武術と才能

2015.01.20 Tuesday



ストレングスファインダーという才能発見テストの結果をもとに、
それぞれの人の活かし方をコンサルティングしている友人の新関裕二さんから
「武術と才能の関係ってどうなの?」と聞かれたことがあります。

ここでいう才能とは、強く出ている資質のようなものです。
長所にもなれば、短所にもなりやすいところです。

私の答えは「習い方や教え方には関係していると思うけど、本当にすごい人には
個性を感じない」というものでした。

そんな体験が1回だけあります。

2011年に2か月間、中国 武当山のカンフー学校に滞在して練習していたことがあります。
そのときの学校の館長である師父(先生)が、田理陽師父(上の写真)。武当玄武派第十五代継承者です。
この師父の太極拳を見たとき、すごく不思議な気持ちになりました。
「知っている人なのに、わからない。」

そのときまで1か月以上、毎日教えていただいて、普段の様子や人柄も含めて、それなりに
知っているつもりでした。でも太極拳をやっている姿は、全然知らない別人のようだったのです。

武当拳の道着は、上の師父の写真で見てもわかるように、そで上着の裾も長くなっています。
一番長い場合は、上着が裾まであります。
これは、相手に動きを悟られないようにするために隠していると、言われています。
個性もたぶん、同じなのかもしれません。
長所でもあり、短所でもあるなら、見えない方が良いのかもしれません。

この師父の動きを見るまでは、太極拳には個性が出る、と思っていました。
生き急いでいる人、細かいところが気になる人、おおざっぱな人。。。
その人らしさが浮き彫りになるのが太極拳だ、と思っていました。

だから、この田師父の動きを見たときは、衝撃でした。
「本当にすごい人は、その人がどんな人なのかわからない。」

この話を聞いて新関さんは「面白いね。才能の場合も、自分の強い資質を
活かしていくと、ほかの資質も使えるようになる気がする」と言っていました。

武術に限らず、なんでもそうなのかもしれないと思っています
まずは自分の特性を理解して、受け入れて、活用していくところから始めます。
理解や受け入れが足りないと、強い資質に振り回されて大きな弱点になりかねません。

たとえば、わたしの場合は一番強い資質が「最上志向」なのですが、これは
得意なことをもっと伸ばしたい性質です。平均よりできないことを人並みにもっていく
ことには、まったく興味がない資質なのです。
だから、不得意なことをもうちょっとなんとか。。。とアドバイスされたりすると、
すごく苦しいのです。得意なことは、もっともっとやりたいので、それを制限されると、
これもすごく苦しいのです。この資質を自分で理解して受け入れてないと、ときに組織・環境
不適合となり、悩み苦しむことになったりします。

受け入れたら、次のステップは、のびのびと活かしていくことだと思います。
その次にくる段階が、全部の資質がうまく使えるようになる、というのは
面白いと思っていますが、私はまだ、とてもとてもこの域には達していません。

(才能から見た私の推薦文「私の存在が太極拳を通じて伝えるもの」は↓
http://blog.minminkung-fu.com/?eid=7

師父の話に戻ると、あの日の体験と感覚は、あのときからずっとわたしの中に深く残っています。
もちろんすぐにできるわけではありませんが、その感覚をずっと追ってお稽古を続けています。

本物を見ること、本物に触れる体験。
これは何ものにも代えがたい、貴重な体験です。

ちなみに、上の写真は、「白鶴亮翅」といって白い鶴が両方の羽を広げているポーズです。
恐れ多くて前から撮れないので、こっそり後ろから。。。(こっそり、のつもり)。

最後の写真は、2か月滞在したときの最終日です。
中央、白い道着の方が、田師父。向かって左隣が私です。


☆ ☆ ☆ 講座のお知らせ ☆ ☆ ☆

シェア奥沢(自由が丘)での1−3月の予定は、こちらから↓
http://blog.minminkung-fu.com/?cid=5
 


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM