見えるものに騙されない

2016.02.03 Wednesday


(崖の上に立つ南岩宮。中国 湖北省 武当山)

わたしがいつもお稽古に通っている中国、武当山の南岩には、
南岩宮という道教のお寺があります。
(大きなお寺を”宮”、小さなお寺を”観”と呼んでいるようです)。

ここには、龙头香(龍頭香)があります。
金頂(武当山の頂上)に向かって伸びる龍の頭の先に香台があります。




この龍の頭の大きさは、2.9m x 0.3mです。
かつて道士たちは、ここを歩いてお香をあげていましたが、足を滑らせて落ちて
亡くなる方も多かったそうです。そのため現在ではこの上を歩くことは
禁止され、香台も手前に設けられています。

下は断崖絶壁、落ちたら助かる可能性はかなり低そうです。


(手前から見たところ。先に見えるのが、昔の香台です)

ここに来るといつも思うことがあるのです。
0.3mとは、30cmです。人間が歩く幅としては充分です。
平らではなくて、装飾の彫り物がしてあるところが難易度を上げていますが、
それでも、でこぼこではありません。

平地にこれが置かれていたら、ほとんどの人が普通に歩いて香台までたどり着けるのでは
ないでしょうか。

話は変わりますが、2年ほど前、高いところに上って歩く経験をしたことがあります。

アスレチックフィールドのように安全に準備された場所で、命綱もつけていました。
それでもやはり、高いところに登ると足がすくみます。
「いや、できるはず。筋肉あるはずだし、鍛えているはずだし。」
と思ったことで、さらにわたしの体は硬く、緊張したのだと思います。
1回目は、歩いて目的地に到達することができませんでした。

2回目は、別の場所で、でもやはり高いところに登ることになりました。
始める前、リーダーが、「見えているものは、だますためにある。
見えるものにとらわれるな。」とアドバイスしてくれたのです。
それまで思っても見なかった、衝撃的な言葉でした。

実際に登ったとき、目をつぶっていたわけではないのですが、
目で見るよりも、足裏から伝わってくる感覚を頼りに、一歩一歩登っていったことを
覚えています。
そして、1回目とは違って、「できるかどうかわからないけど、やってみよう」
と思って臨んだことも覚えています。
今度は最後まで到達できました。

人は経験することで成長する、と思っています。
でも、経験をもとに頭で考えて、現実に余計な妄想を足してしまうことも多い気がします。
最初の龙头香の場合、崖を見たときに、”落ちる”を想像してしまうのは無理ないのですが、
でも事実を見れば、歩く幅は30cmです。


もうひとつの落とし穴は、経験からくる”いらない”自信です。
「こんな練習もあんな練習もやったから、できるはず」と、
経験をもとに頭で考えた途端、失敗するのは、わたしのひとつのパターンです。

経験を積んでいくことは、大切です。
でもそれは、頭で思い出して妄想したり、自信のもとにしたりするものではないと思うのです。
体が経験したことは体が覚えているので、それで十分で、
体を信頼すればよいだけなのだと思います。

経験は積むけれども、一瞬一瞬をはじめてのように生きることを、
大切にしたいと思っています。
立つことも、歩くことも、食べることも、太極拳をすることも。

余談ですが、2回目に目的地に到達した後、最後は離れたところにある空中ブランコを
ジャンプしてつかむ、というステップが待っていました。
目的地に到達できて意気揚揚としたわたしは「絶対つかめる!」と思ってしまったのです。
結果は...みごとに目の前からブランコが消えていきました。
スーッと、スローモーションのように、今でも映像が浮かんできます。
その様子は、まるでコントです(笑)。
また自信を持っちゃったりしてばかだなぁ、と、笑いながら思い出すことができるので、
無残に失敗するのも、良い経験ですね。


 


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM