武当山での1日

2016.02.09 Tuesday


(中国、武当山。宿舎の敷地内でのお稽古)

定例のお稽古のため、4月中旬から武当山に行こうと思っています。

今日は、武当山での1日や衣食住の様子をご紹介しようと思います。
というのは、一緒に行きたい!という生徒さんが、
そこそこ過酷な状況を妄想していたことがわかったからです(笑)。

そんなに劣悪な環境ではありません。清潔ですし、食事もおいしく、居心地は良いです。

まずは行き方です。


直行便がないため、北京や上海で経由して襄阳(シャンヤン)空港まで行きます。
そこから武当山のふもとまで、車で約2時間です。
以前は長距離バスで移動したこともありますが、中国人の薬膳料理の先生に「だめ!」と
怒られて以来、安全のため、必ず学校にお迎えをお願いしています。

武当山にはカンフー学校がたくさんありますが、今の学校は山の中腹にあり、
バスで40分くらいです。山は車の入場制限があり、観光バスか、業者さんの軽トラックか、
スモークガラスのVIP車しか走っていません。

日本からは、丸1日、乗り継ぎによっては1泊2日かかります。

(武当山の山門。ここからバスで上ります。)


(武当山の中腹、南岩。ホテルやお店、レストランが並びます)


(南岩。こんな景色が、いつも見られます)

今の学校、武当玄武功夫館のお稽古は、1週間に5.5日です。
今のところ月曜の午後と火曜日がお休みです。
短期で行く場合、休日にもお願いしてお稽古してもらうこともあります。

1日のスケジュールは、

6時〜7時:朝練(自主練。ジョギング、站椿功など)

7時半:朝食

8時半〜11時:午前中のお稽古(途中、休憩あり)
・ジョギングと準備運動
・キックなどの基本功(ここまでで1時間くらい)
・それぞれのお稽古(太極拳、太極剣、気功、八卦掌、形意拳など)

12時:昼食
 その後、お昼寝

14時半〜17時:午後のお稽古(休憩、あり)
・站功(站椿功)と、放松(ファンソン)というリラックスする練習(1時間くらい)
・それぞれのお稽古

18時:夕食

時間は季節によって前後します。暑い夏は暑さを避けて昼休みが長く、日が短い冬は逆になります。


(午前中の個人のお稽古。武当太極拳。バス停の横の広場で、休日は
観光客がたくさん通ります。)


(站功。午後のお稽古。宿舎のお庭です)

食事は、中国人の生徒さんや先生たちが作ってくれます。
朝食は、おかゆ(白粥、豆粥、カボチャ粥など)、麺、パンケーキなど。
昼食と夕食は、ごはんとおかず4種類、スープなど。
お肉は少な目ですが、野菜はたっぷりで栄養もちゃんと取れます。
衛生面について言えば、食材は調理するまえにキレイに洗っていますし、
キッチンもお料理後にきれいにお掃除しています。基本、清潔です。















宿泊は、ホテルを宿舎にしています。
看板には、☆が3つ、ついています(と、言っておきます)。
一人一部屋で、トイレとシャワー付き。
お掃除は、その辺にあるモップやほうきを取ってきて自分でしますし、
シーツは頼まないと変えてくれませんが、こちらも基本、清潔です。
お洗濯も自分でします。ホテルの屋上の一部には、物干し場もあります。


(宿舎のホテル)


(中庭。ホテル内に、学校のオフィスもあります)


(お部屋の例)

(トイレとシャワーの例。先生が、娘さんを洗ってあげているところ)

武当山は歴史建造物(お寺)が世界遺産に指定されていることもあって、観光地なので、
お掃除はいきとどどいています。道路も、外の公共トイレも、わたしが普段行くところはみんな、
きれいにお掃除されています。

中国は、あまりきれいではないイメージがありがちかもしれませんが、
みんな自分が住むところは、きれいに掃除して、気持ちよく暮らしているのですよ。

何より、きれいにすることも、礼儀も、きちんと丁寧に暮らすことも、お稽古のうちです。
カンフーは、アクロバティックな動きをする場合もありますが、アクションではなく、
生きることそのものだと、わたしは思っています。



大好きな、魂のふるさと、武当山。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM