「陽だまりの人」近藤陽子さんのインタビューを終えて

2017.04.21 Friday

(左が近藤陽子さん。東京で。)


陽だまりの人Vol.1: 近藤陽子さんのインタビュー記事は、こちらからどうぞ

 

”やさしさ活動家”として、名古屋で会員制の「カフェコスモス」を運営している近藤陽子さん(お〜にゃ〜)との出会いは、それこそ名古屋で、2013年の秋だったと思います。

 

友人から紹介された、あるセミナーに行きたくて、名古屋まで行ってしまいました。東京でも開催しているのですが、そのタイミングであるのは名古屋のカフェコスモスでの開催だったのです。

 

そのときは話した記憶もなく、「ここのオーナーの、お〜にゃ〜です」と紹介されていた彼女は、ニコニコと笑っていて、なんというのか、背景の一部のようでした。

 

それから今に至るまで、対面したのは片手をちょっと超えるくらい、両手の指の数には届いていません。

 

でもなんとなく、ずっと一緒に生きていて、つながっている気がするのです。

 

フェイスブックやブログで見かける彼女の言葉や、それと一緒に感じる空気に、気づかされること、勇気づけられること、心を温めてもらえることも、たくさんありました。たまに会って話すときには、悩んでいることも含めて、思っていることがスルスルと言葉に出てきて、たぶん、言葉ではない形でも出てきて、つながって話している、という感覚があります。友達っていいな、ありがたいな、一緒に生きているな、としみじみ思うのです。

 

お〜にゃ〜のブログで、すごく印象的だった言葉があります。

 

「一年前に夢みていたことが、ひとつでも現実になっているならば、あなたは今、あの頃に描いた夢の世界を現実に生きている。」

 

お〜にゃ〜は、まさにこの言葉を生きている人だと感じます。

 

カフェコスモスという場を作るという現れてきた壮大な夢を、「ムリムリ〜」という自分の声が聞こえてきても、勇気を出して精一杯”受けとっていく”ことを続けることで、あの頃に描いた夢は現実になりました。

 

「『こんな場所を作りたいの』と言い続けていたら、それが現実になった」という言い方をされていましたが、現実には、ドキドキしながら話したり、知らない人ばかりの場所でチラシを配ったり、まだできていないのに「カフェコスモスへようこそ」というブログを書きはじめたり、その活動を振り返ってみると、それは、すごいです。ものすごい行動力です。

 

でもそれは、夢に向かってガシガシと行動したというのではなく、思い浮かんだ夢を、彼女なりに精一杯受け取り続けた時間だったような気がします。

 

「夢を持つこと、手放さないことは、自由である」という言葉どおりです。

 

夢を手放すことも、自由です。つまり、ほんとうは人は、誰でもとっても自由なのだと思います。なんでも自由にできるなら、どうしたいのか。そこで浮かんだものを、本気で受け取っていきたいと思うかどうかも、自由です。

 

それを受け取り続けたらどうなったか、というお〜にゃ〜の話は、わたしにとっても、そしてたぶんみんなにとっても、夢を現実にするのは、夢物語ではないのだと、教えてくれると思うのです。

 

わたしの好きな、老子の言葉と言われているフレーズがあります。

 

“If you are depressed you are living in the past.
If you are anxious you are living in the future.
If you are at peace you are living in the present.”

(もしあなたが落ち込んでいたら、あなたは過去に生きている。
もしあなたが心配ばかりしていたら、あなたは未来に生きている。
もしあなたが平穏だったら、あなたは今に生きている。)

 

映画のカンフーパンダには、おそらくこれを参考にしたであろう、亀仙人のセリフがあります。

 

"You are too concerend with what was and what will be.
There is a saying:
Yesterday is a History, Tommorrow is a Mystery, but today is a Gift.
That's why it is called the PRESENT."

(お前は過去と未来を気にしすぎている。
こんなことわざがある。
昨日は歴史、明日はミステリー、でも今日はギフトなんだ。
だから今日は、プレゼント(英語のpresent)と言うんだよ。)

 

今を大切にする、ということです。

 

それでもたまには、1年前に見た過去の夢を振り返ってみたら、いいと思うのです。ひとつでも叶っていたら、今の自分は夢を現実に生きています。

 

そして未来の夢に想いをはせても、いいと思うのです。それをしている自分がおだやかで幸せそうだったら、それを受け取りながら今を生きる選択をしていきたいと、思うのです。

 

時間や空間は、ほんとうは制限などなく、越えられるものだと感じます。

 

「そこにいてくれるだけで良い」彼女の存在は、わたしにとっては、現実に目の前にいなくても、十分感じられます。そういう”つながり”が持てていることに、心から感謝しています。

 

過去の夢を現実にしたお〜にゃ〜の人生は、ここで終わりではなく、また夢が現れてきています。それはわたしにとっても、同じです。「夢を持ち続けるのは自由だ」と、それを精一杯受け取り続けていきたいな、と思います。

 

”受け取る”ことは、水が上から下に流れるように、ほんとうは、自然で無理がないのことなのかもしれません。だから、わたしは彼女を「背景に溶け込んでいるような人」と感じたのかもしれないな、と思います。

 

いつもありがとう。これからも、よろしくね。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM