自分が喜ぶ太極拳:生徒さんの感想から

2016.01.15 Friday


先日、教室に参加してくださった友人が、
「わたしのからだが喜んでいる〜」と、うれしそうな顔で、感想を伝えてくれました。

仲の良い友人なのだけど、太極拳は「おじさんとおばさんがやるもの」だと興味なく、
「みんみん(わたしのことです)は、なんであんなにやるんだろう」と思っていたそうなのです。

(笑)。ストレートな感想です。

参加してくれたときには、環境が変わり、知っている限りのリラックスできるような方法は
すべて試したけど、まだ抜けなくて、肩の力を抜いてゆるっとしたかったそうなのです。

「みんみんの太極拳は、呼吸法からしっかり入り、身体の一つ一つに意識を向けて、丁寧に進んでいきます。
見よう見まねでやりながら、呼吸を繰り返し、身体やエネルギーを感じていたら、
ぐわっと涙が溢れそうになって。
自分自身に意識を向けて、丁寧に扱うことで、私自身が喜んだ、というか。」

と、後で感想を書いてくれました。

わたしも、じん、としました。
これは本当に大切なことだと思うのです。

自分の心と身体は、あることがあまりに普通すぎて、気づかずに存在を忘れてしまうこともあります。
外のことばかりに目を向けて、外で起きることや、他の人ばかり大切にしたり、などです。
忘れられていると、心と体が”不調”という形で必死に訴えかけてきたりします。
そこで気づけばよいのですが、それも無視してもっとひどくなることもあります。

昔は、わたしも仕事が忙しいと、よくじんましんを出していました。
当時は「肌が弱いから、ああ、また出ちゃった」程度の受け止め方で、
体が訴えてくる声に、あまり真剣に耳を傾けていなかったと思うのです。
それがもっとひどい症状で出たときに初めて、自分の体に真剣に謝ったのです。
「ごめんね。これからはわたしがあなた(わたし)を守るから。」

これはわたしの大きな転換期のひとつになりました。

今でも、自分と丁寧に向きあうことを忘れることもあります。
そのたびに、また道に戻る、を繰り返します。
戻るためには、どこに戻るのか、戻っていくところを知っていることも大切です。

「自分の体が喜んでいる」という感覚は、そのひとつだと思います。

呼吸や動きなど、戻りやすくする方法を知っていることも、助けになります。
そのプロセスを人と一緒に体験することも、助けになります。
「穏やかな時の流れの中、一人ひとりが美しく真剣に体を動かしていく雰囲気が
なんとも言えなく好き」とおっしゃってくださった生徒さんもいらっしゃいます。

教室を初めて、良かったなぁと、思います。

これからも、自分の心と体が喜ぶような、うれしくて落ち着くところに
戻れるような時間を作っていきたいです。
そこから、それぞれみんなの大切な何かが育っていくと思うのです。
あなたも、わたしも、みんな、ね。

 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM