老子のことば:水のように生きると、人びとは、いちばんいいタイミングで活動する

2017.11.23 Thursday

 

この前の日曜日、bouquet(ブーケ)主催の「身体と心のその先へ〜本当の思いに触れに行く太極拳」の、第3回「自然に学ぶ」を開催しました。

 

ブーケ主催の吉川美有紀さん(株式会社LIBERA seeds代表)との協力で生まれたこのプログラムは、前半が”おはなし”、後半が”体験”という構成です。

 

わたしは普段のクラスから、たくさんお話をします。そのために準備するわけではなく、普段の積み重ねから、その場で言葉がでてきます。

 

でもこのプログラムのように、1時間まとめて話すときには、構成を考えます。

 

大枠は決めていますし、早く準備すれば楽なのかもしれませんが、直前に、”これ!”と思った”旬”を活かす方が、好きです。

 

今回は、「老子の話にしよう」という流れになりました。

 

老子は、司馬遷の「史記」の記載によると、紀元前の周の時代の人です。国立図書館の役人をしていたのですが、あるとき、都を出ようと決めます。函谷関(関所)を通ったとき、関守の尹喜(いんき)は「ただものではない」と感じ、「どうか都にとどまってください」とお願いします。固辞する老子に、「ならば、何か書を残してください」と依頼します。こうして一晩で書き上げたものが、81章からなる5,000語の「道徳経」だそうです。日本語では、「老子」というタイトルで出版されていることが多いですね。

 

わたしがお稽古している武当カンフー発祥の地、中国の武当山は、道教の聖地のひとつです。そこで修行する人たちは、この「道徳経」を読み続けています。「読み続れば、いつかはわかると思うから」だと、教えてもらいました。

 

そして2年前、武当山で、今の先生の先生、田理陽師父(武当玄武派第十五代伝人)に5年振りにお会いして、「何か困っていることはないか」と聞いていただいたときにも、「生徒さんにも、老子を読んであげなさい」と言われました。

 

老子「道徳経」の内容は、深く、ちょっと難解です。訳注をいれたものを読んでいるのですが、訳者の思いが入る場合もあり、読み進めていくにつれて、「これは、何を言おうとしているのか」と、すごく考えさせられます。今の自分の状態によって、感じることが変わります。

 

結局は、身の丈にあったものしか、わからないのかもしれません。そこには、良いも悪いもなく、今、感じることでじゅうぶんなのだと思うのです。「読み続けていけば、いつかはわかる」は、そのプロセスが大切だと感じさせてくれます。

 

この日、いくつかお話した中から、”水”に関する章をご紹介します。

 

太極拳には、水のたとえもよく出てきます。水が上から下に流れるように自然に動くことは、大切です。水が岩など障害があっても、難なく避けて、下へ下へと流れていく様子は、争わずとも、自分が行きたいところに行けることを教えてくれます。

 

個人的には、自分の意識と体の使い方で、浮力が効いた水の中にいるような状態になり、膝などに負担がかからないようにできると感じています。老化・けが防止にもなりますし、とっても居心地良いのですよ。地に足がしっかりつきながら、体がふわーん、とするのです。

 

地球の海の割合と、人間の水分の割合が、どちらも7割くらいであることも、何か、感じるものがありますよね。呼応しているのでしょうか。人は、自分の中の水の性質を、もっと思い出してもよいかもしれません。

 

 

第八章 水のように

 

タオの在り方にいちばん近いのは

天と地であり、

タオの働きにいちばん近いのは

水の働きなんだ。

タオの人がすばらしいのは

水のようだというところにある。

水ってのは

すべてのものを生かし、養う。

それでいて争わず、威張りもしない。

人の厭(いや)がる低いところへ、先に立っていく。

水はよほどタオの働きに

近いんだ。

 

タオの人は、自分のいる所を、いつも

善いところと思っている。

心は、深い淵のように静かだ。

つきあう人をみんな善い人だとし、

自分の言うことは

みんなに信じてもらえると考え、

社会にいても

タオの働きの善さを見失わない。

タオの人は、手出しをしないで

あらゆる人たちの能力を十分に発揮させるから、

人びとは

自分のいちばんいいタイミングで活動する。

 

これをひと口でまとめると

争うな、ということだ。

水のように、争わなければ、

誰からも非難をうけないじゃないか。

(「タオ 老子」 加島祥造 筑摩書房)

 

ここで言う「タオ」は、道(中国語でDao)のことです。この本では「大いなるもの」と書かれているところもありますが、「タオの人」と言うときには、老子が「こんな風に生きたい」とした理想の生き方のように捉えると、わかりやすいと思います。

 

 

ブーケのプログラムをやっていて、すごくいいな、好きだな、と思うことがあります。

 

わたしが話している途中でも、参加者さんたちは、思いついたときに「今、思ったのですけれども」と、意見や疑問などを、自由に話してくれるところです。

 

わたしが話を振るわけではなく、事前に「何か質問があったら、途中でも聞いてね」という話もしていないのに、です。

 

これも、”水”のようではありませんか?参加者さんたちも、わたしも。上の言葉を借りるなら、「人びとは 自分のいちばんいいタイミングで活動する」のですよ。

 

わたしは3年くらい前に、「あなたに〇〇と言われてしまうと、『そう思わければ』みたいなプレッシャーがかかる」と言われたことがあります。そんなこともあって「違うんだったら、違うと言っていいよ」と、ひとこと、付け加えるようにしていたことがあります。

 

その頃のわたしは、怖かったですね、きっと。

 

まだ、何から守らねばならぬと思っていたのでしょう。本当は「つきあう人をみんな善い人だとし、自分の言うことはみんなに信じてもらえると考え」なのに、ですよね。

 

そんな変化が、とってもうれしいです。

 

 

 

【次回の「身体と心のその先へ〜本当の思いに触れにいく太極拳」のご案内】

 

12月17日(日)14:00-17:00

 第4回: みんなが知らない太極拳のひみつ4: 陰陽五行にみる 身体と心のつながり

「病は気から」といいます。病気の7〜8割は、ウィルス性のものではなく、心身によるものだそうです。

「怒ると肝臓に負担がかかる」など、心のあり方は体に大きく影響します。体と心の関係を陰陽五行の視点から理解し、

五臓をきれいにする中国古来の養生法、六字訣(ろくじけつ)を体験します。

※女性限定です。

 

 

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 

11月26日(日)14:00-16:30

特別クラス「太極扇を体験してみよう」(自由が丘・九品仏)です。詳細はこちらから

 


太極拳の動画をアップしました

2017.11.22 Wednesday

 

(Photo by Hirohisa Tajima)

 

武当太極拳は、太極拳発祥の地という伝説もある中国の湖北省、武当山で育まれてきた伝統太極拳です。

道教の聖地でもあるこの地で大切にされてきたのは「調和」です。ここで修行する人々は、自身の調和、人と自然、人と人との調和を大切にしています。体と心を大切に扱い、一生をかけて青春を追い求めて寿命を全うしようとします。

武当太極拳は、心身をリラックスさせ、血流を促し、筋肉の緊張を取り、呼吸を安定させ、五臓を育てることにより、体と心を再構築します。

太極拳発祥の地という伝説は、武当山で修行した道士(道教の修行僧)張三豊の話からきています。張三豊は、あるとき庭先で鶴と蛇が争っているのを目撃しました。鶴は羽を広げて旋回しながら円形の動きを取り、蛇はそのしっぽを首の動きに合わせて攻防していました。そのときの鶴の羽ばたく姿と蛇のからみつくように動く形から、柔が剛を制する原理を悟り、太極拳を編み出したと言われています。

 

 

☀武当六十四式太極拳(武当玄武派)

2011年の春、武当山で田理陽師父(武当玄武派第十五代伝人)の演武をはじめて見て、あこがれた太極拳です。2012年から2年かけてゆっくり習い、その後も、感覚の変化を感じながら大切に稽古を続けているものです。この先も、どんな感覚をもたらしてくれるのかも楽しみな、一生かけて育てていきたい太極拳です。

 

 

☀武当十三式太極拳(武当玄武派)

現在、太極拳のグループレッスンの中心にしている套路です。人が天地とつながり、水が高いところから低いところに流れるように自然に動き、陰陽のバランスにより自然に力が発生してくる太極拳を、初心者でも体感しやすい構成になっています。

 

 

☀武当五行六合功(武当玄武派)

武当養生功のひとつで、五つの歩法(下半身)と六つの動き(上半身)の融合です。

 

歩法は、立ち姿勢、前歩き、後ろ歩き、左歩き、右歩き、の五種類、

動きは、1. 随波逐流、2. 平推古磨、3. 立转乾坤、4. 巧云太极、5. 倒插杨柳、6. 来日揽月の六種類です。

 

単純な動きを繰り返しながら、自分の心身を観察し、体の無駄な緊張を取り除き、心を静めていく稽古になります。続けていくことで上下の調和が生まれ、お互いが助け合いながら動くようになります。陰陽バランスや開合昇降の流れの練習にもなるため、太極拳を習う前の基本練習としても重用されています。

 

わたしにとっては、心身の緊張を取ることを教えてくれたもので、今でも大切に稽古している養生功です。

 

 

☀武当太極扇(武当玄武派)

早い動きとゆっくりな動き、緩急のある套路です。扇を一気に開く音は、耳に心地よく響きます。わたしにとっては、扇が体の一部として連動して動くことを教えてくれた套路です。

 

公園など外で稽古していると、中国でも日本でも、見ている人が笑顔になるところも、大好きな套路です。

 

 

☀はじめての武当太極拳(武当玄武派)

初心者でも学びやすくするために、伝統的な武当六十四式太極拳の最初の部分をまとめたオリジナルです。

 

 

☀みんみんカンフー(イメージビデオ)

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


前に進めない躊躇

2017.11.17 Friday

(Photo by Hirohisa Tajima)

 

秋に中国の武当山にお稽古に行っていたとき、先生のお弟子さんのひとりと、「これからどうしていくか」というお話をしました。

 

今は先生に「手伝って」と言われて学校にいるのですが、「先のことはわからない」と。

 

「自分で教え始めようと思わないの?」と聞くと、「中国武術(カンフー)は、中国のものだから、国内は競争が激しい。動画もたくさんあって、みんなあれこれ比べるし、実際に行って『違う』と思えば、すぐ別のところに行く。この中でやっていくのは、難しい」と、言うのです。

 

わたしは、「今すぐ先のことを決める必要はないし、決められないしね。ずっとここにいられて、自分もいたいなら、それもいいし、自分で始める状況になったり、始めたいなら、それもいい。でも、何をするにしても、自分が大切にしたいことだけ、はっきりさせたらいいと思う」と話しました。

 

お弟子さんの躊躇も、わかるなあ、と思うのです。わたしもホームページを開設するとき、すごく躊躇して、なかなかスタートできなかったのです。

 

日本は、武当功夫(カンフー)をする人が少ないこともあり、中国と状況は違います。それでも、「ホームページを出したら、何を言われちゃうんだろう」とか、「上手くいかなかったらどうしよう」とか、「そもそも、そんなにたいした自分ではないし」とか、ごちゃごちゃ出てきて、ずっと足踏み状態でした。

 

そんな状況をある人に話したら、「はっきり言うけど、それ、思い上がりでしょ(笑)。」と一言。「自分が大した人だから、たいしたことをせねばならぬ、と思っているだけだよ。」

 

「たいしたことないし」と言いながら、実は自分が「たいした人である」だと思っている、ということです。とほほ。

 

「たいしたことのないわたしですが、これが好きでやっているの、という気持ちになれたら、すぐにできるよ。」その通りでした。

 

大切にしたいことは、人と比較するようなものではありません。なんでも良いし、変化していっても良いと思っています。

 

大切にしたいことを大事にしているうちに、いつの間にかそれが縛りとなり、苦しくなってくることも、ありますよね。

 

”今、何を大切にしたいのか”は、その都度、その瞬間、自分に確認していくものなのかもしれません。

 

以前、「需要に応えるか、自分が好きなことをやるのか、どちらをするのか」と悩んでいる人がいたのですが、それも自分の選択です。一般論(もしくは大多数)として、「こうする方が、今は良い」という道はあるのかもしれませんが、大抵の場合、その”良い”自体も、一般論や大多数の”良い”でしょう。

 

自分の”良し”は、隣の人の”良し”とは違うでしょう。どれだったら自分はやりたいのか、どれだと苦しくなるのか、そんな自分の状態を見てあげられることが、大切だと感じます。

 

好き・嫌いは、思考を通るものではありません。「〇〇すべきだ」に支配されず、本能に直結した思いです。この好き・嫌いに従えばよい、と、いたってシンプルですが、なかなか難しいこともありますよね。

 

なぜなら、わたしはずっと、自分が何が好きかとか、嫌なのに我慢していることとか、よくわからなかったのです。

 

カンフーを続けてきて、自分の体と心を見て、育て、感覚も育てていくという過程は、少しずつではありますが、わたしに好き・嫌いを感じられる力と、好きなことをする力を、つけてくれたと感じます。

 

人から見て上手くいっていないような状態でも、自分がよければ、それで良しです。

 

人の指紋が人の数だけあるように、好き・嫌いも、人の数だけあっても良いですよね。

 

ついでに言うと、足踏み状態だった時間も、愛しく思えます。あのときの自分は、そうしたかったのでしょう。たいした人になろうとして、それを諦めるまでやり続けたかったのか、モゴモゴと躊躇したかったのか、よくわかりませんが、モゴモゴを諦めたときに、自分の中から、大切にしたい思いが出てきたからです。

 

だから、きっと大丈夫なのです。悩んでいたり、あれこれ手を出しては挫折することが続いたとしても、それはまだ道の途中なのですね。

 

 

 

【11月の特別クラスのご案内】

11月19日(日)14:00-17:00

Bouquet(逗子・葉山)「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第3回:みんなが知らない太極拳ひみつ3 自然に学ぶ)です。詳細とご応募はこちらから。

 

11月26日(日)14:00-16:30

特別クラス「太極扇を体験してみよう」(自由が丘・九品仏)です。詳細はこちらから

 

(武当山、南岩)

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ


あなたは、よくやっている

2017.11.15 Wednesday

 

(2011年の春、武当山。手前が田理陽先生、すぐ右後ろがわたし。首がまっすぐでないところが、まだまだ、笑)

 

数年前、武当山にお稽古に行っていたときに、田理陽先生(武当玄武派第十五代伝人)からときどきかけていただいた言葉が、「あなたは、よくやっている」でした。

 

長めに滞在していたときで、最初の1か月は形意拳の基本の五行拳をしていました。ほかにやりたいものもあり、この先にどうするか悩んで、先生に聞いてみました。「太極扇を習いたい気持ちもあるのだけれども、このまま形意拳を続ける方が良いと思いますか?」と。

 

先生の答えは、「よくやっているし、体もできてきたし、成果も出てきているから、このまま続けるのも良いと思う。でも、太極扇も教えられるし、それも良いよ。自分で決めなさい。」でした。

 

わたしの気持ちは、形意拳を続ける方に傾いたのですが、先生はそれから、太極扇を教える準備を始めました。わたしに教える役の人を選んで、お稽古をつけ始めたのです。

 

結局、滞在期間の最後の10日間で、太極扇を習いました。最終日、先生が「見せてね」とおっしゃって、先生の前で披露することに。ほかの生徒にビデオを撮らせながら、です。

 

1回目は最初と最後が逆向きに終わってしまい(つまり、どこかで間違えています)、2回目は途中が抜けてしまい、3度目でようやくひととおり最後まで到達できた、という、やれやれな出来でしたが、先生は「10日間でこれだけできるようになって、あなたは本当によくやっている」と言ってくださいました。

 

厳しい先生で、ほめて育てるタイプではないようですが、ときおりかけてくださる「あなたは、よくやっている」という言葉に、とても勇気づけられました。

 

今、当時のわたしを振り返るならば、全然なっていないことだらけです。もちろん、先生には見えていたはずです。そんなわたしに「よくやっている」と言葉をかけてくださったことの意味を、今になって、しみじみ感じます。

 

人にはそれぞれ、段階があります。1歩目を踏まずに10歩目に行くのは、無茶です。1歩目も踏んでいない人が、100歩目の人になろうとしても、無理です。

 

1歩目を踏み出した人は次の2歩目、100歩目の人は101歩目と、それぞれの段階で進むだけです。そのペースも、人それぞれだと思うのです。

 

こうしてみると、どの段階にいる人も、今の1歩が大切なことは、同じです。それを大切に踏み出していることが、「よくやっている」ことだと思うのです。

 

お稽古中、わたしはよく、「ちょっとずつ努力する」という表現を使います。例えば、腰を回す準備運動などでも、「ずっとずっと、1ミリずつでも遠くに、という意識を持つ」と、話します。

 

「できた!」とそこに安住するのではなく、ほんのちょっとずつ先に進むのです。それは、すごくよくやっていることなのだと思います。その結果は、参考としてさらっと見ておけばよいのです。

 

どんな結果でも、それが今の自分です。100歩先のほかの人になんてなれませんし、なる必要もありません。

 

途中休憩も、もちろんありです。歩き続けられる人は、いません。

 

今、生徒さんを見ていると、みんなとってもよくやっています。その変化は、自分で気づいていけるものですが、そこに気づく前に迷子になってしまう場合も、ないわけではありません。

 

わたしの役目は、迷子になりそうな人に、ちょっとだけ「次の1歩はここだよ」と見せることと、次の1歩を踏めていたら「よくやっているよ」と声をかけてあげることだけです。

 

みんなちゃんと、自分に必要なものを自分から取りに行く力は、あるのです。

 

だから、みんなちゃんと「よくやっている」のですよ。わたしも、あなたも。そのことにいつも気づけるかどうか、それも大切ですね。

 

 

【11月の特別クラスのご案内】

11月19日(日)14:00-17:00

Bouquet(逗子・葉山)「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第3回:みんなが知らない太極拳ひみつ3 自然に学ぶ)です。詳細とご応募はこちらから。

 

11月26日(日)14:00-16:30

特別クラス「太極扇を体験してみよう」(自由が丘・九品仏)です。詳細はこちらから

 

 

(田理陽先生(右端)のお誕生日。左から2番目、赤いお稽古着で笑っている方が今の先生、明月先生)

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 


大切な指針「自分も、見る人も気持ちよいのが、良い太極拳」

2017.11.12 Sunday

(Photo by Hirohisa Tajima)

 

どのクラスでも、よくする練習として、太極拳の基本功、と呼んでいるものがあります。

 

短くて単純な構成で、太極拳の大切な要素がたくさん入っており、体ものびのび、スペースが広がっていきます。

 

いきなり太極拳の套路(型)を全部覚えるのは大変ですが、これならだいぶハードルは下がります。それでもやっぱり「覚えられない」という声も、よく聞きます。

 

わたしが習う環境とはずいぶん違うので、覚えられないのも無理ないな、と思うのです。

 

わたしが習うときは、中国で、毎日やるのです。一度に10回とか15回、繰り返します。覚えよう、という意志は持ちますが、覚えやすいのは当然ですよね。

 

今日も、「覚えられない」と生徒さんがおっしゃるので、「ビデオを撮りますか?」という話になりました。限られた時間の中で習うときには、こんな工夫も必要です。何よりも、「おうちでやろう」という気持ちを、大切にしたいと思っています。

 

撮り終わった後、「体が伸びていくのを見ていると、一緒に自分も伸びていくよう。」というような感想を話してくださいました。

 

嬉しかったです。

 

太極拳をするときに、いくつか大切にしている指針があります。習う中で、先生からの言葉として聞いたことばかりです。その中のひとつに、”自分も気持ち良く、見ている人も気持ち良いのが、良い太極拳”があります。

 

太極拳には表演と呼ばれるように、人前でショーのように見せるものもあります。大会もあります。

 

一方で、「太極拳は、自分のためにするもので、人に見せるものではない」と言う人もいます。中国にも「本物は、6つの耳で聞くものではない」(「法不传六耳」)ということわざがあり、本当に伝えようとするときは、師匠と弟子の1対1、ふたりきりで部屋にこもり、誰にも見せずにお稽古する、という話もあります。

 

どれがあっているとか、間違っているという話ではなく、自分がどうやっていきたいか、だと思うのです。

 

4-5年前、当時、日本で習っていた先生に、「あなたもそろそろ、自分がどうやっていきたいかを決めるときです。」と言われたことがあります。

 

すぐに答を見つけられるものではありませんが、このときに問いをいただいたことは、とってもありがたいことだったと思います。

 

今のわたしにとっては、先生の言葉でもある、「自分も気持ちよく、見る人も気持ち良いのが、良い太極拳」という言葉が、しっくりきます。

 

太極拳をするときは、内だけに意識をむけるのではなく、外だけに意識をむけるのでもありません。内と外という境界線が、だんだんと曖昧になってくる感覚があります。内を大切にしながら、外にも意識が広がっていく感じです。

 

内と外も含めたいろいろな”バランス”の先に、”ひとつ”、という感覚にもつながります。

 

人に見せるためのものとは言えませんが、外に向かうエネルギーを人に感じてもらわないのは、もったいないと思うのです。これは、言葉とは違う形の、コミュニケーションだと思っています。

 

人はみんな、自分なりの表現をして生きています。わたしは、この表現方法が、好きです。

 

見ている人もそうですが、見ていない人にも、自然界の生きるものすべてに、波動で伝わっていくと思っています。それは、しあわせなことですよね。

 

 

【11月の特別クラスのご案内】

11月19日(日)14:00-17:00

Bouquet(逗子・葉山)「身体とこころのその先へ 〜本当の思いに触れに行く太極拳〜」(第3回:みんなが知らない太極拳ひみつ3 自然に学ぶ)です。詳細とご応募はこちらから。

 

11月26日 14:00〜16:30

特別クラス「太極扇を体験してみよう」(自由が丘・九品仏)です。詳細はこちらから

 

 

☀「陽だまり」とは

ブログタイトル「みんみんの陽だまり太極道日記」の「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると素晴らしく居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、どことなくキリリとした印象もあります。太極拳を通して、こんな時間と空間を創っていきたい、陽だまりにつつまれて暮らす人、心身ともにゆとりある人を増やしたい、と思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

 

 



 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM