手を合わせる

2018.11.09 Friday

 

神社で手を合わせる時間が好きです。

 

毎週のように行くわけではありませんが、ふと「行こうかな」と感じたときに、お参りに行きます。

 

手を合わせるというのは、宗教が違っても、わりと共通ですよね。神社でも、お寺でも、教会でも、そして道観(道教のお寺)でも、形式は違いますが、手は合わせます。

 

小さい頃、わたしはお寺の幼稚園に通っていました。かすかな記憶ですが、ときどきお寺の本堂で、白い小さなお数珠を手に持って、「なむなむ」とお祈りしていたことを覚えています。

 

何もわかっていなかったかもしれませんが、手を合わせること、その形をすること自体が、大切な気がします。

 

両手を合わせることに、何か意味があるのかは、よく知りません。

 

唯一ちょっと知っているのは、神社の参拝方法に関するものです。二礼、二拍手、一礼、と言いますよね。二拍手のとき、右手を左手よりも少し下にする、と言います。

 

「左手は神さま、右手は人。だから最初は人がちょっと下で、二拍手のあと、両手をぴったり合わせることで、神さまと人がひとつになる。」

 

大学生のとき、民俗学の講義の中で教えていただきました。単位稼ぎのために(ごめんなさい)取ったつもりの課目ですが、日本の習慣や風習など、面白いお話も多くて、とってもためになりました。この参拝方法のときも、「へええ」と感激したことを覚えています。

 

わたしのカンフーは武当功夫(カンフー)で、道教の修行者(道士)がするものです。そのため、ご挨拶の手は、道士のお祈りと同じ形です。

 

両手を組んで、親指側、小指側、両方から見たときに、陰陽太極図のような模様ができます。「武器を持っていませんよ」と伝える意図もある、と聞いたことがあります。

 

 

いちおう、女性は右手が上、男性は左手が上、と、男女で違うのですが、中国の先生いわく「そうだけれども、あまり気にすることはない。」そうです。

 

手を合わせることは、それがどんな意味を持つのか、もっと調べることは、できるかもしれません。でも、この動作には、そういう意味以上のものがあるような気がします。

 

たとえば、神道の大祓詞は、ちゃんとストーリーになっています。神主さんにその意味を解説していただいたこともあるのですが、最後におっしゃったことばが、とても印象に残っています。

 

「意味など考えながら、唱えなくてもよろしい」と。

 

人間はとかく、理屈をこねたがる。でも、神様の世界のことなど、人間にはとうていわかるわけがない。神様のことばには、力がある。ああだ、こうだと難しいことを考えるのではなく、とにかくそのまま唱えればよい、というようなお話でした。

 

これ、とってもいいなあ、と思うのです。

 

このくらいの感じでいくほうが、生きやすいのじゃないかしらね。

 

昔から続いている形には、きっと何かがあります。自分の想像をはるかに超えるものなのじゃないかしらね。

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


【特別クラスのご案内】やさしい站椿功

2018.11.06 Tuesday

 

站椿功(たんとうこう)とは、ひたすら”立つ”お稽古です。

 

やればやるほど、活力を与えてくれて、心身ともに健康を促してくれます。

 

心静かに立ち続けていると、日常のあれやこれやの悩み事も、「ま、いいか」と思えるようになります。

 

とはいっても、「腕が痛くて続けられない」とか、「足がしびれてくる」とか、「集中力が持たない」など、苦手意識の強い方もいらっしゃるでしょう。

 

站椿功には、いくつかコツがあります。

 

そしてそれは本当は、とっても人に”やさしい”のです。

 

コツをお話しながら、一緒に体験してみましょう。ひとりでは難しくても、みんなでやれば、できるかもしれません。

 

 

〜こんな方におすすめです〜

 

・站椿功に苦手意識がある方

・やってみたいけれども、二の足を踏み続けている方

・站椿功は、苦行だと思っている方

・楽な站椿功のコツを知りたい方

・体のコリや硬さに悩む方

・階段を登るのがつらい方

・過去の後悔や、将来への心配ばかりしてしまう方

・ソワソワして落ち着きがない方、心の静め方を知りたい方

・中国古来の養生法を、体験したい方

 

 

 

日時:2018年11月24日(土) 15:00−16:30 

   ※14:30に開場します。中国茶をおいれして、お待ちしています。

 

場所:自由が丘・九品仏駅近くの会場(和室)(詳しくは、ご参加の方にお知らせします)

 

内容:・站椿功のおはなし(どんなもの?どんなことが起きるの?站椿功のコツとは?)

    ・体と心を緩める準備体操

    ・実際に、站椿功をやってみましょう

 

服装:ストレッチのきいたパンツと長袖Tシャツ、靴下 

   ※会場でお着替えいただくこともできます。

 

持ち物:飲み物、タオル

 

参加費:1チケット(4回券10000円/9回券20000円、いずれも2か月間有効)もしくは3500円

 

お申込み:minminkungfu☆gmail.com(☆を@にかえてください)あてに、お名前とご連絡先、「やさしい站椿功」に参加希望とお書き添えの上、メールでご連絡ください。

 

教える人:いしい まゆみ(道号:静慧)

太極道家

第4回世界伝統武術大会 太極拳部門 金メダリスト(中国・湖北省)

2008年から毎年、中国の武当山で稽古を重ね、現在は武当玄武派第十六代伝人明月師父のもとで武当功夫(内家拳:太極拳、形意拳、八卦掌)を学んでいる。自身が太極拳を通して学んだもの、すこやかでしなやかな体と心と、そこから生まれる円満な人間関係を広めようと、教室を開催している。

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


自己責任と、おかげさま

2018.10.31 Wednesday

 

自己責任ということば、よく聞きますよね。

 

このことばが広辞苑に掲載されたのは、10年前に発行された第六版なのだそうです。日本人には、比較的あたらしいことばなのですね。

 

他人任せにせず、自分のことは自分でというのは、大筋では、その通りだと思います。

 

わたしの感覚では、自分のことを他人ごととしてとらえない、という方が、ぴったりくる気がします。

 

たとえば、過去に痒疹(ようしん)という皮膚疾患を患っていたとき、最初はブツブツができる皮膚が嫌でした。痒くて眠れないし、何よりも、見た目が美しくないからです。いろいろ、嫌なわけです。

 

今から振り返れば、あの頃は、自分のことを他人として見ていた気がします。”わたし”という他人に向かって、「あなた嫌い。醜いから」みたいな感じです。ひどいですよね。とほほほ。

 

他人だと思っているから、体が「辛い」と訴えても、無視できます。後回しにも、できるわけです。

 

そんな風に”他人ごと”にしてきたと気づいたとき、本気で自分に謝りました。「ごめんなさい。これからは絶対、あなた(わたし)は、わたしが守るから。何があっても優先させるから。」と約束しました。

 

気づきは大きな転機になりましたが、それだけで回復できたわけではありません。お医者さんのアドバイス、お薬、食事、生活環境、などなど、いろいろなものが力になりました。わかりやすいところで食事を例にすると、それを作った農家の方々、そしてその恵みを可能にしてくれた自然まで思うと、ものすごい助けを受けてきたわけです。

 

ありがたいとは、有難いと書きますよね。本当に、その通りだと思います。自分だけでできることなんて、ありません。

 

 

自己責任は、ボディワークを習っているときにも、出てくることがあります。やりすぎないように注意すること、無理しすぎないこと、でしょうか。

 

でも、わたしはこのような場合に、この言葉を使うことが、好きではありません。自分のことは自分で、という方向性を否定したいわけではなく、なんとなく乱暴に使われがちなところが、気になるだけです。

 

なぜなら、未経験の新しい領域に入っていく場合、どんなことが起きるかなんて、わからないからです。わからない人に、自分で責任を取るようにというのは、ちょっぴり乱暴に聞こえます。ちょっぴり、ですよ。でも、結構キツイです。

 

もちろん、指導する側にはわかるのかといえば、他人の体に起きることを全部わかるわけはありません。それでも、自分の体を大切にするのと同じように、他人が自身の体を大切に扱えるように、自分ができることはするという意識は、あります。自分がいる場所で起きたことに、「それは自己責任だから」というのは、ちょと寂しいような気がします。

 

 

自己責任は、英語で言うと、self responsibilityです。responsibilityという言葉は、response=反応する、という言葉からきていますよね。

 

つまり、自分自身で起きることに反応する、対応する、というような感じだと思います。

 

それは責任を持つ、ということになるのかもしれませんが、”責任”というと、ちょっと「あなたの責任でしょ」と他人を責めているような場面を思い浮かべてしまうのは、わたしだけでしょうか。

 

そもそも、誰にも迷惑をかけないで生きている人など、いないはずです。「迷惑かけてないもーん」という方がいらっしゃるとしても、誰のお世話にもなっていない人はいないでしょうし、「お世話になってないもーん」という方がいらっしゃるなら、誰とも関わりなく生きていくことは、人間社会では難しいと思います。

 

人との関わりを持つことは、人を成長させてくれます。自律神経システムの中の腹側迷走神経は、社会的つながりのシステムの神経と言われています。この腹側迷走神経が働くことで、誰かといても、戦ったり逃げたりすることなく、つながることができるのだそうです。そしてこれは、生まれた後、両親や周囲の人との関係の中で、育っていきます。

(参考:「『今ここ』神経系エクササイズ」浅井咲子著 梨の木舎 2017年)

 

 

日本語には、おかげさま、という言葉もありますよね。

 

「おかげさまで、助かりました。」という、わりあい直接的に関係している場合にも使いますが、「おかげさまで、元気にしております」など、聞いてくださってありがとう、ということ以外、それほど直接的な関係はないときにも使います。

 

それでも、おかげさま、なのですよ。

 

「おかげさまで」と、卑下することなく、偉ぶることなく、生きていきたいと、思います。

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)


緩めていけば、自然にあるべき状態になる

2018.10.29 Monday

 

太極拳を続けてきて、よく思うことのひとつは、「自然に”そうなる”ことを、形で真似してしまうことがある」ことです。

 

そうではなく、ただ無駄な緊張を緩め続けていけば、そのうち自然に、あるべき状態になっていきます。

 

例として、足指、呼吸を、あげてみます。

 

 

≪足指≫

太極拳の練習で「足指で地面を掴む」と習った方も、少なくないのではないでしょうか?

 

足指の裏(地面につくところ)に掴む力があれば、自然と掴む力が生まれます。

 

でも現代の人、特に都会で暮らす多くの人は、足指に掴む力などありません。その状態で足指で掴もうとすると、足が緊張します。つまり、無駄な力が入ります。

 

紛らわしいのは、キュッと掴むと、膝はグラグラしなくなります。一見よさそうに見えますが、これは緊張させて固めているだけです。この固さは氷のようにもろく、大きな力がかかれば砕けます。

 

積極的に掴もうとする前に、まずはほぐすことを心がけます。気づいていないかもしれませんが、靴に保護されて、足裏は関節があることも忘れてしまった状態になりがちです。足指を伸ばしたり、ほぐしたりして、バラバラに動くようにしていきます。

 

わたしは、これを続けていたら「掴むとは、このことだ」と、実感できた経験があります。掴もうとしたわけではなく、足指が自然に「くっ」と地面を掴んだのです。中国にいるときに先生が「足で掴むときは、ちょっとね」と言っていたことも、腑に落ちました。

 

掴みに行くのではなく、自然と生まれる掴む力だけで十分です。それ以上は、緊張させてしまいます。

 

 

≪呼吸≫

「太極拳の呼吸は、逆腹式呼吸を使う」と言われることがあります。

 

普通の腹式呼吸(順の腹式呼吸)は、吸うときにお腹が膨らんで、吐くとお腹がへこみます。逆腹式呼吸は、吸うときにお腹がへこみ、吐くときにお腹が膨らみます。

 

順の腹式呼吸は、肺の下部を広げるために効果があり、逆腹式呼吸は肺の後ろ側や側面が大きく広がるのだそうです。

 

この順と逆の腹式呼吸を合わせると、次のようになります。

 

息を吸うとお腹が膨らむ(順)→腹部がへこむ(逆:内臓が引きあがる)→息を止めると、持ち上げた内臓が下がって腹部が膨れる(逆)→息を吐くとお腹がへこむ(順)。

 

もしかしたら、これを形から入って修得していくやり方も、あるのかもしれません。

 

ですが、お腹をわざと膨らませれば、腹筋運動をしているだけで、腹式呼吸にならないこともあります。腹式呼吸とは、空気が肺に入り、緩んでいる横隔膜が下に押されて、お腹が自然に膨らむものだからです。膨らませると、膨らむ、の違いですね。

 

さらに、わざと膨らませたり、へこませたりすると、緊張を促します。

 

こんな理由で、逆腹式呼吸を積極的に取り入れようとはしてきませんでした。

 

ただ、ある中国の先生のお腹と背中を触ってみたとき、背中とお腹が龍のようにうねり、上記のような順と逆を合わせたような、複雑な動きだったことは、覚えています。

 

そして、呼吸を吸ったあと、吐く前に少し「止める」のは、7年前、中国で六字訣を習ったときに経験していました。でも当時は、息を止めると、苦しくなっていた気がします。そのため自分で練習するときには、さほど気にしませんでした。

 

変化に気づいたのは、今年に入ってからです。站椿功をしているとき、「息が長くなったな」と気づきました。よく観察してみると、自然と、順と逆を合わせた形になっていました。

 

大きな動きではなく、ささやかですが、それがきっと、今のわたしの体や状態にふさわしいものなのでしょう。

 

呼吸については、先月、武当山にお稽古に行ったとき、站椿功のやり方の話の中で、先生がこんな話をしていました。「站椿功は、まず体を整え、次に心を整える。そうしたら、呼吸は自然になる。眠るときに、どうやって呼吸しよう、とか考えないでしょう?呼吸とは、自然に行うものだから。」

(参考:武当山日記:站椿功がもたらす「喜悦」(2018年9月26日)/  太極拳と呼吸(2018年10月19日))

 

老子の教えの中に、「無為自然」があります。何も為さなければ、自ずと然り、自然になる、というものです。この何も為さない、という理解は、じっとしているということではありません。「動かない」というのも、作為的、つまり為していることになるからです。

 

この無為自然を、太極拳に当てはめてみると、自分の心身の無駄な緊張を取ることが、ひとつの大事なポイントだと思います。

 

緊張に対しては、無自覚にしていることがほとんどです。気づいて緩めていく方法を学ぶことは、大切です。それが太極拳のお稽古でも、あります。

 

あくまでもわたしの経験に基づいたものですが、「足指で地面を掴む」とか、「呼吸は逆腹式呼吸を使う」は、結果として生じるもので、いわば枝葉です。根を張って幹を伸ばす前に、枝葉を目指すのは、無理が生じないでしょうか?

 

足指で地面を掴むことも、逆腹式呼吸を使うことも、その通りだと思います。でも、その前に、緊張をほぐすことの方が大切だと思うのです。

 

無駄な力が抜ければ、”自然と”、それはやってきます。焦らず、のんびり、そのときを待ってみるのも、いいのではないかしらね。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


11月のお稽古

2018.10.25 Thursday

 

2018年11月の「みんみんカンフー」お稽古予定です。どなたでも、どのクラスでもご参加いただけます。

 

お申込みは、minminkungfu★gmail.com(★を@に変えてください)、もしくは口頭やFBメッセージでお願いします。FBイベントがあるものは、参加ボタンを押していただいてもOKです。

 

※※※10月のお稽古予定は、こちらです※※※

 

 

【2018年11月】

 

 

 

 

 

 

7:30 吉祥寺
 19:30 九品仏

2

 

310:00 青空

 

4 10:00 青空

☆14:00 太極扇

5

 

6

 

19:00 
池尻大橋

7:30 吉祥寺
 19:30 九品仏

9

 

10 10:00自由が丘

   (シェア奥沢)

11 

 

12
 
13
 

14

 

15 7:30 吉祥寺
 19:30 九品仏
16
 

17 10:00自由が丘

   (シェア奥沢)

18 10:00 青空

19

 

20
 

2119:00 
池尻大橋

227:30 吉祥寺
 19:30 九品仏
23
 

2410:00 青空

 ☆15:00 站椿功

25 ☆13:00

      香取市

26

 

27

 

28

 

297:30 吉祥寺
 19:30 九品仏

30

 

 

☆は特別クラスです。

 

 

...............................................

【クラスのご紹介】

☀「体と心が目覚める太極拳」

シェア奥沢(自由が丘)原則、第2・3土曜日の午前中             

 

☀「青空太極拳教室」(代々木公園):屋外。土日の午前中(不定期)

 

☀「太極拳 基本功」(自由が丘・九品仏):毎週木曜日 夜 

 

☀「朝の青空太極拳」(吉祥寺):毎週木曜日 朝 

 

≪太極拳以外のクラス ≫

☀「タオを生きることば」(池尻大橋):水曜日(月2回) ※老子「道徳経」を1章ずつ読みながら、タオのあり方を体感していきます。後半は体を動かしますが、お着替えいただく必要はありません。

 

 

【10月の特別クラス】

11月  4日(日)14:00-16:30は「太極扇を体験しよう(第15回)」です。詳細とご応募方法はこちらから。

11月24日(土)15:00-16:30は「やさしい站椿功」です。詳細とご応募方法はこちらから。

11月25日(日)13:00-15:00は「麗屋 弘鈴庵の『立って、歩いて、太極拳」千葉県香取市・月1回開催)です。詳しくはこちら

 

 

※個人レッスンもお受けしています。1時間半、10,000円)。

 (武当64式太極拳、武当64式太極剣、武当太極扇、武当逍遥掌、形意拳、気功などのほか、体や膝に負担のかからない立ち方・歩き方も指導します。詳しくはご相談ください。)

 

...............................................

 

 

【お稽古内容】

「体と心が目覚める太極拳」のお稽古の中心は、十三式太極拳(武当玄武派)です。太極発祥の地とも言われている道教の聖地、武当山(湖北省)で伝えられてきた伝統太極拳で、水が流れるように自然に動き、陰陽のバランスで力が生まれてくる、”太極拳のひみつ”がギュッと詰まっています。円を描いてしなやかに伸びる動きが美しく、初心者でも経験者でも、また年齢を問わず、おすすめです。そのほか、天地とつながる立ち方、歩法、呼吸法、太極拳の基本となる気功なども、お稽古します。

 

※「青空太極拳教室」は、太極拳のほかに、蹴りの練習などを加えます。

※「太極拳基本功」は、太極拳はせず、站椿功(立禅)、太極歩、気功、瞑想など、基本の動きを丁寧にお稽古します。

※「タオを生きることば」は、おはなしと体感する時間があります。軽く動きますが、お着替えいただかなくても大丈夫です。

 

 

【お稽古時間とお稽古代】※朝活太極拳(吉祥寺)、特別クラスを除く

いずれも1時間半、回数券1回分(4回10,000円/9回20,000円、いずれも2か月間有効)、現金の場合は3,500円。

 

 

【服装】

動きやすい服装でお越しください(長袖Tシャツ、ストレッチのきいたトレーニングパンツ、靴下、底の浅い靴)

※シェア奥沢(自由が丘)は、靴下でもできます。

※九品仏は和室ですので、靴は不要です。

 

詳細は、下記をご参照ください。

 


...............................................

☀「体と心が目覚める太極拳」

 

【土曜開催】10:00-11:30 

11月 10日(土):シェア奥沢 (自由が丘)Facebookイベントページはこちら

11月 17日(土):シェア奥沢 (自由が丘)Facebookイベントページはこちら

※シェア奥沢は15分前開場、終了後にお茶の時間があります。

 

≪シェア奥沢≫(自由が丘)

※シェア奥沢は、映画、食事、音楽、絵画など共通の”好きなこと”に人が集う、あたたかい触れ合いのある場所です。

自由が丘駅南口改札を出て、左に進み、突き当りを右に曲がります。この通りが自由通りです。緑道を越え、世田谷区の看板を過ぎると、左に入る道があります。ここを左に曲がるとき、目印として右手に赤いアルソアの看板があります。道なりを進み、3つ目の十字路の右奥の民家が、シェア奥沢です。

 

(シェア奥沢)

 

..

.............................................

☀「青空太極拳教室」(代々木公園)

青空の下、風や木々の香りを感じながらの太極拳です。中国でも、早朝から公園で太極拳をする姿がたくさん見られます。屋外のメリットを活かして、しっかりした体づくりのための蹴りの練習などもあります。

 

【週末クラス】10:00-11:30  

     11月   3日  (土

       11月   4日  (日) 

         11月 18日  (日)  

         11月 24日  (土

※雨天の場合は、静かにお休みです。ご参加予定者には、朝8時をめどに個別にご連絡します。

※寒くなってきましたので、暖かいお支度(ダウン、マフラー、手袋、帽子など)でお越しください。

 

場所:代々木公園 ※待ち合わせ場所は、南門です。初めての方は、開始10分前にお越しください。南門から入って、梅の園、丘の広場の前あたりでお稽古します。

 

   

...............................................

☀「太極拳 基本功」(自由が丘/九品仏)

広々とした和室で、基本功を丁寧に練習するクラスです。站椿功、太極歩、武当五行六合功、六字訣、呼吸法、瞑想など。

(クラスについて、詳しくはこちら

 

日時:毎週木曜日 19:30-21:00 (11月1, 8, 15, 22, 29日)

   ※19時から中国茶をご用意してお待ちしています。

 

場所:九品仏駅近くの和室 ※九品仏駅徒歩2分、自由が丘駅徒歩9分 (詳しくはご参加の方にお知らせします)

 

 

 

☀「朝の青空太極拳」(吉祥寺の公園)

ちょっと早起きして、ゆったり呼吸してゆっくり動き、全身を目覚めさせます。心と体を整え、1日をさわやかにはじめましょう。

 

日時:毎週木曜日 7:30-8:30  (11月1, 8, 15, 22, 29日)

   ※屋外での開催です。雨天の場合、静かにお休みです。

 

場所:吉祥寺駅付近の公園(詳しくは、ご参加希望の方にお知らせします)

 

料金:1回1,500円(特別価格)

 

 

 

☀タオを生きることば 

2,000年以上前に書かれた「老子(道徳経)」は、武当功夫をする人たちを含むタオイスト(道士)の間でも大切にされており、修行者たちは「読み続ければ、いつかはわかる」と信じています。そこには、しあわせに生きるヒントがたくさんつまっています。

 

毎回1〜2章ずつ取り上げます。前半はお話と対話、後半は体感できるようなワークを、太極拳・気功・基本功・瞑想から選んでやってみます。(※お着替えいただく必要はありません。)

 

日時:11月  7日(水)19:00-20:30   第17章

   11月21日(水)19:00-20:30   第18章        ※開場は18:45です。

 

場所:池尻大橋駅近くの和室 ※池尻大橋駅から徒歩約7分 (詳しくはご参加の方にお知らせします)

 

 

みなさまのご参加をお待ちしています^^

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM