今を生きる:カンフーパンダの言葉から

2016.01.19 Tuesday














映画「カンフーパンダ」の中で、とても好きなセリフがあります。パンダのポーの師匠、亀仙人の言葉です。

"You are too concerend with what was and what will be.
There is a saying:
Yesterday is a History, Tommorrow is a Mystery, but today is a Gift.
That's why it is called the PRESENT."

(お前は過去と未来を気にしすぎている。こんなことわざがある。昨日は歴史、明日はミステリー、でも今日はギフトなんだ。
だから今日は、プレゼント(英語のpresent)と言うんだよ。)

過去を振り返ると後悔ばかり、未来を思うと心配ばかりになりがちです。わたしにも、過去を振り返って後悔ばかりしていたこともあります。未来を心配しすぎて、新しい一歩を踏み出せないことも、たくさんあります。

でも、過去も未来もどうにもできません。何とかできるのは、今だけです。

今にいるために、役に立つのが体です。頭は過去や未来に行けますが、体は行けません。そして体の状態は、その瞬間で変わります。

先日、曹洞宗の僧侶の小杉瑞穂さんと一緒に、「心も体もゆるめる太極拳と坐禅」という企画を実施しました。坐禅のときに参加者の方から、「意識がどこかにいってしまうのは、どうすればよいですか?」という質問があったとき、小杉さんは「体に意識を持っていってみてください」というようなアドバイスをされていました。

 

まさにこれが、今を生きる、です。

お稽古でも同じです。

わたしの例ですが、過去の成果への自信を思うと、ほぼ確実に失敗します。「これだけやったからできるはず」とか、「以前できたから、できるはず」と、思ったところで、力んでしまうのかもしれません。

未来の結果を期待しすぎても、うまく行きません。「これをやったらこんな感覚がある」とか、「こんな効果がある」というのを知るのも良いですが、それを期待しすぎると、その成果は、ほぼ、絶対にやってきません。期待は横に置いて、とにかく今、それをするだけです。結果は、後からわかります。焦る必要はないのですよね。

先生から、「お稽古するときに、いつもはじめてやるような感覚で臨む」と教えていただいたことがあります。立つことも、歩くことも、太極拳も、生まれて初めてするように。そのときの感覚を感じていくだけです。

 

すごく丁寧にやろうとすると、どうやるのか、やり方がわからないこともあります。でも、そこから得られる感覚は、すごく新鮮です。

今を生きるとき、やりたいと思えることがあって、やれているなら、それで十分だと思うのです。

わたしと太極拳は、ずっとこんな感じで続いてきました。「やれるかどうかはやってみないとわからないけど、今はこれをやりたいな」、です。始めたばかりで何も知らなかった頃も、今も、同じです。

そもそも、今わかっていることは、ほんの一握りです。ほとんどのことが、わかっていません。知っていることなどないという方が、適切なように感じます。

どの瞬間の”今”も、これがやりたいと思えていれば、結果として見たら、それが向いている、ということなのかもしれません。それを才能と呼ぶことも、あるのかもしれませんよね。


(中国、武当山)



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM