からだのつながりと、人のつながり

2016.09.09 Friday

(武当山の頂上、金頂にて)

 

「体はつながって動くんだよ」というのは、太極拳のお稽古中によく言う話ですが、最近、”つながって動く”感覚が変わりました。

 

きっかけはアレクサンダー・テクニークを受けたことです。友人が講師デビューを目指すにあたり、モニター受講生を募集していたことから、手を上げて、1週間に約1時間を2回、合計で10回受けてみました。

 

アレクサンダー・テクニークとは、F.M.アレクサンダーさん(1869-1955)が開発したもので、心身の不必要な緊張に気づき、これをやめていくことを学習するものだそうです。約1か月という短期間にわたしがどれだけ理解できたかわからず、全貌を説明できるわけではありませんが、それでも従来の認識を変えたり、気づきを与えてくれたりしたことは大きいので、理解している範囲内で書いてみようと思います。

 

アレクサンダーさんの大発見は、頭がい骨と頸椎の間の関節が自由に動くようになっていれば、全身の関節が自由に動く、ということでした。この頭蓋骨と頸椎の間の関節、動かしてみると、前後にはちょっとしか動かず、横にはさらにちょっとしか動きません。胸をはって顎が上がると詰まってしまいますし、顎を無理やりひいても詰まってしまいます。最初はわざと詰まらせて窮屈な感覚を覚えてみてから、「ここが自由に動く」と強く思うことから始めました。

 

なぜここが自由に動くことが全身に影響を与えるのかは、神経などのしくみからも説明できるようなのですが、アレクサンダーさんは解剖学などを勉強して発見していったわけではなく、自分の体を使って実践していくことで、ひとつずつ発見していったそうです。心身の不必要な緊張に気づいてやめていくことや、理屈や理論ではなくて自分の体の感覚で発見していくあたり、太極拳の目指していることや発展の過程と似ています。

 

立った姿勢でこの頭がい骨と頸椎の間の関節が”自由に動く”という状態を作ることは、太極拳で言う”放松”に似ています。実際、「その関節が自由に動く」と強く思うことで体に起きる変化は、”放松”の状態にしていくときに起きることと同じです。太極拳では「あごは引き気味に」と習うことも多かったのですが、引くのではなく、結果として引いた状態になるのだということも、このワークを通じて体で理解できました。引いてしまうと詰まってしまい、文字通りプレッシャーをかけてしまうのですよ。自分に。

 

さて、人間は立ったら動きます。動いている状態でも「頭と首の間の関節が自由に動く」ことが大切ですが、その前に、何かをしないと動き出すことはできません。それを「どこから動くのかを意識して、動かす」と教えてもらいました。たとえば歩くとき、普段はどうやったら歩けるかを考えることは、ありません。でもここでは、無意識に習慣になってしまったクセを外すために、どこから動かすかを決めて、やってみます。

 

最初、わたしは頭と首の間の関節が自由に動くことからスタートする、という意味を、その部分から体の各部がつながって動いていく、と理解しました。すると、うまくいかないのです。頭と首の間の関節→体のほかの部位→またそのほかの部位、と動きが伝達していくと考えると、うまくつながらず、体は固まっていきます。悩むことで、さらに自分にプレッシャーをかけています。

 

「これじゃない」という思いを持ちながら、講師の友人といろんな話をしているうちに、「つながって動く、という理解が違っていたのかもしれない」と思ったのです。

 

例えば腕が上がるとき、息を吸って胸が膨らんで肋骨が開いて→肩→肘→手首という順番で上がっていきます。でも、たとえば肩が上がっていくとき、末端の指が何もしていないわけではないのです。大きな流れではないけれども、微妙に動いているかもしれないのです。

 

もう少し言うと、実際に動く、動かない、というのは結果で、別にどちらでも良いのです。そうではなく、「必要に応じて自由に動ける」状態であることが大切な気がします。腕が上がるという大きな動きの流れが肩に来ているとき、指先が動くことが必要なら動くし、必要ないなら動かない、というようなことです。

 

太極拳の套路では、それぞれの動きをリードしていく体の部位が決まっています。手だったり、足だったり。これは、アレクサンダー・テクニークで言う「どこから動きだすか意識する」と似ています。そのとき、リードする部位だけが動いている、というわけではないのです。

 

これ、おもしろいのはリードする部位は、動きによって違うところです。そしてその”リーダー部位”に、体全体がいつでも応えられる状態にあることです。全身で動く感覚が、新しくなりました。

 

そして、動きをリードする部位に正解があるわけではないのです(太極拳では決まっている、と言いましたが、今のところ一番信じているのがこれ、というだけのことです。絶対の正解ではないと思っています)。だから決めて、やってみて感じることが大切です。これを通じて、頭(意思)と体が連動していくようになります。

 

これって、人との関係にもつながるような気がするのです。個の体と人の集合体を対応させてみると、個の体の各部位にあたるものが、個人になります。ある活動、たとえば、環境保全とか、教育とか、それぞれの分野にはそれをリードしていく人たちがいます。一人がすべての分野をリードするのではありません。別の人は関係ないわけではなく、リーダーが動くことで呼応して動いたり、動かなかったりします。でも、動く準備ができる状態にはいるわけです、きっと。自分でプレッシャーをかけて固まったりしなければ、です。そしてリーダーも、やってみて違うと感じ、変わることもあります。でも、最初にリーダーだった人が、それで役割を何も果たさなくなるわけではないのだと思うのです。

 

表面的に起きている現象がどんなことであっても、どんな人にも、自分の居場所はあります。その仕組みがわかると、ほっとしませんか?

 

アレクサンダー・テクニークを通じて経験したこと、理解したことはまだまだ他にもあります。これから少しずつ育てて、機会を見て言葉にもしていこうと思っています。でもそれより前に、わたしがとても興味深かったことは、F.M.アレクサンダーさんがこれを発見していった過程なのです。自分の悩みを解消すべく方法を探したり、こうじゃないかと思って何年か取り組んでみては「うおーできないんだ、それ!(注:このセリフは、わたしの勝手な想像です)」(たとえば、「これをやめる」と思うと、人間は必ずそれをやってしまう、ということ)と気づいたり、など。その取組姿勢や情熱、がっかり(したかどうかわかりませんが)加減など、とてもチャーミングに感じられるのです。生きるとは、そういうことと、教えられたような気がします。

 

教えてくださったボディ・チャンスの青柳彰一さんには、本当にお世話になりました。一緒に考えてくださったこと、わたしの変化を細かく観察してくださったこと、いろんな気づき、その過程を、時には悩みつつ楽しんで過ごすことができました。ありがとうございます。

 

生きるって、試行錯誤の連続で、楽しいです。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM