つながる感覚:生徒さんの感想から

2016.01.18 Monday



(代々木公園)

昨年の11月から、代々木公園で「青空太極拳教室」を開催しています。

中国の武当山に行くと、お稽古はいつも外です。
それもあって自分の普段のお稽古も、ほとんど公園です。

自然を感じながら、みんなに開かれた場所である公園でのお稽古は、
ジョギング、お昼寝、サッカーなど、それぞれがそれぞれの遊びや活動をしていて、
近くを通る人たちとの小さな交流もあり、自由な雰囲気が好きです。

今の季節の代々木公園は、落ち葉でふかふかです。
ふかふかの感覚、カサカサという音も、今だからこそ、味わえます。
(今日はきっと、雪でふかふかです。)

昨日の「青空太極拳教室」は、歩く練習をたくさんやりました。

人は、”転びながら歩いている”と言われます。
つんのめりながら、転ぶ直前で前足をついている、ということです。

太極拳では、こういう歩き方はしません。動物と同じような歩き方をします。
前足を出して、かかとをつけて、つま先を下ろして、その場所が安全だと確認してから、
前足に体重を乗せます。一歩一歩、丁寧に歩きます。
(動物の場合、かかとをつけないので、つま先の内側→外側、で確認して体重を移動するそうです)。

足を上げるとき、体がひゅんっと上がらないように、
息を吐いたり、足裏に意識をもっていったり、丹田を意識したり、
いろいろなイメージも使いながら、丁寧に歩きます。

生徒さん一人ずつ、横についてポイントを伝えたり、一緒に歩いたりします。
クセや気を付けるポイントは、一人ひとり違うのです。

終わった後、生徒さんが感想を伝えてくださいました。
「一緒に歩いたとき、すごくつながっている感じがして気持ち良かった。
地面の深いところでつながっている感じ。ずっとこのまま一緒に歩いていたい、と思いました。」

「涙が出そうになった」とも。

わたしも、太極拳をしながら、よく泣いていました。
「本当のことに気が付いたとき、びっくりして泣くんだよ」と教えてもらったことがあります。
「だから、だんだん泣かなくなるよ。」

数年前に比べたら、確かに泣くことは少なくなりました。
そうしたら今度は、生徒さんが涙を浮かべる場面に出会うことがあるようになりました。

わたしが太極拳をするのは、そして武当太極拳をはじめて体験したときに「これ」と思ったのは、
今、思うと、自分のエゴを自然に手放しやすい道だからだと思うのです。
上手く言えないのですが、自分が透明なパイプのようになると、
大地からの力を素直にもらって立って、動くことができます。
大地と天の間を自分の体でつないで、エネルギーを循環させる感じです。

「太極拳をやっているときのように、普段を過ごせばそれでよいのに」と、言われたこともあります。

エゴがたくさんあるときは、自分と他人を別ものだと認識しています。
それがないときは、自分と他人の境界線がなくなってきます。
「つながる感覚。」
ひとりではないことがわかると、安心できるからか、幸せな気持ちになったりします。

その一瞬の体験は、ずっと体の中に残って、これから先につながると思うのです。

生徒さんは、みんな自分に必要なことを、自分から気づいていきます。
丁寧に自分の体と向き合って動いていくことで、いろんな発見があります。
それぞれのステージは違うので、同じことをやっても気づくことは違ったりします。
それが、また良いところだと思っています。

わたしにできることは、ガイドさん役のようなもので、
自分自身でも丁寧に生きることを日々、心がけることだけです。
その役目が、とっても好きです。

お稽古に来てくださる生徒さんには、それぞれいろいろな姿を見せてくださって、
それを共有してくださることに、いつも感謝です。
ありがとうございます。


 


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM