太極図の意味、太極の心

2014.12.30 Tuesday












太極図。陰陽マーク、タオマークとも呼ばれます。
静止図ですが、実際はぐるぐる回って動いています。

黒が陰、白が陽。これは2匹の魚がお互いに追いかけっこしながら、
生き生きと運動していることを示しています。
白の中に黒の点があり、黒の中に白の点があることは、
陽の中にも陰があり、陰の中にも陽があることを示します。

陽の要素が大きくなってくると陰の要素が現れ、陽が強くなりすぎるのを抑えます。
逆も同じ。
こうやって、二つの異なる要素が動きながら、調和を保っています。

太極図は、二つの要素が一つの現象の中にあることを示す、とも言われます。
地球だったら、天と地。人間だったら、男女。健康だったら、心と体。
異なる要素は同じになることはありませんが、お互いに助け合います。
どちらかが強くなりすぎると、調和が保たれません。
太極拳をするときに、私は心の持ち方が大切だと話しますが、それはここからもきています。
調和が保たれていれば、キレイな〇ができます。これを”円満”と言います。

この太極、二つの極が生まれる前を、無極と言います。混沌、とも表現されます。
人間が生まれる前のときです。
精子と卵子という二つの要素がくっついて人間が生まれます。
命が芽生えると心臓は鼓動し、赤ちゃんは生まれると呼吸を始めます。
心臓の鼓動も、呼吸も、上下にゆるやかな曲線を描きます。
どちらに傾きすぎることなく、動き続けます。ちょうど、太極図のように生き生きと動き続けます。

同じことの繰り返しですが、そこには”発展”があります。
心臓が鼓動し続け、呼吸を繰り返して、人間は成長していくからです。
同じところにはとどまっていません。
細胞はかならず入れ替わるし、人間は、ほっておいても成長するようにできています。
上から見たら同じ動きでも、横からみたららせん状に上がっていっている、という表現もできます。

武当太極拳の背景にある道教で、3という数字を”発展”としているのは、ここからきていると思います。

太極拳でも、一番最初に行うのは、無極から2極にわける動作です。



まっすぐ立つ(無極)ところから、足を真横に開きます(2極)。
ここからすべてが始まります。この最初の部分、すごく大切だと言われています。
ここで失敗すると、残りが全部だめになると言われてきました。
大地に足の根っこをはり、天に向かって自然にすっと伸びるという立ち方をして、
穏やかなまぁるい心を持ちます。
私は、無極から2極にわけて、ここから始めていく、作っていくという意識を持っています。
単純な動きですが、とても大切で、とても美しい場面だと思います。

今年もいろいろな経験をしました。
陰も陽も、陰の中にも陽があり、陽の中にも陰があり。
悲しいことも、楽しいことも、どちらの価値も同じだと思うようになりました。
それを繰り返しながら、発展していきます。
これからも、太極の心を大切にしていこうと思います。

今年は、おかげさまで良い年でした。
のろまだったり、うまくいかないこと、できないこともまだまだありますが、それも良しとしようと思います。
私という存在と、私の周りの存在すべてに、感謝しています。

みなさまもどうぞ良いお年をお迎えください。


 


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM