古琴:泣顔回

2017.04.06 Thursday

(2015年秋、武当山にて)

 

半年ぶりに古琴のお稽古を再開しました。

 

古琴は、2年前に中国の武当山にお稽古に行ったときに、兄弟子が弾いていたことから、始めたものです。文武両道と言いますが、太極拳、古琴、書道、中国茶は、みんな「天地人」の概念を持つ中国文化に基づいています。そのため、太極拳をする人には、音楽をする人、書をたしなむ人、お茶を好む人が多いのです。

 

今、お稽古しているものは「泣顔回(Qì yán huí)」です。この曲の背景を、先生が解説をしてくださいました。

 

顔回(Yán huí, 日本語では がんかい(紀元前514〜483年)は、春秋時代の学者で、孔子が最も愛した弟子だったそうです。貧しい家に生まれ、学問を好んで孔子に重んじられましたが、早逝して孔子を嘆かせたと言われています。(参考:大辞林 第三版)

 

顔回が亡くなったことを悼んで泣く曲なのですが、中国や韓国には、「泣き屋」(もしくは泣き女)という職業があり、お葬式に呼ばれて誰よりも先に泣く、という役割をするのだとか。日本ではお通夜やお葬式では涙をこらえる方が多くみられると思いますが、中国や韓国では、徳が高い人ほどその人の死を悼むのは当然で、それを大泣きして表現するようです。

 

この曲、最初は泛音(はんおん、ハーモニックスとも言う)のフレーズから始まります。右手で弦を弾いて左手で弦を軽く押さえてはなすことで、天に届くような軽くて高い音が出ることから、”天の音”と呼ばれます。「ここは泣き屋さんが真っ先に泣くところ。」と、先生。同じフレーズを2回繰り返すのですが、「1回では足りないから、繰り返すの。」

 

そして、按音(あんおん)が入ります。これは右手で弦を弾きながら左手で弦を押さ得る音です。左手で弦を押さえたまま左右に動かして、音を揺らすこともあります。これは、動きも大きく、音のバリエーションも一番多く、”人の音”と言われています。「気持ちが高まって、ここから自分が泣くの。」ストーリーがわかると、イメージが膨らみます。

 

(古琴の説明や、奏法の説明について詳しくは、「古琴:天と地と人の音」)

 

中国最古の楽器のひとつである古琴は、音がとても小さいのです。そのためか弾く人が減少して衰退気味だったそうですが、2003年に世界遺産に指定されたことがきっかけで、盛り返してきているようです。自然や人生に向き合うものが多く、この泣顔回のように、メランコリックなテーマがほとんどです。

 

音の間を大切にするところは、太極拳にも通じます。わたしの太極拳をご覧になった先生は、「ずっと流れるような動きだったでしょう。古琴も同じ。弾いた後の余韻を自分で楽しむの。”間(ま)”が大事。」とおっしゃいます。天地とつながるという姿勢や、呼吸と合わせるという点も似ています。技術はありますが、それだけでは足りないところ、技術の前に大切なところがある点も、つながりを感じます。

 

太極拳の套路は、最初に生まれてから閉じるまでの”人生”を表現していると感じるのですが、古琴も、生きることを表現している気がします。伸びがあって、揺れがあって、芯があって、軽さも重さもあって、人生、いろいろです。

 

半年前に中国に行っていたときに古琴を弾く機会がほとんどなく、それから意欲をなくしていたのですが、(簡単に言うと弾けなくなってきたので、億劫になったのです)、日本の先生が「いつからお稽古始めますか?」と何度も声をかけてくださいました。「せっかく始めたなら、こういうものは続けた方がよいからね。」と。先生に感謝です。

 

いつのときも、先生という存在は、わたしにとってはありがたい存在です。

 

わたしは案外せっかちなのですが、急な発展を期待することなく、少しずつ育てていこうと思います。

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

イベント:「青空坐禅と太極拳」(4月23日(日)13:00- 明治神宮)は、こちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM