のトマトスープ」です。

 

五色とは、薬膳の食材選びのコツでもあります。薬膳では、毎日、五色の食材を食べることを心がけます。五色とは、緑、赤、黄、白、黒です。

 

☀材料:

ベースのスープ

・トマト(ひとり1つ)

・塩

・にんにく(生、すりおろす。ひとり耳かき1杯程度)

・オリーブオイル

・バジル(飾り用)

 

夏野菜のロースト(作りやすい分量)

・なす1個

・黄パプリカ 1/2個

・ズッキーニ 1/2本

・紫玉ねぎ 1/4個

・オリーブオイル

※これで2−4人分です。

 

☀作り方:

なす、パプリカ、ズッキーニ、紫玉ねぎを、5ミリ角に切る。

上記を耐熱皿に入れ、オリーブオイルをかけて、オーブン(オーブントースター、グリル)で10分ほど焼く。出して冷ます。

トマトをざく切りにして、ミキサーにかける。

に、塩と、すりおろしにんにくを加える。

い法↓△鯑れ、オリーブオイルをちょっとかけて、バジルを飾る。

 

(野菜をローストしたところ)

 

 

☀バリエーション1:冷製パスタ☀

上記のスープをパスタソースにします。ツナやローストした松の実を混ぜるのも、おすすめです。パスタは、一番細いカッペリーニを使います。ゆでて、氷水で冷やしてから、ソースであえます。

 

 

☀バリエーション2:ガスパチョ風☀

ベースのスープを作るときに、きゅうり、黄パプリカを加えます。トマトをミキサーにかけるときに、きゅうりと黄色パプリカも入れます。(ひとり分:トマト1個、きゅうり1/4本、黄パプリカ1/4個)塩、にんにくを加えて、オリーブオイルをかけて出来上がり。※夏野菜のローストは入れず、このままでもおいしいです。

 

 

五色は、五行(木火土金水)に対応し、それぞれに関係する臓器があります。

 

五色 五行 五臓  季節  食材        

緑  木  肝   春   ズッキーニ、きゅうり

赤  火  心   夏   トマト

黄  土  脾(胃)土用  黄パプリカ

白  金  肺   秋   なすの中身、玉ねぎ、にんにく

黒  水  腎   冬   なすの皮

 

さらに季節によって、多めにとる色があります。夏は、心臓に負担がかかる季節ですので、赤いものを多めに食べます。

 

にんにくは、生でとると、殺菌作用があります。

 

薬膳を習うようになって、五色を目安にするようになってから、とっても楽になりました。めんどうなカロリー計算とか、栄養素で考えるよりも、色を見るだけでよいからです。一食でとる必要はなく、1日で全色がとれればよいのです。

 

季節の食材をとることも大切です。今は、冬でもトマトやきゅうりを売っていますが、夏野菜は体を冷やす作用があるため、冬は控えます。食べる場合でも、しょうがなどの体を温めるものと一緒にとるようにします。

 

季節に合ったものを、おいしく食べて、ニコニコ元気で過ごしましょ。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM