身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れにいく太極拳〜

2017.08.09 Wednesday

 

逗子・葉山でスタートした、5回シリーズ「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れにいく太極拳〜」。

 

8月6日、良く晴れた日曜日の午後、海の見える会場で、第1回を開催しました。

 

太極拳でまず扱うのは、体です。でも、体と心はつながっていて、体から心の状態を知り、心を解放することで体が解放されていくこともあります。

 

それだけでも、すごいことです。

 

なぜなら、知ってるようで知らないのが、自分のことです。体と心も、自分が思っているよりもはるかにバラバラです。

 

太極拳のお稽古でも見かけるのですが、足裏ストレッチをしているとき、なぜか右手小指が上がっていたり、どこか別のところが動いている人がいるのです。本人は、それに気づいていません。

 

体は心の、心は体の求めるところを知らず、それぞれが好きなように、または習慣に従って無意識に動いているからです。

 

伝統的に受け継がれてきた太極拳は、元気で幸せに生きる”生き方”を教えてくれる、先人の智慧です。健康を促し、自分を守り、他人を守り、つまりはすべてを守ってくれます。現代の人は、ほとんど知られていない”太極拳のひみつ”を学び、なぞっていくことで、無意識に動いてしまっている体と心を意識できるようになります。まず体を感じ、心を感じ、心身のつながりを取り戻します。自分がつながると、人や自然ともつながれるようになります。

 

これは、すごいことです。でもそれだけではないことを、経験を通して感じてきました。

 

その先には、自分の本当の願いが現れます。「わたしが本当したいこと」に触れ、直感で動いて流に乗れるようになります。それでも人生には困ったことは起きますが、自分を見失うことなく、常に自分を信頼して、人生の舵をとれるようになります。楽々と、おおらかに、大海原を楽しみながら進んでいけるようになります。

 

そして、ほんとうは、守るものなどないのだ、ということにも気づきます。わたしは誰も傷つけないし、誰もわたしを傷つけないのですから。

 

このコースは、講義と実習の2部構成です。講義の部分は「みんなが知らない太極拳のひみつ」として、陰陽五行や体と心の関係、健康促進や老化防止の秘訣、太極拳から学べる日常生活への活かし方などなどをお話します。そして講義で学んだことを実際に体を動かしながら体験したり、応用として太極拳をお稽古したり、中国古来の養生法なども体験していただきます。

 

太極拳のレッスンというと、「ひたすら先生の動きを真似するだけ」という声もよく聞きます。それも、ひとつの練習のやり方です。でも、外からは見えない体の内側の動きがあったり、意識を持つことで体の動きが格段に変わったりすることはあるのです。わたしが習ってきた先生たちは、「話すこと、理解することが大事。なぜなら外からは見えないから」とおっしゃって、たくさん、たくさん話してくださったのです。

 

このクラスでは、先生方から教えていただいたことに加え、そこからわたしが深めていった説明を、たくさん入れています。開催前、みなさんの頭がパンパンにならないように、記憶に残りやすいように、どう進めようかを考えていたとき、「そうだ!紙芝居を作ろう!」と思い立ち、急遽作成して、お見せしながら進めました。こんな準備も、楽しかったです。第2回目以降も、いろんな工夫をしていきたいと思っています。

 

太極拳を含めた中国武術、カンフー(功夫)の、もともとの意味は、時間をかけて熟達していくこと、匠のような意味があります。5回シリーズを受講しただけでは、”時間をかけて”という部分はとても足りませんが、入口に立って、その世界に触れて、先の可能性を感じていただには十分だと思っています。知られていない太極拳の奥深さを、この機会に、たくさんの方に知ってほしいと願っています。

 

第1回目は、「天地とつながる立ち方」と題して、”立つ”を、じっくり時間をかけて、いろいろな角度から考えてみたり、感じて体験していただきました。

 

(体を動かし、感じて体験する時間)

 

参加者のみなさまにいただいた感想から、抜粋してご紹介します。

 

・海の見える最高のロケーションでゆったり過ごす時間の大切さを改めて感じました。沢山の気づきがありました。

 

・毎日つい膝に力が入った状態で過ごしていますが、重力の関係や地に足をつけてといったようなことが、体ではこのように体感できるのだと、なんかわかった気持ちで、とてもありがたく、生きていることに感謝しました。

 

・体も頭もすっきりして良かったです。私たちが立つことができるのは地球があるからだということに、すごく感動しました。当たり前のことは、なかなか気づかないものだなあ、というのと、気づいた時の感動と感謝ってすごい勢いで湧いてくるものだなと思いました。

 

・リラックスして居心地よく参加できました。自分を見つめるという課題に対して意識が持てたように感じたので、これを今後も考えていきたいと思います。

 

ご参加いただいたみなさま、そして、主催の吉川美有紀さん(株式会社LIBERA seeds代表)、ありがとうございました。

 

次回は10月、そこから毎月開催します。それぞれのテーマは、

 

第2回:太極と陰陽 (10月22日(日)14−17時)

 

第3回 自然に学ぶ (11月19日(日)14−17時)

 

第4回 陰陽五行にみる身体とこころのつながり(12月17日(日)14−17時)

 

第5回 争いをとめる太極拳(1月21日(日)14−17時)

 

おひとり1回5,000円、単発参加も可能です。お申込みページが出来たところで、こちらにもリンクをはります。

 

いずれも、逗子・葉山の海の見える会場での開催です。上記は、bouquet(ブーケ)という女性限定プログラムの一環として実施しますが、このテーマは男女共通で大切です。個別に開催することもできますので、ご希望の方はお問い合わせください。

 

太極拳の智慧を知ることで、体と心が目覚め、本当の思いと共に生きていく人が、増えていきますように。

 

第2回目の開催も、楽しみで、待ち遠しいです。 

 

(会場からの眺め)

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


葉山で講座を開く理由

2017.07.31 Monday

(今年の葉山の花火大会)

 

今年5月、葉山でスタートしたbouquet(ブーケ)で、8月6日午後に新しい太極拳のプログラムを始めます。

身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜:Facebookイベントページはこちらから。)

 

bouquetは、こころ、お金、身体、暮し、美の5つのジャンルから、女性の人生をトータルに応援していくプロジェクトです。立ち上げた吉川美有紀さん(リベラ)(株式会社LIBERA seeds代表)は、葉山で開催することに、とってもこだわっています。

 

「こんな人に来てほしい、というのを考えると、『東京でやった方が人が集まりやすいのでは?』と言われるのだけれども、それは違うの。葉山でやりたいの」と言うのです。ご自身も都会から葉山に移り住んだ経験があるからこその、言葉だと思います。

 

わたし自身は東京に住んでいますが、この「葉山でやりたいの」という思いには、最初からとっても共感したのです。場所は違いますが、わたしは毎年中国の山にお稽古に行くため、”自然の中に身を置くことで、わかることがある”とういことを、体感として知っているためかもしれません。ただ、では”なぜ葉山なのか”は、最初はカンでしかなく、言葉として説明できるまでではありませんでした。

 

bouquetに参加するようになり、少しずつ、”なぜ葉山なのか”が、言葉にできるようになってきました。

 

7月26日は、葉山の花火大会でした。逗子・葉山に住む友人に誘われて、はじめてお出かけしてみました。

 

花火はもちろん、すばらしくキレイでした。でもこの時間を豊かにしてくれたのは、それだけではないのです。

 

歓声をあげたり、「たーまやー」「かーぎやー」と、掛け合いまでしちゃう子供たちの声、

 

ぎゅうぎゅうづめで、道も混み混みなのに、ゆったりほがらかなバスの運転手さん、

 

道を聞けば丁寧に教えてくれる親切なおまわりさんたち、

 

頼もしい地元の消防団員さんたち。途中で子供を抱っこして花火を見せてあげている人もいたとか。

 

花火を見ながらワカメ取ってきちゃう人(笑)、

 

午後2時から場所取りをしてくれた友人、そして近所だからと、ごみを引き取ってくれた人、

 

いろんな人が、みんなニコニコなのです。

 

混んでいて、イライラする人が出てきてもおかしくない状況ですが、それを支えている人たちが、ほがらかにニコニコしていてくれたこともあってか、とてもアットホームで和やかなのです。

 

ここに、一緒にいることが、とっても楽しいのです。ここにいると、心も体も、ほっこりほぐれます。

(奥の赤いのは森戸海岸の打ちあげ花火。手前は一色海岸での水中花火)

 

葉山でプログラムを開催したい理由は、ここにあるような気がします。わたしが目指す「陽だまり」が、ここにはある気がするのです。

 

何かを開催するとき、判を押すように誰がどこでやっても同じようにできるものも、時と場合によっては必要ですが、そうではないこともあります。bouquetのように、一人ひとりが栄養をいっぱいに取り込んで、時期が来たら自分なりの花を咲かせよう、というような場合には、プログラムは生き物で、”何をやるか”だけではなく、”どこで”、”誰と”、”誰が”やるかも、大切だと思っています。

 

わざわざ時間をかけてここまでやっている意味も、時にはあるのだと思います。肌や細胞が吸収するもの、感じる感覚は、言葉でできる表現を超えています。

 

効率的には見えないことにこそ、ゆとりがあり、その何もないように見える空間には、本当はたくさんのものが詰まっていることを感じてくれる人が増えてほしいな、と思います。

 

8月6日午後のご案内は、こちらからどうぞ↓↓↓

..............................................................................

 

身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜

知っているようで、意外と知らない自分。体と心も、自分 が思っているより、はるかにバラバラです。

太極拳のお稽古中によくあるのですが、足裏のストレッチ をしているとき、なぜか右手小指も上がっていたりするに ですが、本人はそれに気づいていません。自分で意図して いないカラダの動きが出現しています。

体は心の、心は体の求めるところを知らず、それぞれが好 きなように、または習慣に従って、無意識に動いているか らです。

伝統的に受け継がれてきた太極拳は、元気で幸せに生きる “生き方”を教えてくれる、先人の智慧です。健康を促し 、自分を守り、他人を守り、つまりはすべてを守ってくれ ます。現代の人は、ほとんど知られていない“太極拳のひ みつ”を学び、なぞっていくことで、無意識に動いている 体と心を意識できるようになります。まず自分の体を感じ 、心を感じ、心身のつながりを取り戻していきます。自分 がつながると、人や自然ともつながれるようになります。

その先には、自分の本当の思いが現れます。「わたしが本 当にしたいこと」に触れ、直観で動いて流れに乗れるよう になります。それでも人生には困ったことは起きますが、 自分を見失うことなく、常に信頼して人生の舵を取れるよ うになります。楽々、おおらかに、大海原を進んでいける ようになります。

このコースは、講義と実習の2部構成です。前半は「みん なが知らない太極拳のひみつ」と題して、陰陽五行や体と 心の関係、健康促進や老化防止の秘訣、太極拳から学べる 日常生活への活かし方など、お話しします。後半は、実際 に体を動かして前半で学んだことを実践し、応用として太 極拳もお稽古していきます。実習編では、中国の道教の聖 地である武当山(湖北省)に伝わる武当太極拳をはじめ、 基本功(太極拳の基本となるようなワーク)、呼吸法、な どを体験していきます。

5回シリーズですが、単発でもご参加いただけます


第1回:みんなが知らない太極拳のひみつ1:天地とつながる立ち方

二足歩行で失ったもの、得たものは何でしょうか?その特 徴を活かして楽に立てれば、体も人生も変わります。ポイ ントは、自分軸です。自分軸がある立ち方は、周囲に振り 回されない心と体を育てます。
(実習: 緩んでしっかり楽に立つ、 太極拳)

 

日時:8月6日(日)14:00〜16:30 ※13:30 逗子駅集合。車で送迎します


場所:逗子 LIBERA SALON または葉山 海の目の前の室内スペース  ※参加人数によって調整致します。

服装:動きやすい服装(ストレッチの効いたパンツ、Tシャツ、くつした、など)

参加費:5,000円 ※当日、お支払いください。

申込:正式なお申込みはこちらからお願いします。(注:女性限定プログラムです)
http://www.kokuchpro.com/ event/ f7001af967ab4bf5717fc790f3c d418a/

 

なお2回目以降は、次のとおり予定しています(日程は未定です)。
第2回: 太極と陰陽
第3回: 自然に学ぶ
第4回: 感覚を育てる
第5回: 争いを止める太極拳

 

Facebookイベントページは、こちらからご覧いただけます。

 

ブーケ プレオープンイベント中のプログラム「葉山の海辺でこどもに還って遊ぼう!」の開催報告は、こちらから。

 

ブーケは、2017年7〜9月、☀わたしのための夏時間☀を開催中しています。

 

8/5(土)わたしに出会うボイス×ヨガ
http://www.kokuchpro.com/…/d8693350c3ac6534cea7899c0f7cb9c2/

8/6(日)本当の思いに触れに行く太極拳
http://www.kokuchpro.com/…/f7001af967ab4bf5717fc790f3cd418a/

8/19(土)つながりを深めるこころの相続 お金の相続
http://www.kokuchpro.com/…/9539e64ae920fa857642e3d3ecc8…/The

8/26(土)わたしがもっと輝き出す〜ファッションコーディネートレッスン
http://www.kokuchpro.com/event/bouquet826/

9/9(土)わたしに出会う曼荼羅アート
http://www.kokuchpro.com/event/bouquet0909/

 

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


つながりから生まれるもの: Bouquetで新プログラムを始めます

2017.07.19 Wednesday

(葉山、一色海岸にて)

 

葉山のbouquet(ブーケ)で、新しいプログラムを始めます。

 

ブーケを立ち上げたのは、株式会社LIBERA seeds代表の吉川美有紀さん(リベラ)です。花の種は、お日様を浴び、水分を吸収してぐんぐん成長し、準備ができたら自分の花を咲かせます。人も、そんな自然の力を備えています。葉山という自然あふれる地で、太陽と海と木々の恵みを存分に受け取って、自分の花を咲かせていく人がたくさん増えていってほしいという願いが、現実にカタチになりました。

 

リベラに会ったのは、今年の3月です。共通の友人からの紹介で、葉山のレストランで「はじめまして」のご挨拶から、少しずつお互いの話をしていったところ......なんと!同じ時期に同じ外資系生命保険会社にいたことが判明!!!リベラは営業、わたしは商品開発で、女性の営業社員はめずらしかったため、お名前はうっすら覚えていました。

 

ブーケの事業は、女性の人生を、さまざまな分野(お金、美、暮らし、こころ、身体)のプロフェッショナルな女性たちがつながって応援するものです。たとえば、ファイナンシャルプランナーでライフコーチでもあるリベラの得意分野は、お金×こころ。わたしは、こころ×身体を担当します。

 

そんな出会いから、わたしも5月のプレオープンイベントを一緒に創ることになりました。立ち上げ期で、はじめてのことばかりのため、試行錯誤です。いつの間にか、「やりたい」が「やらねばならない」になっていた時期もありました。

 

ちょうどその頃、リベラがわたしの太極拳と坐禅とのコラボイベントに参加してくれたのです。実は、終了後にこれからのブーケをどうしていくかを話す予定だったのですが、リベラは「今、受けて感じたことを、このまま自分の中で考えてから、話したい。今日はキャンセルして」と言ってきたのです。

 

表面的にはドタキャン(笑)ですが、実はこれがリベラのとっても良いところなのです。ピンときたら、そこで柔軟に軌道修正できることです。もちろんわたしは大歓迎でした。力みすぎていたことを手放して、本来の「やりたい」に戻ろう、本当の願いに戻ろうとした時期だったと思います。

 

そしてそのときにリベラが感じてくれたことが、今回の新プログラムにつながります。

 

結果的にとても豊かで幸せな場となったプレオープンイベントを終了した後、リベラがわたしに提案してくれたのです。「お話がとってもよかったから、半分は座学、半分はそれを実践するような身体を動かすものができないかな」と。

 

びっくりしました。実は、わたしが一番最初に考えて実施したクラスが、ちょうどそんな感じだったのです。2013年の秋、友人が主催する会で、「なんでも好きなことをやっていいよ」とありがたい機会をいただいたとき、「それなら一番やってみたいことをやろう」と考えたのが、中医学からのお話などと、実習を組み合わせたオリジナルのプログラムでした。

 

太極拳というのは、実はとても知的なプロセスだと思っています。表面に見えるものだけではなく、背景にある人生哲学や、身体内部の働きなども大きく関係しています。”外から見えないもの”を理解して動くと、結果は大きく変わってきます。その過程で、自分の意識や感覚も、目覚めていくのです。身体だけではなく、心も目覚めていきます。

 

リベラが体験して、感じて、それを声に出して伝えてくれたことで、わたしの原点でもあるプログラムを、新しく作ることにつながりました。詳しいご案内と、お申込みは、下記をご覧ください。

 

.................................................................

 

身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜

知っているようで、意外と知らない自分。体と心も、自分が思っているより、はるかにバラバラです。

太極拳のお稽古中によくあるのですが、足裏のストレッチをしているとき、なぜか右手小指も上がっていたりするにですが、本人はそれに気づいていません。自分で意図していないカラダの動きが出現しています。

体は心の、心は体の求めるところを知らず、それぞれが好きなように、または習慣に従って、無意識に動いているからです。

伝統的に受け継がれてきた太極拳は、元気で幸せに生きる“生き方”を教えてくれる、先人の智慧です。健康を促し、自分を守り、他人を守り、つまりはすべてを守ってくれます。現代の人は、ほとんど知られていない“太極拳のひみつ”を学び、なぞっていくことで、無意識に動いている体と心を意識できるようになります。まず自分の体を感じ、心を感じ、心身のつながりを取り戻していきます。自分がつながると、人や自然ともつながれるようになります。

その先には、自分の本当の思いが現れます。「わたしが本当にしたいこと」に触れ、直観で動いて流れに乗れるようになります。それでも人生には困ったことは起きますが、自分を見失うことなく、常に信頼して人生の舵を取れるようになります。楽々、おおらかに、大海原を進んでいけるようになります。

このコースは、講義と実習の2部構成です。前半は「みんなが知らない太極拳のひみつ」と題して、陰陽五行や体と心の関係、健康促進や老化防止の秘訣、太極拳から学べる日常生活への活かし方など、お話しします。後半は、実際に体を動かして前半で学んだことを実践し、応用として太極拳もお稽古していきます。実習編では、中国の道教の聖地である武当山(湖北省)に伝わる武当太極拳をはじめ、基本功(太極拳の基本となるようなワーク)、呼吸法、などを体験していきます。

5回シリーズですが、単発でもご参加いただけます


第1回:みんなが知らない太極拳のひみつ1:天地とつながる立ち方

二足歩行で失ったもの、得たものは何でしょうか?その特徴を活かして楽に立てれば、体も人生も変わります。ポイントは、自分軸です。自分軸がある立ち方は、周囲に振り回されない心と体を育てます。
(実習: 緩んでしっかり楽に立つ、 太極拳)

 

日時:8月6日(日)14:00〜16:30 ※13:30 逗子駅集合。車で送迎します


場所:逗子 LIBERA SALON または葉山 海の目の前の室内スペース  ※参加人数によって調整致します。

服装:動きやすい服装(ストレッチの効いたパンツ、Tシャツ、くつした、など)

参加費:5,000円 ※当日、お支払いください。

申込:正式なお申込みはこちらからお願いします。(注:女性限定プログラムです)
    http://www.kokuchpro.com/event/f7001af967ab4bf5717fc790f3cd418a/

 

なお2回目以降は、次のとおり予定しています(日程は未定です)。
第2回: 太極と陰陽
第3回: 自然に学ぶ
第4回: 感覚を育てる
第5回: 争いを止める太極拳

 

Facebookイベントページは、こちらからご覧いただけます。

.................................................................

 

ブーケでのプログラム開催が楽しみなのはもちろん、受けてくださった方がこれをきっかけに何かを見つけてくださることが楽しみなのも、もちろんです。そしてさらに、これが友人と一緒に創っていく過程から生まれてきたことも、とっても嬉しいのです。

 

人はひとりでは生きていませんね。たくさんの方に助けられています。本当に感謝ですし、それをとても幸せに感じます。

 

ありがとうございます。

 

ブーケ プレオープンイベント中のプログラム「葉山の海辺でこどもに還って遊ぼう!」の開催報告は、こちらから。

 

ブーケは、2017年7〜9月初旬、☀わたしのための夏時間☀を開催中しています。

 

7/22(土)わたしに出会う曼荼羅アート
http://www.kokuchpro.com/…/36508b33e961016cde746684fe50ea68/

8/5(土)わたしに出会うボイス×ヨガ
http://www.kokuchpro.com/…/d8693350c3ac6534cea7899c0f7cb9c2/

8/6(日)本当の思いに触れに行く太極拳
http://www.kokuchpro.com/…/f7001af967ab4bf5717fc790f3cd418a/

8/19(土)つながりを深めるこころの相続 お金の相続
http://www.kokuchpro.com/…/9539e64ae920fa857642e3d3ecc8…/The

8/26(土)わたしがもっと輝き出す〜ファッションコーディネートレッスン
http://www.kokuchpro.com/event/bouquet826/

9/9(土)わたしに出会う曼荼羅アート
http://www.kokuchpro.com/event/bouquet0909/

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


映画「プラネタリー」の上映会を開催します(6月17日)

2017.05.17 Wednesday

 

「プラネタリー(Planetary)という映画があります。初めて観たとき、ここにはわたしが忘れたくないこと、自分の中心に持っていたいことが、たくさんつまっていると、感じました。

 

だから、たくさんの方に観ていただきたいと思い、6月17日に上映会を開催します。日本語字幕製作チームの塚田康盛さんをお迎えし、上映後には、映画で感じたことを深めていく対話のお時間も用意しています。

 

映画は、1968年、アポロ8号に乗って月に向かった宇宙飛行士たちが、初めて地球を目にしたところから始まります。青く美しく丸い星はもちろん、宇宙飛行士たちと、地球から見守るたくさんの人々の表情も、とても印象的です。

 

毎日の生活の中での自分の視点をミクロとすると、青い地球を見ているのはマクロの視点です。それは、普段の生活では忘れがちなことを思い出させてくれます。

 

生態系は、毎日100〜300の種が絶滅しています。種の絶滅は、生態系のバランスを崩していきます。この先の子孫の世代が、今と同じように地球に住めかどうかは、わかりません。

 

映画では、危機に瀕しているのは生態系だけではなく、人々の”物語”も危機に瀕している、と言っています。

 

わたしは誰で、地球と、どう関係しているのか。

 

人は地球の”上”に立ち、他の生物の”上”に位置づけてきました。人を中心にして、資源を生成できるスピードよりも早く、多く、消費しているのも、そのひとつの現れでしょう。それは地球と人、他の生物と人、人と人が分断されている感覚につながり、”個”を育て、競争を生みます。これは社会の経済的発展を支えてきたものでもありますが、同時に”孤独”も育ててきました。現代の都会に暮らす人の大きな問題は、分断されていること、孤独であることです。

 

でもマクロの視点から見ると、人は地球という進化し続ける惑星の、変化し続けるシステムの一部で、その流れにくみこまれています。人が主導権を握っているわけではありません。すべてはひとつにつながっています。その”つながり”を思い出すことが、危機に瀕している今の方向性を変えていく鍵になるのだと思うのです。今までの物語は幻想なのだと知り、その夢から覚めていくときです。

 

地球規模のさまざまな困難や危機的状況を知れば知るほど、あまりのスケールに、自分ひとりの行動では変わらないだろうと思ってしまうかもしれません。

 

でも、ベルリンの壁の崩壊や、アパルトヘイトの解放など、過去には想像を超えた現実がいくつも起きています。はじまりはひとりかもしれませんが、同じように行動する人が増えたときには、一気に動きだします。ちょうど、コップに一滴ずつ水がたまっていくときのように、です。少しずつしかたまっていきませんが、あふれるときは一気に、遠くまで流れ出します。

 

この映画は、”ひとり”がひとりではないことを思い出し、”つながり”を取り戻す、ひとつのきっかけになると思っています。

 

映画を観た後にお話をする時間も、きっと味わい深い時間になると思います。まだ観ていない方はぜひ、すでにご覧になった方もぜひ、どうぞ。みなさまのお越しをお待ちしています。



プラネタリー予告編:https://youtu.be/ MVphbThqQcg...
プラネタリーWEBサイト:https:// planetary.localinfo.jp/

 



☆日時:2017年6月17日(土)18:30〜21:30 (15分前開場)

☆場所:森のスタジオ(溝の口、フィオーレの森)
神奈川県川崎市高津区久本1-16-30 メゾン・ド・リラ2F  MAP

☆内容:

 ・ご挨拶
・「プラネタリー」上映会(80分)
・対話のお時間(60分)

☆参加費:無料
※当映画の日本語版の普及のための寄附をお願いしており ます。上映後に寄付を頂けますと有り難いです。

☆参加申し込み: Facebookイベントページの参加ボタンを押すか、こちらから「プラネタリー上映会参加希望」とお書きいただき、ご連絡ください。

 

☆定員:35名さま

☆ご案内する人:
塚田 康盛 さん
NPO法人セブン・ジェネレーションズ前代表理事
1951年兵庫県西宮市生 2006年家業の経営から隠 退。
2009年より、持続可能で公正な社会を築く活動を開始
2011年3月、NPO法人セブン・ジェネレーションズ を仲間と共に設立。
2014年まで代表理事 現在も同法人の運営に携わる。
2016年「プラネタリー」の日本語字幕版を同映画の制 作者の許可を得て制作、上映会を日本各地で開催中

NPO法人セブン・ジェネレーションズWEBサイト:http:// www.sevengenerations.or.jp/

 


☆主催:
いしい まゆみ

 

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


「葉山の海辺でこどもに還って遊ぼう!」開催しました(bouquetプレオープンイベント)

2017.05.10 Wednesday

 

5月5日のこどもの日、よく晴れた中、葉山に新しく誕生するbouquet(ブーケ)のプレオープンイベント「自分に還り、自分を生きる葉山の休日」が開催されました。

 

ブーケを立ち上げるのは、株式会社LIBERA seeds代表の吉川美有紀さんです。花の種は、お日様を浴び、水分を吸収してぐんぐん成長し、準備ができたら自分の花を咲かせます。人も、そんな自然の力を備えています。葉山という自然あふれる地で、太陽と海と木々の恵みを存分に受け取って、自分の花を咲かせていく人がたくさん増えていってほしいという願いを、カタチにしようとしています。

 

イベントは5日、6日の2日間で、わたしが担当した「海辺でこどもに還って遊ぼう!」のほかにも、”自分に還る”をテーマに、トークショーや対話会、ヨガの時間などがありました。これからブーケが作っていきたい"場”を、ゆったりじっくり体感していただくような時間になったと思います。

 

この日のために、どんなことをする?という相談を受けたとき、思い浮かんだのは、「思いっきり、こどものように遊ぶ!」でした。こどもの頃は誰でもやっていたはずの、大きな声を出したて走り回ることも、大人になると、なかなか機会がないかもしれません。でも、この日はこどもの日、思う存分、遊びます!

 

最初は体と心をほぐす時間です。ガイコツ体操(別名、ぶらぶら体操)で手足をほぐし、全身軽く動かしてから、”あずきバック投げ”です。あずきが入った布バックを投げて、キャッチしてもらうのですが、このとき「バシッ!」という音が出ないように、柔かくキャッチします。「あずきバックとケンカしないように、優しく受け取ってね。」投げるときも、腕をぐるぐると回したりして、力を入れずにぽーんと投げます。

 

みなさん、すぐに慣れて、投げるのも受け取るのも、とっても上手。人がいないところに投げて「ごめんなさい」と、大人な発言をされる方もいらっしゃいましたが、いえいえ、いいのですよ。遊びですから。

 

体が温まったところで、次は中国式の鬼ごっこです。なかなか手ごわかったのは、ルール説明です。言葉で説明したところ、「わかりません!」という大きな声。それではと、わかった方たちにお手伝いいただいてデモをしたところ.....「わかりません!デモやってください!」という大きな声(笑)。「えっと......これがデモなのですが.....」いえいえ、わかりました、何度でもわかるまで説明しますよ。わからないと素直に言えることは、こどもらしさのひとつです。良い傾向ではありませんか!

 

(説明中)

 

ようやくスタートです。鬼ごっこなので、走る、走る!いつ自分が逃げる番になるか、ドキドキ感も満載です。(注:鬼ひとり、逃げる人ひとり、というゲームです。)反射神経も必要です。鬼がタッチして安心していると、次の鬼にタッチしかえされて、また鬼になってしまうことも。鬼と逃げる人の駆け引きも面白かったです。みなさん、よく笑い、よく走りました。

 

次は、海に向かってラインダンスです!

 

 

みんなで肩を組み、右足10回上げ→左足10回上げを、2セット。もちろん笑顔でやります。ちょっとハードな挑戦も、みんな一緒に笑顔でやれば、乗り切れます。これ、脚の後ろ側を柔かくする効果もあるのです。終わった後の前屈は、最初よりスムーズでした。

 

だいぶ遊んで心と体がほぐれたところで、心と体を感じてつながる”立つ”ワークです。大地に根をはり、天に向かっ真っすぐ伸び、

自分軸を作って、地球の上に立つ安心感を感じていきます。先ほどまでとはガラッと変わり、静かに自分を感じ、自然を感じ、地球を、そしてつながりを感じていきます。

 

最後は、陰陽の理論で動く体験として、太極拳の基本功の体験です。水が上から下に流れるように自然に動けば、無駄な力を使わずに済みます。そしてシーソーの片方を下げれば、もう片方が自然に上がるように、下げる(陰)を作れば、上がる(陽)は自発的に発生します。これが少ないエネルギーで大きな力を出すコツです。

 

シンプルな動きを、陰と陽を意識しながら動きます。そして意識も、大きくひろげていきます。自分の動きで体の周りに球体を作りだしていき、海と山に囲まれた葉山に、そしてもっと広く海の向こうにまで、その球体が広がっていくことも感じてみます。

 

 

遊んだら、お腹がすきました ^^

 

ご参加くださったみなさまからの感想から、一部をご紹介します。

 

楽しかった〜。お天気も良くて身体が軽くなりました。

 

大自然の中で身体をいっぱい使った鬼ごっこや地球を感じる太極拳を体験できて、本当に自然に還ることが出来ました。

 

普段やったことがないことを、みんなで笑いながら楽しくすごせて、お天気にも恵まれ、子どもに還ることが出来ました。

 

鬼ごっこがけっこうハードで面白かったです。地球に立っている感覚がして心が落ち着きました。

 

中医学や陰陽のエネルギーについてもっと知りたいと思っていた時だったので、とても貴重なお話と体験でした。

 

 

このときの”陰陽”の話が、その日の午後のトークイベントにも、つながっていきました。そんな打ち合わせはしていなかったのですが、自然の流れとは面白いものです。

 

プレオープンイベントのテーマでもある「自分に還る」については、午後にもたっぷり感じて話す時間がありました。わたしにとっての「自分に還る」は、笑顔で楽しければ、それでOKです。いつもこんな自分でいられたら満足で、ここからすべてが始まりますし、すべてはここに還ってくるような気がします。

 

葉山の自然とみなさんのおかげで、そんな楽しい経験ができて、とても幸せでした。

 

「楽しい」は、最強です。

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM