目と意識の広がりと、止観とマインドフルネス

2019.09.23 Monday

 

目の使い方は、大切だと感じます。それが意識の拡大に連動している気がするのです。

 

太極拳では、目の置き場所が決まっています。それが何を目的とするものか、最初から知ってお稽古していたわけではありません。最初は、「ここに置く」と場所で習い、今の先生に習うようになってからは、「目は陽に置く」と教わりました。

 

陽があるなら、もちろんペアの陰もあるわけです。先に陰と陽のお話をします。

 

太極拳では、てこの原理を使って力を出します。陰の部分と陽の部分があり、陽が極まって陰になるように、陰と陽がくるくる変化し続けながら、動いていきます。

 

陰と陽の組み合わせは、右手と左手、体と腕、上半身と下半身、などです。陰は下向き、後ろに退く力で、陽はその逆、上向きと前に進む力になります。

 

てこは、下げることで重いものを簡単に持ち上げますよね。それと同じように、動くときには意図を陰に置いて、陰を作ります。すると、その陰と対になる陽が、自然と発生するという仕組みです。その陽には力があって、押されても余裕で保てて、簡単に落ちたりしません。

 

一方の手が下がり(陰)、もう一方の手が上がる(陽)ときは、逆の動きをしているだけのように見えるかもしれませんが、自分の感覚は右と左で、全然違います。意図がある、なしの差です。

 

陰のおかげで陽がふわっと上がったり、前に進んだりして、しかもそこに力があるというのは、はじめて体験すると、びっくりしますよ。

 

意図を置くのは陰ですが、目の置き場所は、陽です。見るといっても、その方向を見るというのか、一点集中ではなく、中心を陽(の方向)に置いて、周辺まで視界に入っています。

 

この、意図を置くところと、見るところが違う練習を積んでいくことが、すごく大切なのではないか、と感じています。

 

通常は、見るところと意図を置くところが一緒ですよね。たとえば右手が陽だとしたら、意図も右手にいくでしょう。でも、そうすると、その他の大部分が”ない”ことになってしまいがちです。全身あるのに、全身で生きていない感じです。

 

これに対して、意図を陰に置き、陽を見ると、体全体が意識の中に入ります。体全体が把握できる、と言い換えてもいいかもしれません。陰と陽でひとつ、全体ですからね。

 

そして意識は、自分の外にも内にも広がります。ぼんやり夢の中にいるようですが、意識は覚醒しています。

 

ある日「これって、”木を見て、森もみる”状態だな」と気づきました。

 

以前、先生が、「意識が広がっていくと、さっきまで悩んでいたことが小さなことに思えて、どうでもよくなってくる」とおっしゃっていました。これは站椿功をしているときに話してくださったのですが、太極拳をしているときにも通じます。

 

余計なことにとらわれず、楽に生きるコツにもつながると思っています。

 

話は変りますが、先日、お坊さんに”止観”という仏教のことば(教え)を教えていただきました。

 

止とは集中力で、観とは注意力で、どちらも瞑想法のようです。

 

止はサマタ瞑想で、何か特定の対象を定めてそこに精神を集中し、心の動きを極力止めようとする瞑想で、お坊さんは「集中力」と解説されていて、

 

観はヴィパッサナー瞑想で、こちらは「注意力」と説明されていました。

 

そして、両方あわせて、すべてのものに意識を向けること、つまりマインドフルネスだと話してくださいました。今まで聞いた中で、いちばんわかりやすいマインドフルネスの説明でした。

 

止観は、太極拳での陰に意図を置いて、陽に目を置くことに似ているような気がしますし、それはマインドフルネスにもつながっていることなのかな、と思いました。もちろん、まだわたしが理解していないところもあるでしょうし、断言はできないのですけれども。

 

ことばは、説明で理解する部分もありますが、自分の体で体験して理解していくことが大切だと思っています。ことばの限界を超えて、「これかもしれない」と感じられるからです。もちろんそれは、経験を積んでいけば、更新されます。

 

だんだんと、深まっていきます。

 

意図を陰に置き、目を陽に置く、という方法は、それをやり続けることで、いろいろとわたしにもたらしてくれたものがあるような気がします。

 

最初はとっつきにくいかもしませんが、良いところは、誰でも時間をかければできることです。具体的で、いい方法だと思っています。

 

 

【10月の特別クラス】

10月12日(土)14:00-16:30  「じんわり温まる温灸メガネを作りましょう」 詳細とお申込み方法はこちら

 

10月13日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」 詳細とお申込み方法はこちら

 

10月19日(土)14:00-16:30 「はじめての武当気功詳細とお申込方法はこちら

 

10月20日(日)15:00-17:30「たのしい太極扇」 詳細とお申込み方法はこちら

 

10月27日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 


自分の軸を持って、流れにのる

2019.09.13 Friday

 

 

流れにのる、と言いますよね。大いなる力に身を任せる、とも言うかもしれません。

 

自分とは小さな存在で、ほとんどのことを知らないと思うと、自分を超える大きな存在や、流れがあると感じるのも、当然のように思えます。

 

流れにのるためには、無駄に抵抗しないことですよね。泳ぐとき、水の流れに逆行して泳ぐより、流れにのるほうが楽で、上手くいきそうです。

 

でも何もせず、ただ流されてしまうのは、違う気がします。

 

たとえば、近くにいる人がつまづいて、自分に倒れ掛かってきたとき、一緒に共倒れしてしまう場合も多いでしょう。起きたことに流されてしまうと、こんな危険を伴うこともあります。

 

太極拳で習う立ち方は、もっと意識的に、積極的に立ちます。

 

足で地面を押すと、頭が天に向かって伸びるようになります。縦に伸びる力がバネのように働くため、上から押されても、つぶれません。

 

流れが滞りやすい関節、特にひざ、股関節、腰(ウェストラインの後ろ側。反り腰の部分)、首に、無駄な力が入って流れを止めないようにします。

 

無駄な力が抜けると、体の中心に一本、しなやかで強い軸が通ります。

 

こうなると、周りで暴風雨が吹き荒れても、誰かが倒れてきても、簡単には流されなくなります。

 

押されたときは、抵抗するのではなく、縦に伸びる力で吸収してしまいます。相手から受けた力を、自分の力に変える、とも言えます。力を使って疲弊するのではなく、逆にパワーチャージする感じです。

 

もし押し返したり、岩のように固まったりすれば、ある程度は動かされないかもしれませんが、続けるのは難しいですし、もっと強い力で押されたら、丸ごとずるずると動いてしまいます。想像するだけでも、大変そうですよね。

 

自分の軸がしっかりあると、押されても、驚くほど自分にダメージはありません。とても気楽でいられます。

 

それを体で体験して、わかることは、とても役に立つと思っています。

 

体と心はつながっています。体が振り回されて疲弊すると、心も振り回されて疲弊しやすくなります。軸がある感覚を体で持つと、心も振り回されにくくなるのではないでしょうか。

 

トラブルに遭遇したとき、淡々とやり過ごせる人、ものすごく振り回されて疲弊する人、同じ状況でも、人の反応はさまざまです。性格と言ってしまえばそれまでですが、なんとなく、軸があるかないかも、関係している気がします。

 

人生は、流されるのではなく、自由意思で選ぶものだと思っています。

 

暴風雨が吹き荒れている中でも、飛んできた何かを掴むのも、自分の意志です。勝手にポケットに入るものもあるかもしれませんが、それを活かすも、捨てるも、自分の意志です。

 

体の自分軸を持つためには、順番にすべきことをしていけば(体を整えて、心を整えていけば)、誰でも、はじめての人でも感じられます。

 

ただ、この軸は、ちょっとしたことですぐに失われてしまいます。太極拳の練習とは、ある状態、無い状態を体験して、どんなときに、どういう状態だと失ってしまうのかに、気づいていくことでもあります。

 

もちろん、軸がなければ幸せになれないわけではないと思っています。でも、わたしの経験で言えば、あるほうが、ずっと穏やかに豊かに、周りに振り回されずに生きていきやすくなります。

 

自分の軸を持って、周囲と戦うことなく、受け入れ、自分の力に変え、自分を表現して、夢を実現していくこと、

 

これが流れに乗ることじゃないかな、と思っています。

 

流れに乗って、その力を自分の力に変えられたら、もっと自分を活かすことができるのではないかしらね。

 

 

【9月のイベント】

9月23日(祝・終日)は「こどもにかえって御岳山で遊ぼう!」です。詳細とお申込み方法は、こちら

 

 

【9月の特別クラス】

9月14日(土)14:00-16:30 「はじめての武当気功詳細とお申込方法はこちら

 

9月15日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」 詳細とお申込み方法はこちら

 

9月22日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 


繊細なバランス

2019.08.22 Thursday

 

(武当山)

 

撑字訣という気功をしていると、バランスとは、とても繊細なのだと、気づかされます。

 

撑字訣は、太極拳と同じように、てこの原理で動きが生まれて、力が発せられます。

 

てこの原理は、”下(陰)に押せば、自然と上(陽)に持ち上がる”です。道具の場合、片方を下に押せば、もう片方が上に上がるように、シンプルです。道具は、余計なことを考えたり、したりしませんから、素直に反応します。

 

人の場合は、ちょっと違います。考えたり、体に緊張があったり(=部分で動いたり)と、”余計なこと”をやってしまいがちです。さらに、それに気づいていないことが、ほとんどではないでしょうか。

 

陰陽の組み合わせは、体の動きで言うなら、次の2つです。

 ≪陰≫    ≪陽≫

 下  ↔ 上

 引く ↔ 進む  

 

てこは、陰から動かせば、陽は自然に発生します。

 

そのとおりなのですが、それがシンプルに素直に働くためには、体に余計な緊張がないこと、陰と陽のバランスが取れる形が取れていることが、大切です。

 

撑字訣は、まっすぐ立つことから始めます。

 

縦に伸びる力、例えるなら、上下にバネが効いている体にしてから、両手を腿の前に置き、手根(手のひらの下の方)で下に押します。縦に伸びる力が、さらに強まります。

 

縦に伸びる力を保ちながら、命門(おへその裏側、背中側)を後ろにひっぱり(=陰)、それとバランスを取るように手のひらを前に押していきます(=陽)。

 

このときの、命門と手のひらのバランスは、とても繊細です。ちょっとしたことで崩れます。その繊細さを体験できることが、この撑字訣の良いところでもあります。

 

よくあるパターンとして、後ろにひっくり返りそうになったり、足のつま先が上がりそうになります。これは手のひらを前にしっかり押していないからです。手をしっかり押していないとバランスが成り立つ形になりません。

 

体に緊張がある場合、例えば、肩に力を入れていたり、腕の筋力だけでやろうとすると(これも肩が固まります)、肩が苦しかったり、痛くなります。これもバランスが成り立っていません。

 

バランスが取れていれば、肩は、命門と手のひらの間の通過点に過ぎないので、詰まるのではなく、むしろ広がっていきます。

 

”陰を作れば、陽は自然に発生する”、とは、体に無駄な緊張がない状態で、陰を作って、それとバランスが取れる陽の方向に動く形が成り立っていれば、陽は力を伴って発生する(腕が上がるときに力がある)、というほうが正しいかもしれません。

 

わたしにとって太極拳とは、感覚を育てていくものだと感じています。

 

それは、いま何が起きているかをとらえて、体が即座に対応していく力です。

 

鍛錬の成果は、その「捉える→反応する」の細かさに、現れるような気がします。

 

たとえば上記の”腕が上がっていく(命門が後ろに引かれて、腕が上がる)”動作で見ると、初心者は、それを「1」と捉えるのに対し、鍛錬を積んでいる人は、もっと細かく、3とか、5とか、10とか、20とか100に分けて、捉えられるようになる気がします。

 

「いま、この瞬間」を、まさに瞬間ごとに捉えていくような感じです。それが細かくできるほど、バランスを崩す確率は低くなるのではないでしょうか。

 

太極拳にしても気功にしても、反復練習で動作が上手くなるのではありません。この瞬間をとらえる感覚が育つことによって、「その瞬間、その場」に対応する力が育つだけだと思っています。

 

ですから何度練習しても、常に”今”しかありません。これは「今を生きる」を体感で理解するために、役に立つのではないかしら。

 

もうひとつ、バランスは繊細ですから、簡単に崩れます。

 

こういうとき、「崩してはいけない」と思いすぎると、自分を追いつめてしまいかねません。「してはいけない」とか、「絶対に」とか言うと、体に力が入ってしまいませんか?絶対、というのは、不自然なのではないでしょうか。「とれたらいい」くらいだと、力まないですみます。

 

常に変っていくことが自然であるこの世では、絶対というのは、ないのかもしれません。

 

先日、ライオンキングを観ていたら、”微妙なバランス(Delicate balance)”という表現が出てきました。

 

ライオンは草食動物のアンテロープを食べます。ライオンが死ねば土に還り、それを栄養にして育った草を、アンテロープは食べて生きます。それを、”生命の環(Circle of life)”と言っていました。

 

それが循環していくためには、微妙なバランスが大切で、例えばライオンが、生きるため以上に他の動物を食べきってしまうと、生命の環は成り立たなくなってしまいます。

 

現実には、すでに生命の環は成り立っておらず、崩れているのだという指摘もあるようです。

 

それでも、やりすぎないという、この微妙なバランスを体験していくことは、意味があるのではないかな、と思っています。

 

それを自分の体で、数秒間の間に体験できて、やればやるほど、感じることも多くなるのは、撑字訣、やるじゃないか、と思います。

 

ここで「どんな意味があるの?」と聞きたくなった方、考えすぎかもしれません。やってみないと、わかりませんよ。

 

(映画「ライオンキング」のパンフレットから)

 

 

☀☀☀次回の「はじめての武当気功:撑字訣」は、9月14日(土)14:00-16:30です。詳細とお申込みは、こちら☀☀☀

 

 

【これからの特別クラス】
 
8月24日(土)15:00-16:30 「八郷のやさしい太極拳」  詳細とご申込み方法はこちら。つくば近郊の方、ぜひ! 

 

8月25日(日)14:00-16:30「ー20歳のカラダ❤ホントにはじめての武当太極拳」 詳細とご申込み方法はこちら

 

9月  8日(日)14:00-16:30「やさしい站椿功」 詳細とお申込方法は、こちら

 

9月15日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」 詳細とお申込方法は、こちら

 

9月22日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法は、こちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)

 


空気感

2019.08.13 Tuesday

 

(ツェンケル温泉のツーリストキャンプ)

 

先月、モンゴルに旅行したときのことです。

 

郊外のツェンケル温泉で、ゲルに宿泊した翌朝、青空の下で太極拳をしてみました。

 

行く前から、ちょっと楽しみだったのですよ。どんな感じなのだろう、と。

 

実際にやってみると、気持ち良いといえば良いのですが、なんだか軽いのです。いい悪いではなく、とにかくさらっとしていて、こういう感覚は、あまり覚えがありません。

 

そういえば、ゴビ砂漠の東部にあるエネルギーセンターに行ったときも、同じような感じでした。ここは世界のエネルギーの中心で、最強パワースポット、火山の赤い砂地に寝転がると、体にエネルギーを集めることができると言われています。

 

ここでも、ふつうに気持ち良かったです。感覚は、さらっと軽く、ずしっとくるようなものは、感じませんでした。

 

後日ネットで調べてみたら、ずんずん感じる人、そうでもない人、いろいろでした。

 

(エネルギーセンター)

 

標高が高いこともあるかもしれません。ウランバートル(標高 約1350m)に到着したときから、体がふわっ、としていました。

 

そして、ツェンケル温泉もエネルギーセンターも、有名な観光地です。人が多く訪れるところは、なんとなく「場所が疲れている」感じがあります。しかも、強い願いや期待をもって訪れる人も、多いですしね。そんなこともあるかもしれません。

 

標高は、いつもお稽古に行く中国の武当山も、たいして変わりません。武当山は標高1600mくらいで、いつもお稽古している場所も、1000mは超えていると思います。武当山で体がふわふわしたことはないですし、お稽古のときも、もうちょっと、しっかり感覚があります。

 

どうしてなのかな、と思っていたら、ヨーロッパに旅行している友人が、面白いことを言っていました。

 

人は、空気中の水分を介して外の世界と繋がっていて、日本人が感じあうことに長けているのは、水分量が多いからなのかもしれない、と。

 

気候とか空気の感じが、人に与える影響は大きい気がします。

 

旅行先で食べておいしかったものを、日本で食べると、「?」となること、ありませんか?海外の食べ物が日本に入ってくるときに、ちょっと味を変えることもありますよね。

 

日本人の味の好みもありますが、違う環境、違う空気で食べると、重さや軽さ、味わいの感じが、変ってきませんか?

 

昔、イギリスに約1年間滞在していたとき、半年を過ぎた頃に、食べ物の好みが変わりました。最初はお砂糖のアイシング衣のケーキは、ちょっとずつしか食べられず、油で揚げた衣たっぷりのフィッシュ&チップスも、衣を外して白身だけ食べていました。

 

それが、いつの間にか「おいしい!」と、どちらもパクパク食べるようになっていました。

 

乾燥した気候には、こんな食べ物が合っているのかな、と思いました。最初の頃に食べられなかったのは、わたしの体が、まだ日本仕様だったからかな、と。

 

さて、話をモンゴルに戻すと、人も、さらっとしているような気がしました。表情豊かに話すというより、淡々と表情を変えずに話す印象です。あまりニコニコ笑ったりもしません。

 

でも、とても親切なのです。さらっと、さりげなく、助けてくれます。

 

現地に駐在している方も、「モンゴル人と飲みに行くと、酔っぱらっても助けてくれるという安心感がある」と話していました。もちろん、この方の愛されるお人柄もあると思いますが、それだけではない気がします。おおむね、親切なのです。

 

それなのに(というのもおかしいですが)、この淡々とした感じは、このカラッと乾燥した気候と無関係ではないような気がしました。

 

太極拳をしたときの、さらっと軽い感覚は、わたしの体がこの土地に馴染んでいなかったからかもしれません。

 

水分量を通して外の世界と繋がる、と考えるなら、乾燥した水分量の少ないところでは、軽い感覚になるかもしれませんよね。それはたぶん、つながりが弱いというわけではないのです。

 

飛行機のおかげで、数時間で遙か遠くの異国に行けるようになりましたが、体は、そのスピードについて行けないのかもしれません。体は移動できても、感覚はもとの場所の空気感のままだとしたら、それも面白いですよね。

 

そして、もしわたしが半年とか1年とか滞在したら、違う感覚がやってくるかもしれません。

 

ひとつ付け加えておくと、わたしは太極拳や気功、站椿功などをするとき、しっかりした感覚があることが良い、とは思っていません。軽いとき、強くずっしりくるとき、いろいろですが、「今日はこんな感じ」というだけで、それに、いい悪いをつけることは、しないのです。

 

そういうものではない、という気がするからです。

 

だから、モンゴルでの太極拳や、エネルギーセンターで、かるーい感じがしても、それはそれだと思っています。

 

体験したことは、なくなるわけではありませんものね。

 

(ツェンケル温泉の朝)

 

 

【8月の特別クラス】

8月17日(日)15:00-17:00「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法は、こちら

 

8月18日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」 詳細とお申込み方法はこちら


8月24日(土)15:00-16:30「八郷のやさしい太極拳」 詳細とご申込み方法はこちらつくば近郊の方、ぜひ!

 

8月25日(日)14:00-16:30「ー20歳のカラダ❤ホントにはじめての武当太極拳」 詳細とご申込み方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)

 


夏バテを救う站椿功

2019.08.09 Friday

(中国、武当山の逍遥谷)

 

猛暑が続きますね。

 

梅雨明けから10日間くらい、体も暑さになれていないため、いちばんキツイのだという話も聞きました。

 

わたしもグッタリしていました。

 

クラスがあるとき、そして必要な日々のことをする以外は、ダラダラやる気も出ず、ぐうぐう寝ることも多かったです。

 

ほぼ常にある「あれが食べたい!」という欲求もなりをひそめ、これは「夏バテ」というものではないかしら。

 

陰と陽の考え方に、「しっかり休めば(陰)、自然と動きは始める(陽)」があります。

 

行動することは「良し」とされ、休むことは「さぼっている」と否定的にみられることもあります。または、誰に言われなくても自分が、休む=何もしていない=生産性がない=役にたっていない、と自分を責めてしまうこともあります。これはキツイですよね。

 

わたしもつい、自分を責めそうになることもあります。ただ幸い(?)、ダメなときは本当にできないので、諦めるしかありません。

 

何でもできるわけではありませんし、「できなくていい」と、諦めることができたら、本当の意味で諦めなくて済むのではないかしらね。

 

数日前、「よし、站椿功だ」と思い立ちました。これなら、冷房のきいたお部屋で、安全にできます。

 

站椿功は日常的にもやっていますが、このときは、なんといえばいいのか、この夏バテの苦境(?)からの打開策を求めたみたいな感じです。

 

站椿功は、わたしにとっては、窮地に救いを求めるみたいな存在でもあります。悩んだとき、気持ちが落ち着かないとき、スランプのとき、など、

 

やり方など何も知らなかった10年前も、それなりにやり方がわかってきた今も、それは同じです。

 

後づけで言うなら、「基本に戻る」とも言えます。シンプルなので、やり方を知らなかったとしても、ひたすらやり続ければ、自分なりに道を見つけることができますし、それがやりやすいとも言えます。

 

動きがある場合は、動きに気がとられてしまうために、こうはいきません(わたしの場合は、です)。

 

站椿功は、良い感じのとき、なんだかダメなとき、いろいろです。でもなぜか、「良い感じだからいい、ダメだから良くない」と思ったことはなく、一喜一憂することなく、やってきました。

 

たぶんそれが、站椿功の良さだと思います。

 

さて、今回はどうだったかというと、やり始めてすぐ、体の中が温かく、めぐる感じがしました。猛暑なのに?と思うかもしれませんが、冷房による冷えも、あったのかもしれません。この温かさ、めぐる感じは、とても気持ち良かったです。

 

40分くらいしていると、「あ、もう動ける」と感じました。

 

太極拳やら気功やら、あれこれゆっくり動いてみると、なんとも気持ち良いのです。

 

太極拳の型は、套路といいますが、套路ばかりを繰り返しているよりも、站椿功に時間をかけて、そこで得た感覚を套路に反映させていく方が、「ステージが上がった」という感覚があります。

 

上がった、というよりは、変った、という方がふさわしいかもしれません。「これ、これ!」みたいな感じが、やってくるときがあります。

 

そういう変化は、套路の繰り返し練習から得られないわけではないですが、もっと基本的な站椿功や、地味な動きの気功の練習を繰り返した後に、やってくることが多い気がします。

 

それは、たまらなく楽しい瞬間です。(すっかりオタクな感じではありますが。)いいなあ、これ、とすごく思えます。

 

地味な站椿功を続けるのは、これが、目には見えない深い豊かさをもたらしてくれるからかもしれません。体の使い方も、あり方も、心の持ち様も、あり方も、意識のあり方も、です。

 

そいういうわけで、猛暑は続きますが、わたしの夏バテ期間は底を打ったようです。(といっても、まだ気をつけないと。)

 

8月8日に立秋を迎えました。日中の猛暑は変わらずですが、朝晩は涼しさを感じることもあり、また日中の風も、だいぶ心地よくなりました。

 

日当たりの良い部屋でも、冷房なしではいられなかった数日前に比べたら、窓を開けるだけでも大丈夫です。(環境にも人にもよりますから、必要に応じて冷房はつけてくださいね。)

 

夏バテから脱出できたのは、季節が移り変わったおかげも大きいですね、きっと。

 

猛暑だったり、感情の起伏だったり、きつい環境だったり、生きているといろいろなことが起きますよね。そういうとき、基盤になるもの、帰ってくるところがあることは、大事なことだと思います。

 

自分を取り戻すきっかけになります。取り戻せば、動き始めます。人は自然の一部で、それは変化し続けるものですから。

 

夏バテの人、何か基盤を作りたい人、週末にはそんな方のためのクラスがありますよ。その気になった方、タイミングが合う方は、ぜひどうぞ。

 

8月10日(土)14:00-16:30 「はじめての武当気功

 ひざを守り、体が気持ちよく伸び、楽に力を出すコツがつまった、「撑字訣」という気功を、丁寧にやっていきます。

 詳細とお申込方法は、こちら

 

8月11日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」 

 キツイ、苦しい印象もある站椿功ですが、やさしく立てたら、やさしくなれます。自分にも、他人にも、環境にも。

 詳細とお申込み方法はこちら

 

 

【8月 その他の特別クラス】

8月17日(日)15:00-17:00「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法は、こちら

 

8月18日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」 詳細とお申込み方法はこちら


8月24日(土)15:00-16:30「八郷のやさしい太極拳」 詳細とご申込み方法はこちらつくば近郊の方、ぜひ!

 

8月25日(日)14:00-16:30「ー20歳のカラダ❤ホントにはじめての武当太極拳」 詳細とご申込み方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM