朝ごはんを食べる?食べない?

2017.05.25 Thursday

朝ごはん、食べますか?

 

食べる方、食べない方、両方いらっしゃいますね。

 

わたしは”食べる”派です。これから動く朝とお昼はきちんと食べ、夜は炭水化物を抜きます。炭水化物はエネルギーに変りやすいので、これから活動する朝やお昼に向いています。夜に食べてしまうと、朝まで胃の中に残っている気がするのです。

 

夜、ごはん、パン、パスタなどの炭水化物を食べないのは、最初はちょっときつかったです。子供の頃から、夕食にはごはんを食べる習慣できたのですから。でもやってみると、朝すっきり、お腹が空いて起きられるのです。(ただし外食や、誘惑に負けたときは、別です。)

 

中国にお稽古に行くと、「朝ご飯、食べた?」とよく聞かれます。単なる挨拶言葉(おはよう、とか、こんにちは、程度)であることも多いのですが、朝の場合、そして近しい関係のときは、挨拶ではなく、本気です。現地に到着したばかりの朝、「お腹が空いていないから、いらない」と言ったら......気づいたときには食堂に連れていかれていました。「朝ご飯を食べないのは、体に悪い」と、大きな肉まん2つ、テーブルに置かれました。

 

中国での滞在中によく聞くのは、「夜は抜いてもいいけど、朝はしっかり食べる」です。

 

これには根拠があります。中医学では、それぞれの臓器が活発に活動する時間があります。

 

たとえば肝臓は夜中の1〜3時が最も活発となり、この時間に熟睡していることが、肝臓を修復し整えることの助けとなります。

 

胃の場合は、午前7〜9時です。この時間、フル稼働で働き、エネルギー補充の準備を完了します。そのため朝食をこの時間に食べるのが良いようです。

 

その前、午前5〜7時は、大腸の時間です。コップ1杯の水を取ると良い(常温、もしくは白湯)のは、大腸の活動を活発にしてくれますし、寝ている間に失われた水分を補給してくれるからでしょう。

 

ひとつ注意したいは、水分を取ってすぐに朝食を食べないことです。水分を取ったばかりだと、胃液が薄まって消化力が弱まるため、30分くらいあけるようにします。食事中も、水やお茶などを控えめにする方がおすすめです。水分で流し込んでしまうと、唾液が出きらず、唾液による殺菌もできなくなってしまいます。結果、胃などの内臓に負担をかけることになってしまいます。

 

”朝食は食べる”のは、わたしがいろいろ試してみた中で、「これがよさそう」と選んでいる結果です。それぞれ人は違うので、朝食抜きの方には、また別の実感があるのだと思います。1日3食は食べ過ぎだから、2食にして、胃をお休みさせることは、納得できます。夜しっかり食べる習慣がある場合は、朝を抜く方がやりやすいですよね。

 

大人であれば、やってみて、自分の体調の変化をみながら、調子がよさそうな方法を選ぶことが一番だと思っています。

 

大人の場合は、”食べたいもの”が”必要なもの”であることも多いのです。人参ばかり食べたいとき、また、甘いものがすごーく食べたいとき、そんなときは食べても太らなかったりします。体が必要なものを欲しているようです。

 

ただ、薬膳料理の先生いわく、これは30歳を超えた大人の場合だそうです。それよりも若い場合は、体が必要というよりは、なんだか違う”欲求”で食べたい!と思ってしまうようです。

 

わたしは10歳くらいの頃、生協のみかんジュースがとても好きでした。しょっちゅう飲んでいたら、ぶくぶくと太りはじめ、母に「その太り方はおかしい!(つまり、健康的ではない)と言われ、1日1杯までというルールが課せられたことがあります。守っていたら、ほどなく体はすっきりしてきました。

 

今でも、ストレスがたまっているらしきときには、おかしな食べ方に走ることもありますけどね。子供とストレスのかかった大人は、自分の欲求を信じてはいけないようです。

 

人の体は、構造も機能も、いろいろな研究がなされていますが、それでもまだまだわからないことも多いと言われています。個体差もあるでしょうし、その日の体調や環境、いろんな要因によっても変わるところもあるでしょう。以前に書いた「5本指ソックスを履くか、履かないか」と、同じです。”これがいいよ”という情報や専門家のアドバイスを参考にしながら、自分の体と相談しながら、試行錯誤(注:もちろん、危険ではない範囲で)していけたらいいのかな、と思っています。

 

同じ自分でも、昨日のわたしと今のわたしは、違うのですから。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM