ストレスとの付き合い方

2017.03.29 Wednesday

(境界線が曖昧な、海と空)

 

「ストレスに強くなる」とか、「ストレス耐性がある」という言葉を聞くことがあります。

 

でも最近、「そのことば、ちょっと待てよ?」と思うようになりました。

 

ストレスとは、外部からの刺激です。ということは、常に、絶対に、あります。ただしそれは、”自分”と”外部”という区分けをしていれば、です。

 

以前、プラネタリーという映画を観たときにも書いたのですが、”わたしは誰で、地球とどう関係しているのか”を、改めて考えてみるときだと思うのです。(詳しくは「PLANETARY」と「体と心が目覚める太極拳」)

 

わたしたちの”これまでの物語”は、人が地球の上に立ち、他の生物よりもランクが”上”だと位置づけ、資源を生成するスピードよりも早く、多く、消費してきました。地球と人、人と他の生物、人と人が分断される中で、”個"が育ちます。それは競争を生み出して、社会の経済的発展を支えてきた反面、”孤独”という問題も作ってきました。

 

マクロな視点から見れば、人は地球という進化し続ける惑星の一部で、変化し続けるシステムの一部です。人が主導権を握っているわけではなく、すべてはひとつにつながっています。いまは、そのつながり思い出すときだと思うのです。

 

陰陽太極図は、白(陽)の中に黒(陰)があり、黒の中に白があります。これを人の関係に当てはめてみると、「あなたの中にはわたしがいて、わたしの中にはあなたがいる」ことになります。「他人は自分の鏡」と言うとおり、他人を見て嫌だと思う部分は、自分の中の嫌な部分であることも多々あります。そして、遠く離れている仲のよい友人が同じ時期に同じようなことを考えていたり、最近自分が気になることに関する本が出版されたり、など、個を超えたつながりの片鱗を感じられることは、実際にいろいろあると思います。虫の知らせ、というのも、ありますよね。家族など近い関係だと、特にそうです。

 

(陰陽太極図。Photo by Xie Okajima

 

そう考えると、自分と他人の境界線も曖昧になってきませんか?つまり、これまで弾いていた”自分”と”外部”との境界線も、曖昧になってきます。

 

異質だと認識するからこそ、それに恐怖を感じて自分を守ろうとする結果が、ストレスを受けている状態なのだとしら、どうでしょうか?

 

これは、たとえば花粉症にも当てはまると思うのです。花粉を異質なもの、”外部”の”悪”と定めると、その”悪”から守るために自分を防御します。そして”悪”に戦いを挑むわけです。想像してみても、これは力が入りそうですよね。ストレスになりそうです。

 

でも「花粉は”悪”ではない」と思えたら、どうなるでしょうか?戦う必要はないですよね。確かにスギ花粉はバランスを崩すほどに増えすぎてしまったかもしれませんが、それでも地球という同じ船に乗っている仲間です。花粉だけ消えてくれ、というわけにはいきません。量については、長い目で見れば減らしていく(あるべき量に戻す)ことはできるのかもしれませんが、それもすぐにできることではありません。それなら、一緒に生きていくに、決まっているでしょう(と、わたしは思います)。

 

わたしは10年ほど自分を花粉症と認定していたのですが、それをやめて、花粉と一緒に生きていくことに”目覚め”ました。ここ数年は症状は軽いのですが、マスクだけは手放せませんでした。でも、「マスクをして防御したいものなど、ないのだ!」と、マスクをすることもやめました。ムズムズすることはありますが、それだけです。鼻水がでたら、かめばよいのです。それだけのことです。

 

この話をFacebookに投稿したら、わたしと同じように花粉症だと認定することをやめて、戦うことをやめて、症状が改善した、という方が何人もいらっしゃいました。

 

戦うのは、自分を守るためだと思います。でも、みんなが”つながり”に気づいたら、戦わなければならないことなど、本当はないのだと思います。

 

だからと言って、今の時代にいきなり家に鍵をかけなくても良い、という話にはなりませんが、自分が過剰防衛していないか、見直していくことは、やってみてもよいのではないでしょうか。

 

「ストレスに強くなる」と言っているだけでは、もっと強いストレスがやってきて、いつか押しつぶされるかもしれません。つぶされないためには永遠にストレスと戦い続けるしかありません。それよりは、ストレスだと感じなくなることを選ぶほうが、ずっと楽そうです。「ストレスだと感じなくなることが、ストレスに強くなるということだよ」と、おっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、”ことだま”というように、言葉の使い方は大切です。「強くなる」という言葉は、争って負けないことを連想しませんか?

 

さて、ストレスと戦い続けますか?それともつながりを思い出しますか?もしこれまで戦ってきたなら、そしてそれでもストレスを感じているならば、今度は違うやり方を試してみてもよいのではないでしょうか。

 

今日は花粉の量も多かったようですが、とりあえずは順調です。最初は体も恐る恐るかもしれませんが、大丈夫、みんな運命共同体だからね、と、自分に声をかけてみています。どうなっていくのか、楽しみです。

 

 


(Photo by Xie Okajima)

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


心の自由が、体を解放する

2016.04.15 Friday



わたしは時々、踊りをされている先生にボディワークを習っています。
お稽古の最初は、たいてい「歩くこと」です。

ある日、いつものように「まっすぐ丁寧に歩く」練習からはじめました。
できるだけ筋肉を使わないように、体に緊張が走らないように、
ぐらついても良いのだと思いながら、丁寧に歩いてみます。
しばらくして先生が「この先は自由に歩いて良いですよ」とおっしゃいました。
その途端、わたしの体がふわっと楽になりました。

そのときに、「まっすぐ歩かねばならないという規制を課していたのは、
自分の心だ」と思ったのです。
まっすぐ歩くことについて、勝手に自分で持っていた思い込みが、外れました。

「まっすぐ歩くという条件の中で、どれだけ自分が自由になれるかやってみよう」
と、そのまま続けて同じように歩く練習を続けてみたところ、
ずっとずっと、楽に歩けるようになりました。
心の自由は、体を解放させてくれます。


太極拳は、自分の体と対話していく道でもあります。
わたしのクラスでも、最初のストレッチからじっくり体の声を聞くことを
促しています。

体の声を聞くとは、その感覚を感じられるようになることでもあります。
ここが緊張している、つらい、などなどに気づいたら、
どうすればもっと楽になるのかを探っていきます。

体からのアプローチは、たくさんのことを教えてくれます。
でも、それだけでは足りないと思っています。
心からのアプローチも大切です。

冒頭にあげたわたしの”まっすぐに歩く”ことへの思い込みのように、
気づかないところで、人はたくさんの”こうしなければならない”
ルールを自分に課しています。それは自分の心が決めていると思うのです。

赤ちゃんとして生まれたとき、人には”こうしなければならない”と心で決めている
ことなどないのだと思います。お腹がすいたら泣いておっぱいが欲しいと伝え、
おむつが気持ち悪くなったら気持ち悪いのと泣いて、と、本能のままに生きています。

成長するにつれ、社会の中、集団生活の中で生きるすべを身に着けていくのだと
思いますが、その中には、自分で勝手に”こうでなければならない”と決めているものも
多くあるような気がします。

あまりに馴染みすぎていて、自分でも気づかないものも多くあると思うのです。

わたしにも何度も、こんな風に”自分の心が勝手に規制している枠を外す”という
機会が訪れました。

外れるきっかけは、いろいろです。
結果としては、体が楽になることで「外れた」とわかるのですが、
そもそも”持っている”ことを認識していない場合が多いため、やっかいです。

それでも危険信号のサインは体を通してやってくる、と感じています。
痛み、違和感などです。それは体の物質的な痛みや違和感もありますし、
感情などの心の痛みや違和感の場合もあります。
人間関係で嫌なことが起きる場合も、そうです。
「うん?」というサインをどれだけ見逃さずにとらえられるか、です。
それには、落ち着いた心で冷静に自分を観察することも必要です。

そして、自分の今までの見方がすべてではなく、間違いもあること、
そして実際にはほとんどのことをまだ知らないのだと知っていることも、
大切だと思っています。

さらにわたしは、もっと楽に、自由になりたいと、願っています。

太極拳をはじめてから、わたしの体と心は、前よりもずっと自由で楽になりました。
でも、きっとまだまだ、もっともっと自由になれると思うのです。

いらない心の思い込みという足かせを、ひとつずつ外していったら、
生まれたときのような、本能だけのわたしに近づいていくような気がします。
大人の体で、社会の中で、集団の中にいても、とっても自由でいられることは、
可能だと思っています。

これまでも、これからも、”体と心が目覚める太極拳”です。

それにしても、生まれてから自分でいろいろしょいこんで、つらくなって
他人や環境のせいにしてみて、どん詰まりになり、いやそれは違うでしょ、と、
今度は自分でしょいこんだ荷物をひとつずつおろしていって、と、
なんとも面倒なことを、人はするものですね(わたしのことです)。

 

「病は気から」。心のあり方

2015.01.24 Saturday



「病は気から」と言います。

実は、病気の7〜8割はウィルス性ではなく、心身によるものだと言われています。
運動は体力向上に役立ちますし、必要な筋力があることも大事ですが、
心のあり方も、健康を保つためには大切です。

2000年以上前に中国で誕生した最古の医学書と言われている「黄帝内経(こうていだいけい)」は、
「昔の人は、100歳を超えても衰えなかった」という書き出しで始まります。
先人の智慧がつまったこの書には、七情(7つの感情)が穏やかであることが大事だと書かれています。

七情とは、怒る、喜ぶ、思う(=悩む+悲しむ)、悲しむ、驚く、恐い、憂う(=悲しむ+思う)のことです。
.................................................................................................................
<怒則気上> 怒ると気が上がる。肝臓にさわる

<喜則気緩> 喜ぶと気が緩む。心臓にさわる。失神、不眠などを引き起こす

<思則気結> 思う(失恋とか仕事の悩み)と気が固まる。胃にさわり、胃潰瘍などを起こす

<悲則気消>   悲しいと気が消える。肺にさわる。疲れやすかったり、声がかすれる

<恐則気下> 恐いと気が下がる。腎臓にさわる。失禁などを引き起こす

<驚則気乱> 驚くと気が乱れる。不眠、精神の錯乱などにつながる
.................................................................................................................

感情があるのは当然のことですが、問題は、これらの感情が突然、激しく、長期に持続した場合、
その刺激は人間が受け入れられる範囲を超えてストレスになっていくそうです。
ストレスが許容範囲を超えると、病気につながることもあると言われています。

わたし自身は、感情は大切にしたいと思うのです。
自分がうれしいのか、悲しいのかを正直に感じて、
それらをだめとするのではなく、自覚して受け止めたいのです。

たとえば怒っている場合です。
その奥には、自分が大切にしたいものが隠れている場合があります。
怒りに震えるのは一瞬にして(これをしないのが理想なのかもしれませんが)、
大切にしたものは何か、見にいってみます。
それが見つかると、怒りの感情に取り込まれてしまう事態から脱却できたりします。
怒りが長く続くと後でぐったり疲れるので、「もうこんなことはやめよう。
自分が疲労するから」と決心!?することもあります。

太極拳をやっていても、よく「心が穏やかで落ち着いていることが大切」と言うのは、
こんな理由もあるのです。

いつもまぁるい穏やかな心で、大地に根をしっかり張って「自分を生きる」ことを大切にしようと思います。
そんな人が近くにいたら、寄っていきたくなりませんか?

まずは自分のために、穏やかになることを大切にしようと思います。
そして穏やかな人は、周りも穏やかにするような気がします。
穏やかな人が1人いると10万人が救われる、という話を聞いたことがありますが、
なんとなくそうだろうな、という気がします。
ひとりの力で、世界はもっとずっと平和になる、かもしれません。
わたしはそうだと、信じています。




☆☆☆ 1−3月 シェア奥沢(自由が丘)での講座ご案内 ☆☆☆

↓↓↓ こちらからご覧ください。
http://blog.minminkung-fu.com/?eid=12
 

1

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM