「好き」に、理由なんていらない

2018.04.10 Tuesday

(武当山で、形意八卦掌のお稽古)

 

武当拳の先生は中国にいらっしゃるので、年に1〜2回、武当山に習いに行って、ふだんは自分でお稽古します。でも今年に入った頃から、八卦掌(はっけしょう)をもっと習いたいな、と思うようになりました。

 

武当拳にも八卦掌があり、2年前から習っているのですが、歩法に、すごく苦手意識があるのです。

 

八卦掌の歩法は、太極拳とは異なります。一直線上を、足裏を水平に、地面すれすれ、でも触れずに、足を移動させて歩きます。スルスル進む足は地面に吸い付くようで、忍者のようだと思います(忍者を見たことはありませんが。)

 

動きは早く、すばやく方向転換したり、くるくると回ったり、舞踏のようだと言われます。美しいのです。

 

最初に八卦掌を習ったとき、兄弟子が「歩法は、焦らず長く練習していくんだよ」と教えてくれました。そう、時間がかかるのです。苦手意識があるのは、単に練習が足りていないだけです。

 

さて、ある日、ご縁あって、とある先生のところに体験に行きました。

 

直線歩き、方向転換、円を描いて歩くことを教えていただき、ひたすら歩きます。

 

これが、楽しいのですよ。腰を落とした姿勢のためか、しばらくすると汗がじんわり、噴き出してきます。それも気持ち良いのです。

 

すごく大切なものを、思い出した感じがします。

 

この歩く練習、つまり足を育てるには、まじめに取り組んで3年と言われます。功夫(カンフー)では、よくある普通のペースですが、一般には気が遠くなる時間かもしれません。

 

これをやって何になるか?なんて、わかりません。そもそも、「できるようになったら〇〇をしよう」とか、考えていません。

 

こういうとき、自分が”あほ”のようにも思えます。でも、”あほ”かもしれないけれど、こういうときは、とっても幸せなのです。

 

わたしがカンフーが好きなのは、頭でっかちだったわたしの固定概念を、打ち破ってくれる経験をさせてくれるからかもしれません。

 

「これをしたら、こうなる。想定されるリスクはこうで......」とか、「これをやったら、きっとみんなにウケる」とか、頭で想定しながら行動することが普通になっていたとき、なんだかおかしい、と思うようになりました。楽しい、と思えていないのです。

 

「考えるのをやめよう」と、その方法として選んだのは、とにかく体を動かすこと、カンフーの練習をすることでした。悩むことがあっても、考える前に動くと決めて、練習していた時期があります。

 

結果、「やっぱり頭は使うのね」に至りましたが、順番は「体験してから考える」と変りました。前は、体験する前に考える、だったのです。

 

先に考えると、その想定以外のことを、自ら排除してしまうことも、あるかもしれません。その生き方がダメなわけではありませんが、わたしには楽しくなかったのです。そして、想定通りにいかない場合、そしてそもそもの想定がひとりよがりなときもあって、結果に苦しむこともあったわけです。

 

たぶん、世界はもっと柔軟なのです。過去、現在、未来は、直線状にあるわけではなく、もっと複合的で、突然、上のルートに移ることも、あるのだと思います。

 

ひたすら歩いて、どこに行くかなんてわからない方が、楽しいですよね。

 

 

【特別クラスのお知らせ】

4月14日(土)18:30-20:30は「太極扇を体験しよう(第5回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

4月15日(日)14:00-16:30は、新講座「みんなが知らない太極拳のひみつ(1)天地とつながる立ち方」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


太極拳のお稽古で、願っていること

2018.03.16 Friday

(足は根をはり、手は天に向かって高く。天地人、人は天と地を結ぶと思っています)

 

太極拳のお稽古を通して、この先どうなりたいのか、考えることがあります。自分自身も、そして生徒さんにも。

 

はじめた頃には、「頭で考えすぎるクセをなくしたい」という目標がありました。「考えるより、体を動かそう」と決めて、悩み事があっても、それは横に置いてお稽古する、と決めていた時期があります。

 

しばらく続けた結果、「やっぱり人は考えるんだな」と思いました。でも前とは違って、体験して、感じて、それをもとに考える、という順番になりました。

 

太極拳のお稽古は、基本的な体のチカラを育てるほかに、感覚を育てると思っています。体の緊張、負担や無理がかかるような姿勢や動きは、始めた頃には、「これで普通」と思っていました。それをひとつずつ、「ここ、緊張しているよ」と先生から指摘してもらい、意識を内にむけて気づくことを繰り返し、だんだんと、ほぐれて楽な姿勢や動きに変えていけるようになります。

 

外にばかり向きがちな意識を内に向けるために、体の状態を見るのは、よい導入方法だと思います。導入と言っても、何年かでマスターして終わりというものではなく、ずっと続くものではありますが。

 

意識を内に向けていくことには、さらにその先があります。

 

映画「PLANETARY プラネタリー」の冒頭には、ある神話が紹介されています。

 

人間にはかつて、神の頭がついていました。でも、神様はそれを外してしまいます。そしてその神の頭をどこに隠そうかと考えます。海の底に隠そうとしましたが、人間はきっとそこまで来て見つけるだろうと、やめます。天に隠そうとしましたが、そこもきっと人間は見つけるだろうと、やめました。そして、人間の内側に隠すことにしたのです。そこなら、すぐには見つからないだろう、と。

 

瞑想で、自分の内側を見にいく意味は、ここにあります。

 

個として、競争の中で、孤独を感じて生きる”幻想”から目覚めて、わたしたちは惑星の一部なのだと思いだし、つながりを取り戻すこと。それを、HOME、というような表現もしていたと思います。「おうちに帰ろう」という響き、温かい気持ちになりませんか?

 

わたしが今、自分のお稽古でも、生徒さんのお稽古でも願っていることは、まず、静かに自分の内側を見て、気づいていく時間を持つことです。

 

そしてその先に、内側から外に向けて広がっていくもの、つながりを感じる時間を持つことです。

 

太極拳は、風船が外に向かって膨らんでいくように、自分の内側から外に向けて、四方八方に向けて力が広がっていきます。意識は、自分の体の大きさをはるかに超えて、遠くまで広がっていきます。

 

個として生きるときには、皮膚が、自分の内側と外側を隔てている境界になります。太極拳の内から外に広がるというプロセスでは、自分が緩み、皮膚という境界が曖昧になり、内側と外側の区別が曖昧になってきます。内と外がつながりはじめます。

 

そこから先に、何を感じるか、どんな行動をするかは、人それぞれだと思っています。人はみんな、違いますものね。

 

自分の内側に意識をむけること、そしてそこから外に向かって広がっていくこと、そんな時間になることを願って、その助けになるような練習をしたり、クラスをしていきたいと思っています。

 

太極拳は、動く瞑想とも言われます。この表現、わかりやすいようなわかりにくいような、なので、実はあまり好きではないのですが、今日の話の流れでいくと、ちょうど良くはまる気がします。

 

もちろん、太極拳だけがこのプロセスを応援する方法だと言いたいわけではありません。世の中にはいろんな方法があると思っています。その中で、自分ができること、やりたいこと、共有したいことを、やっていこうと思っています。

 

 

【特別クラスのお知らせ】

3月27日(火)19:00-20:30は「みんみんの陽だまり時間:老子のことば」です。詳細はこちらから。

4月14日(土)18:30-20:30は「太極扇を体験しよう(第5回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

4月15日(日)14:00-16:30は、新講座「みんなが知らない太極拳のひみつ(1)天地とつながる立ち方」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 

 


やればやるほど、基本が大事

2018.03.13 Tuesday

(旅行中、みんなを待っている間に、歩法の練習。寒いから、手はポッケの中。)

 

教えていて嬉しいことはたくさんありますが、そのひとつは、生徒さんの”気づき”です。

 

先日、太極拳の套路(型)を練習しているとき、生徒さんが「やればやるほど、基本に戻りますね」というような話をされました。

 

そう!そうなのですよ。このときは、足の出し方の説明をしていたのですが、結局は、太極拳の歩法という基本なのです。足の出る方向は、前後左右、いろいろですし、幅もいろいろですが、動作の基本構造は同じです。

 

”立つ”、”歩く”ことは、実はとっても奥深いのです。ここに、太極拳のひみつ、コツがあります。

 

普段の生活では、無意識に立って、無意識に歩いています。立ち方によっては、軸がない立ち方になっていたり、重力に流されてだんだん背骨が縮んで、背中が丸く、硬くなってくることもあります。

 

歩き方は、「転ぶように歩く」という言葉もある通り、前のめりで転ぶ寸前に前足でとめる、という歩き方が多いと思います。

 

でも、それよりももっと体に負担をかけず、健康を促す立ち方、歩き方、があります。太極拳の練習は、それを身につけて、日常に活かすためのものだと思っています。

 

まずは自分がどんな状態か、どこがどう動いているかを、意識できるようにしていきます。そして「こうする」という意図を持って、立つ、歩く、動く、を練習します。

 

最初は、意図したとおりに体が動かないこともあります。体と心は、思っているよりもはるかにバラバラです。本来は通じ合っている心と体がバラバラでは、心身ともに安定、安心とは程遠い状態なのではないでしょうか。

 

こうしてだんだん、無意識でやっていたことを、意識する力がついてきます。つまり、”感覚”が育ちます。

 

感覚を育てることは、型ができるよりもずっと大事です。そして必ず、自分で体験しないと身につきません。生徒さんが自分でやるところです。

 

「毎回、やるたびに違う発見がある」と言ってくださった生徒さんもいます。同じところを練習していても、気づくこと、感じることは、違うのです。こんな感想を言われると、「そうなの!」とすごくうれしくなります。

 

先日の太極扇のお稽古のときのことです。扇のクラスですので、基本を丁寧に練習する時間は少ないのですが、参加2回目の生徒さんが、「最初の足を横に開くところは、どうすればいいのですか?」と質問してきたのです。

 

そうそう、そこ、とっても大事なのですよ。単純な動作ですが、これも歩法の応用で、太極拳ならではのコツが含まれていて、膝に負担がかからない方法なのです。

 

ここに疑問を感じるって、すごいなあと思うのです。良いタイミングなので、少し基本の歩き方の練習をしたところ、「膝に負担がかからない。面白い〜」と、ずっとうれしそうに歩き続けていました。

 

この歩く練習、地味に見えますが、好きだとおっしゃる生徒さんは、多いです。

 

歩くことって、こんな風に、楽しいことなのですよ。

 

日常の動き、立つ、歩く、動く、が、こんな風になったら、毎日が変わるような気がしませんか?絶対的な安心感とか、嬉しさとか、いろんなものが、自分にやってくるような気がします。

 

基本は概念としてはシンプルですが、実践する中で経験できること、感じることは、おそらく無限大です。だから、「これで完璧!」ということはなく、わたしもまだまだ発展途上です。

 

やればやるほど、基本が大事。それを共有できる人たちがいることは、何よりも、うれしいことです。

 

 

【特別クラスのお知らせ】

4月14日(土)18:30-20:30は「太極扇を体験しよう(第5回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

4月15日(日)14:00-16:30は、新講座「みんなが知らない太極拳のひみつ(1)天地とつながる立ち方」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

(高野山で、うきうきとお守りを選ぶ。自分を超える存在を信じているから、お守りは大事。)

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 


気とは?(3):站椿功で感じる”気”

2018.03.09 Friday

(站椿功)

 

これまで「気とは?」について、思うところを書いてみました。

 

(過去の記事はこちら: 「気とは?」(2017年12月22日)/ 「気とは?(2):中医学から見る”気”」(2018年3月8日))

 

続いて今日は、站椿功で感じる”気”です。

 

太極拳では、「気を練ることが大切」と言います。それを”内功”と言ったり、気をためて循環させる、と言ったりします。

 

でもわたし自身は、お稽古のときに「気を練りましょう」とは言いません。練りましょう、と言われたら、「さて、どうやって練ればいいのかしら?」となりませんか?

 

それよりは体の使い方、意識の持ち方、自分の心の状態など、具体的に”すること”を、お伝えします。それをやっていけば、結果として気はめぐります。

 

それでもひとつだけ、はっきり、「これだ」とわかるときがあります。それが、站椿功です。

 

2009年に中国の武当山に行ったとき、師父(先生)が、太子洞という場所に連れて行ってくださいました。洞窟の中に御堂(と言っていいのかどうかわかりませんが)があり、道士(道教の修行僧)がその場所を守っています。

 

ご挨拶した後、そこから少し下ったところで師父が、「ここは、武当山の中でも、すごく気がいいところだよ」と言い、その場で站椿功を練習することになりました。

 

冒頭の写真のように、腕で木を抱えるようにする型をつくり、そのまましばらくじっとしています。このように動かないものを、静功と言います。

 

そのときに師父が、わたしの腕の内側に手を入れて、「気は、この内側をこういう風に回るんだよ」と教えてくれました。左回りでした。

 

そのときは、「そうなんだ」という知識だけで、実感はありませんでした。

 

その後、2011年になる頃、集中的に站椿功をやり始めたときがあります。「なんとなく、それをやるときだと思う」というだけの理由で、誰かに言われたわけでもなく、やり方を教えてもらったわけでもなく、ただひたすら腕を上げて、30分そのままじっとすることをやってみました。

 

当時は会社員だったため、仕事から帰ってから近所の公園に行き、良さげな樹の前に立ってやっていました。始めたばかりだと、腕や背中、肩のあたりは痛くなり、苦しいのですが、アラームをセットして、とにかく頑張ります。

 

体の使い方が”よい具合”にならないと、どうやっても痛くて苦しいだけです。站椿功は、よく30分など、それなりの時間続けなさいと言われますがその理由は、楽に続けられる”よい具合”のポジションを探るためでもある、と思っています。

 

根性、そしてたぶん、「これをやり続けるしかない」という、わけのわからない信念だけでやっていたある日、腕の内側でぐるんぐるん、まわるものを感じました。

 

洗濯機の中の水が、ぐるぐる回って洗濯器の壁に当たるような感じです。一定の圧ではなく、強弱があって、ためて押し出されて、ためて押し出されて、を繰り返しながら、腕の内側をぐるぐるとまわります。

 

「けっこう、重いんだな」と、感じました。

 

力が外に押し出されて腕の内側に当たる感覚が、ぐっと、しっかりくるからです。

 

これ、時計回りと逆の、左回りなのですよ。2009年に教えてもらった通りでした。

 

站椿功を練習するとき、ときどき、この”気”が回る話をするのですが、そのときに「なぜ左回り?」と聞かれたことがあります。わかりません。わかっていたのは、とにかく「時計まわりではない」、というだけでした。

 

最近、生徒さんが「台風は、左回りですよね」と話すのを聞いて、「あれ?站椿功と同じ?」と気づいたのです。台風は、中心から外に向けて力を広げますよね。站椿功も、同じです。

 

腕は「樹を抱えるように」と言いますが、実際には外から内に抱えるのではなく、内から外に向かって膨らんでいくのです。手の甲は、外へと向かい、肩やお腹は、後ろへ下がる形で、中心から外側に向かって風船が膨らみ続けるような感じです。

 

太極拳も、同じです。中心から、外に向かって風船が膨らむように広がっていくのです。体も、そして意識も。

 

外向きに拡大するものは、左回りなのかしらね。逆に、内側に押し込むもの、例えば、ビンの蓋を閉めるときや、ネジを締めるときは、時計まわり(右回り)です。

 

なお、このぐるぐる、毎回感じられるものでもありません。わたしは、あればよし、なければダメ、とは思っていなくて、「そういうこともある」くらいに捉えています。最初に言ったように、ぐるぐるも、ひとつの結果です。それよりも大切にしているのは、何をするか、何を意識するか、どんな心の状態にするか、です。

 

ちなみに、台風が左回りなのは、北半球の話らしいです。中国も日本も北半球ですが、南半球で站椿功をやってみたら、どうなるのでしょうね。

 

もうひとつ、「”気”がまわったことが証拠として目に見える」、と教えてもらった現象があります。これは中医師(中医学の医師)でもある気功の先生に教えてもらいました。

 

「(気功や太極拳をした後は)血がめぐるから手のひらが赤くなるでしょう。そこに、白い斑がぼつぼつと浮かんできたら、それが気がめぐった証拠だよ。」

 

終わった直後に見ると、白い斑模様がぼつぼつ浮かんでいるとき、確かにあります。(ただし、すぐに消えます)。

 

「練功(お稽古)終わって、ちらっと見て、これが出ていたら、自分で「よし」。ちょっとした自己満足だね。」出ていたらよし、出ていなかったらダメ、という判断基準ではなく、ちょっとした自己満足、というところがポイントです。

 

大切なのは、結果ではなくて、プロセスだなあ、と思います。そこで何を意図するか、です。その経緯をじっくり味わった後に、何かの結果が出ます。結果はその後の参考にはなりますし、大事でないわけではありませんが、太極拳や站椿功をやっていると、一番好きなのは、その経過過程だな、と思います。

 

でもね、こんな結果が出ることもあるよ、という情報は、あってもいいですよね。特に、一般的には目に見えない”気”のようなものに感しては。

 

 

【3月の特別クラスのお知らせ】

3月11日(日)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第3回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

(上の站椿功の形になる直前の動き。ここから、肩、胸、お腹は後ろに膨らみ、手の甲は外に向かって広がります)

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


気とは?(2):中医学から見る”気”

2018.03.08 Thursday

 

昨年末に、「気とは?」という投稿をしました。

 

太極拳でも「気を練る」と言いますが、その気とはなんでしょう?というお話です。今日は、ちょっと中医学的な視点から、書いてみます。

 

「お元気ですか?」と言いますよね。日本のあいさつ言葉です。

 

この”元気”というのは、原気ともいい、中医学の専門用語だそうです。それは、「先天の気」を指します。

 

先天の気とは、生まれたときに父母からもらう、生命エネルギーです。生命の誕生と成長、活動の源となるエネルギーです。先天的に形成されるために、「先天の気」と呼ばれています。生まれたときには、肉体が先天の気で満たされているそうです。これは、中医学の五臓でいう腎に蓄えられます。

 

先天の気ですから、生まれたあとに生成することはできません。そして、思いっきり使うと、わずか数分で使いつくしてしまうそうです。

 

この腎に蓄えられた先天の気、成長エネルギーを、いかに大切にしていくかが、その人の健康のみならず、その子孫の健康にまで関わってきます。つまり、この小さい先天の気を、ほそーく、ながーく、一生にわたって使っていくことが大切です。

 

生まれてきたならば、たくさん学んで人生を楽しみたいですものね。

 

先天の気を一気に使い尽くさないために、必要なのは、「後天の気」、生まれた後に毎日の生活の中から得られるエネルギーです。

 

生まれた赤ちゃんは、酸素を吸い、ミルク(水分と栄養)を飲みますよね。このように、呼吸や食事から生成されるものが、後天の気です。日々の生活から常に補充し続けます。

 

「人生はランプのごとし」という表現があります。

 

ランプのともしびが、人生です。

 

燃料は、生まれたときに持っている先天の気と、それを補完する後天の気です。燃料は常に補充しなければなりませんから、生きていくためには、水分や栄養分の消化吸収が必要です。

 

もしランプの芯を大きく出しすぎてしまうと、火は一気に大きくなり、燃料を大量に必要とします。場合によっては、枯渇してしまうかもしれません。カーッとものすごく怒ったり、日が沈んだ後に夜中まで起きていたり、暴飲暴食したりなど、エネルギーを要するようなことは、ランプの芯を出し過ぎた状態になります。

 

後天の気に関わってくる五臓は、脾です。脾とは言っても、西洋医学の脾臓ではありません。胃を加えて脾胃、という方がわかりやすいかもしれません。

 

脾胃の担当はエリアは、口にものを入れる→舌が動く→唾液で飲みこむ(嚥下)、胃袋(蠕動運動)→十二指腸(胆汁、膵液で死亡を分解する)→小腸で栄養を吸収→大腸で水分を吸収。栄養を肝臓に運び、さらに心臓に運び、最後に便として排出するところまで、です。この消化吸収のプロセスは、昇清降濁(しょうせいこうだく)ともいいます。

 

脾胃は、かまどに例えられます。かまどで消化吸収をするために、かまどをあたためる火が必要です。そのかまどの火の役割をするのが、先天の気だそうです。

 

そして、気功や太極拳は、すべて脾胃の役目を応援するものになります。消化吸収は、きちんとした体という土台があってこそ、です。

 

太極拳は、流派の違いはありますが、どれも下半身をしっかり決めて上半身を動かすという大枠では、共通していると思います。これは、下半身をしっかりしていくことで、消化器系統の働きがしっかりし、ほかの臓器も自分の役割を全うする、と思われているからです。

 

二本足で歩く人間は、両足の健やかさが健康の土台になります。足は使わないと、ですね。

 

(ただし、何かの理由で脚の機能がない場合は、これとは別のはなしになります。人の体は賢くて、ないものはほかが補う役割をしますものね。)

 

(脚の裏側を伸ばしているところ。これも、大切なのです)

 

 

【3月の特別クラスのお知らせ】

3月11日(日)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第3回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM