繊細なバランス

2019.08.22 Thursday

 

(武当山)

 

撑字訣という気功をしていると、バランスとは、とても繊細なのだと、気づかされます。

 

撑字訣は、太極拳と同じように、てこの原理で動きが生まれて、力が発せられます。

 

てこの原理は、”下(陰)に押せば、自然と上(陽)に持ち上がる”です。道具の場合、片方を下に押せば、もう片方が上に上がるように、シンプルです。道具は、余計なことを考えたり、したりしませんから、素直に反応します。

 

人の場合は、ちょっと違います。考えたり、体に緊張があったり(=部分で動いたり)と、”余計なこと”をやってしまいがちです。さらに、それに気づいていないことが、ほとんどではないでしょうか。

 

陰陽の組み合わせは、体の動きで言うなら、次の2つです。

 ≪陰≫    ≪陽≫

 下  ↔ 上

 引く ↔ 進む  

 

てこは、陰から動かせば、陽は自然に発生します。

 

そのとおりなのですが、それがシンプルに素直に働くためには、体に余計な緊張がないこと、陰と陽のバランスが取れる形が取れていることが、大切です。

 

撑字訣は、まっすぐ立つことから始めます。

 

縦に伸びる力、例えるなら、上下にバネが効いている体にしてから、両手を腿の前に置き、手根(手のひらの下の方)で下に押します。縦に伸びる力が、さらに強まります。

 

縦に伸びる力を保ちながら、命門(おへその裏側、背中側)を後ろにひっぱり(=陰)、それとバランスを取るように手のひらを前に押していきます(=陽)。

 

このときの、命門と手のひらのバランスは、とても繊細です。ちょっとしたことで崩れます。その繊細さを体験できることが、この撑字訣の良いところでもあります。

 

よくあるパターンとして、後ろにひっくり返りそうになったり、足のつま先が上がりそうになります。これは手のひらを前にしっかり押していないからです。手をしっかり押していないとバランスが成り立つ形になりません。

 

体に緊張がある場合、例えば、肩に力を入れていたり、腕の筋力だけでやろうとすると(これも肩が固まります)、肩が苦しかったり、痛くなります。これもバランスが成り立っていません。

 

バランスが取れていれば、肩は、命門と手のひらの間の通過点に過ぎないので、詰まるのではなく、むしろ広がっていきます。

 

”陰を作れば、陽は自然に発生する”、とは、体に無駄な緊張がない状態で、陰を作って、それとバランスが取れる陽の方向に動く形が成り立っていれば、陽は力を伴って発生する(腕が上がるときに力がある)、というほうが正しいかもしれません。

 

わたしにとって太極拳とは、感覚を育てていくものだと感じています。

 

それは、いま何が起きているかをとらえて、体が即座に対応していく力です。

 

鍛錬の成果は、その「捉える→反応する」の細かさに、現れるような気がします。

 

たとえば上記の”腕が上がっていく(命門が後ろに引かれて、腕が上がる)”動作で見ると、初心者は、それを「1」と捉えるのに対し、鍛錬を積んでいる人は、もっと細かく、3とか、5とか、10とか、20とか100に分けて、捉えられるようになる気がします。

 

「いま、この瞬間」を、まさに瞬間ごとに捉えていくような感じです。それが細かくできるほど、バランスを崩す確率は低くなるのではないでしょうか。

 

太極拳にしても気功にしても、反復練習で動作が上手くなるのではありません。この瞬間をとらえる感覚が育つことによって、「その瞬間、その場」に対応する力が育つだけだと思っています。

 

ですから何度練習しても、常に”今”しかありません。これは「今を生きる」を体感で理解するために、役に立つのではないかしら。

 

もうひとつ、バランスは繊細ですから、簡単に崩れます。

 

こういうとき、「崩してはいけない」と思いすぎると、自分を追いつめてしまいかねません。「してはいけない」とか、「絶対に」とか言うと、体に力が入ってしまいませんか?絶対、というのは、不自然なのではないでしょうか。「とれたらいい」くらいだと、力まないですみます。

 

常に変っていくことが自然であるこの世では、絶対というのは、ないのかもしれません。

 

先日、ライオンキングを観ていたら、”微妙なバランス(Delicate balance)”という表現が出てきました。

 

ライオンは草食動物のアンテロープを食べます。ライオンが死ねば土に還り、それを栄養にして育った草を、アンテロープは食べて生きます。それを、”生命の環(Circle of life)”と言っていました。

 

それが循環していくためには、微妙なバランスが大切で、例えばライオンが、生きるため以上に他の動物を食べきってしまうと、生命の環は成り立たなくなってしまいます。

 

現実には、すでに生命の環は成り立っておらず、崩れているのだという指摘もあるようです。

 

それでも、やりすぎないという、この微妙なバランスを体験していくことは、意味があるのではないかな、と思っています。

 

それを自分の体で、数秒間の間に体験できて、やればやるほど、感じることも多くなるのは、撑字訣、やるじゃないか、と思います。

 

ここで「どんな意味があるの?」と聞きたくなった方、考えすぎかもしれません。やってみないと、わかりませんよ。

 

(映画「ライオンキング」のパンフレットから)

 

 

☀☀☀次回の「はじめての武当気功:撑字訣」は、9月14日(土)14:00-16:30です。詳細とお申込みは、こちら☀☀☀

 

 

【これからの特別クラス】
 
8月24日(土)15:00-16:30 「八郷のやさしい太極拳」  詳細とご申込み方法はこちら。つくば近郊の方、ぜひ! 

 

8月25日(日)14:00-16:30「ー20歳のカラダ❤ホントにはじめての武当太極拳」 詳細とご申込み方法はこちら

 

9月  8日(日)14:00-16:30「やさしい站椿功」 詳細とお申込方法は、こちら

 

9月15日(日)14:00-16:30「たのしい太極扇」 詳細とお申込方法は、こちら

 

9月22日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法は、こちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)

 


特別クラス:はじめての武当気功 9/14(土)

2019.08.22 Thursday

 

気功を体験してみませんか?

 

やってみるのは、撑字訣(チェンズジュエ)です。

 

これは、わたしが習っている武当功夫(中国 湖北省 武当山で、道教の修行者に伝わっている内家拳。太極拳、八卦掌、形意拳、気功があります)で、初めての方に、まず体験してもらう気功でもあります。

 

みんみんカンフーの通常のクラスでも取り入れていますし、わたしも日々のお稽古の一部としてやっているものです。

 

型は、とてもシンプルです。

 

体が伸びて気持ち良いですし、日々続ければ、無理なくほぐれ、柔かくなってきます。

 

当功夫が大切にしている「膝に負担のかからない体の使い方」も、じっくり学べます。

 

日本で太極拳をしている人のうち、3分の1くらいの方が膝を壊すとも言われています。これは中国でも同じです。「健康になろうと思って気功や太極拳をやったのに、膝を壊してしまった」という話も、聞きます。

 

養生のためには、膝に負担がかからない体の使い方を修得していくことが大切です。

 

この気功には、てこの原理で楽に力を出す方法や、緊張を作らないコツなど、太極拳などをするための基本的な要素もたくさん入っています。これから太極拳をしたい方、太極拳をやっているけれども、ちょっと壁に当たっている方などにも、おすすめです。

 

「撑」とは、伸びるという意味です。気功や站椿功、太極拳の力の出かたを表現する言葉のひとつ、「力撑八面」にも使われています。

 

「力撑八面」とは、力が四方八方に伸びる・広がる、という意味で、イメージは膨らんでいく風船です。力が全方向に広がるため、どこから押されても倒れにくい体になります。

 

撑字訣は、文字どおり、体が伸びていきます。無理やり伸ばすのではなく、関節の隙間が開いて、体が開いていく感じです。

 

体が伸びてスペースが生まれれば、めぐりも良くなります。血がめぐれば、体温もあがります。体温があることは、生命力があることでもあります。

 

緊張もとれて、体もほぐれやすくなります。初心者はもちろん、経験者でも、日々、自分の心身を調整するためにも、お勧めの気功です。

 

はじめての方も、体が硬くても、ふだん体を動かす習慣がなくても、大丈夫です。

もちろん、太極拳や気功の経験者も、大歓迎です。

 

みなさまのご参加、お待ちしています。

 

☀☀☀こんな方におすすめです☀☀☀

・気功をやってみたい方

・運動は苦手だけれど、気持ちよく体をほぐしたい方

・体が硬いと悩んでいる方

・膝を壊さない体の使い方を知りたい方(経験者、未経験者とも)

・筋力頼りではなく、楽に大きな力を出すコツを知りたい方

・太極拳のお稽古に行き詰まりを感じている方
 

 

.................................................................................................................

 

日時:9月14日(土)14:00-16:30 (13:45開場)

 

場所:池尻大橋駅近くの会場※詳しくはお申込みいただいた方にお知らせします。   

 

内容:・体をほぐす準備体操

    ・気功 撑字訣(チェンズジュエ)
 

費用:5000円 ※当日、お支払ください。

 

服装と持ち物:ストレッチのきいたパンツ、Tシャツ、靴下、室内履き(なくても大丈夫です)、タオル、飲み物

    ※更衣室もあります。

 

お申込み方法:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)あてに、お名前、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)をメールでお送りください。口頭やメッセージなどで、直接お申込みいただくことも可能です。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)

 


特別クラス:たのしい太極扇  9/15(日)・10/20(日)

2019.08.22 Thursday

 

太極拳には、剣や扇など、武器を使うものもあります。

 

武当太極扇をはじめて習ったのは2011年です。手を使わず、丹田で扇を開くことからはじまり、扇と全身が一体となって動くことを体感させてくれた、思い入れのあるものです。

 

武当太極扇は、ゆっくりした動き(陰)と早い動き(陽)が交互にやってきます。くるくる回る、しなやかな動きは人目を引き、扇を開く音も耳に心地よく、見る人を笑顔にします。

 

この武当太極扇のクラスを開催します。扇の基本的な使い方と、套路(太極拳の一連の型)を順次、練習していきます。

 

これまでは「太極扇を体験しよう!」でしたが、続けてくださる方もいらっしゃいますので、今回から「たのしい太極扇」に名称を変更します。なぜなら、楽しいのですもの。

 

太極拳・太極扇がはじめての方も、すでに扇をお稽古されている方も、大歓迎です。(これまでに参加された方、はじめての方、どちらでもご参加いただけます。)

 

※みんみんカンフーの通常クラスに参加されていない方は、太極扇の套路の練習の他に、基本練習を入れる場合もあります。

 

 

☀日時:第25回:   9月15日(日)14:00-16:30 (13:30開場)会場:京王井の頭線 池ノ上駅近くの会場

    第26回: 10月20日(日)14:00-16:30 (13:30開場)会場:東急田園都市線 池尻大橋駅近くの会場

    ※会場の詳細は、お申込みいただいた方にお知らせします)    

 

☀内容:武当太極扇 体験クラス

   ・扇の開き方、基本の扱い方

   ・武当太極扇の套路の練習

 

☀費用:4,000円(チケットご利用の方は、1チケット+1500円でもご参加いただけます)

    ※当日、お支払ください。

 

☀服装と持ち物:ストレッチのきいたパンツ、Tシャツ(長袖、半袖)、靴下(和室ですので、靴は不要です)、

    太極拳用の扇、タオル、飲み物

    ※お着替えいただけるスペースもあります。

    ※扇の貸し出し(おひとり500円)もあります。数には限りがあります。ご希望の方は、お申込み時にお知らせください。

 

☀お申込み方法:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)あてに、お名前、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)をメールでお送りください。口頭やメッセージなどで、直接お申込みいただくことも可能です。

 

 

【こんな方におすすめです】

・太極扇をやってみたい方

・扇を開くとき、バラバラと音が出てしまう方

・手で扇を開いてしまう方

・体と扇の一体感が感じられない方

 

 

みなさまのご参加、お待ちしています。

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


特別クラス:はじめての形意拳 (9/22)

2019.08.22 Thursday

 

形意拳とは、内家拳である武当功夫(太極拳、形意拳、八卦掌)のひとつです。

 

見た目にはハードで、直線的に進み、打法も早いスピードで繰り出されます。これは、「勁」を学ぶために、体得するために有効です。

 

「勁」とは、中国武術特有の用語で、ざっくり言うと「力」とも言えるのですが、一般に思う「力」とは異なります。

 

「力」とは、もともとの筋力、そして筋力強化のトレーニングによって生み出されるもので、

「勁」とは、全身の合理的な協調運動によって生み出される力、少ない労力で合理的、かつ最大限に発揮する力、です。

 

形意拳を習いたてのころは、「力づく」でやろうとしがちです。でも力むと緊張が生まれるため、スピードも遅くなり、威力も出ません。そもそも、体が持ちません。「これでは、やっていられない、どうにかしないと」と、だんだん無駄な力みに気づいては抜いて、を繰り返していきます。

 

そのうち、少しずつコツがつかめてきて、楽に動けるようになってきます。

 

形意拳の練習は、太極拳にも役立ちます。このふたつは、次のように対比されることがあるのです。

 

太極拳は、見た目には柔らかいけれども、中身は強く、

形意拳は、見た目にはハードだけれども、中身は柔らかい。

 

太極拳は、見た目がゆっくりで柔かいためか、中の強さがないまま、練習されている場合が見受けられます。また、中の強さがないために、外側が緊張して硬くなる場合もあるようです。

 

形意拳を、体の内側が柔かいまま、スピードのある直線的な強い動きができるようになると、

太極拳は、体の内に強さを持ち、見た目はゆったり柔かい動きができるようになります。

 

さらには、形意拳の体の使い方は、中国語で「阻力」という、武当功夫特有の力の出し方の練習にもなります。「阻力」とは、直訳するなら抵抗力ですが、わたしの感覚では、反発力です。

 

形意拳には、三体式という站椿功(静功)、基本の五行拳、そして12の動物の形の套路があります。このクラスでは、基本の五行拳のひとつと、三体式、そして基本の歩法を練習していきます。

 

初心者でも、経験者でも、どなたでも大歓迎です。みなさまのご参加、お待ちしています。

 

【こんな方におすすめです】

・形意拳やってみたい方

・太極拳の練習に行き詰っている方

・爆発力のような力の出し方に、触れてみたい方

・体の緊張やこわばりに悩んでいる方

・体をスパッと動かして、すっきりしたい方

・しなやかで強い体に憧れる方

 

≪参考ブログ≫

※形意拳に関するブログは、こちらから(太極十年不出門、形意一年打死人)

※今年の5月に武当山にお稽古に行ったとき、早朝の練習は形意拳でした。そのお話は、こちらから。

 

 

☀日時:9月22日(日)14:30-16:30

 

☀会場:東急田園都市線 池尻大橋駅から 徒歩約7分(詳細は申し込まれた方にお知らせします)

 

☀内容:形意拳の基本クラス

   ・三体式(形意拳の基本練習・站椿功)

   ・劈拳(ピーチュアン)(五行拳のひとつ)

   ・歩法 など

 

☀費用:4,000円(チケットご利用の方は、1チケット+1500円でもご参加いただけます)

    ※当日、お支払ください。

 

☀服装と持ち物:ストレッチのきいたパンツ、Tシャツ(長袖、半袖)、靴下、室内履き、タオル、飲み物

    ※お着替えいただけるスペースもあります。

 

☀お申込み方法:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)あてに、お名前、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)をメールでお送りください。口頭やメッセージなどで、直接お申込みいただくことも可能です。

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

日々の好きなものを投稿するInstagram:Instagram(@mayuminmin927)


【特別クラス】 9/8 (日)・10/13(日) やさしい站椿功:しあわせを呼ぶ7つのステップ 

2019.08.22 Thursday

 

站椿功(たんとうこう)とは、ひたすら”立つ”お稽古です。

 

やればやるほど、活力を与えてくれて、心身ともに健康を促してくれます。

 

心静かに立ち続けていると、日常のあれやこれやの悩み事も、「ま、いいか」と思えるようになります。

 

とはいっても、「腕が痛くて続けられない」とか、「足がしびれてくる」とか、「集中力が持たない」など、苦手意識の強い方もいらっしゃるでしょう。

 

站椿功には、いくつかコツがあります。それを7つのステップでお伝えしていきます。

 

立つこと、站椿功は、本当はとっても人に”やさしい”のです。

このクラスに参加された方は、終了時、とってもしあわせそうに、柔かい笑顔を見せてくださいます。

 

こんな風にたてたら、毎日がとってもしあわせになるのではないでしょうか?

 

コツをお話しながら、一緒に体験してみましょう。ひとりでは難しくても、みんなでやれば、できるかもしれません。

 

これまでに参加された方も、はじめての方も、ぜひどうぞ。

 

※10月の開催は、10月13日(日)14:00−16:30、池尻大橋駅近くの会場です。

 

 

※第1回目の様子は、こちらから→「やさしい站椿功」を、初開催しました。

 

※第2回目の様子は、こちらから→「やさしく立てたら、やさしくなれる:やさしい站椿功」

 

 

〜こんな方におすすめです〜

 

・站椿功に苦手意識がある方

・やってみたいけれども、二の足を踏み続けている方

・站椿功は、苦行だと思っている方

・楽な立ち方のコツを知りたい方

・体のコリや硬さに悩む方

・階段を登るのがつらい方

・過去の後悔や、将来への心配ばかりしてしまう方

・ソワソワして落ち着きがない方、心の静め方を知りたい方

・中国古来の養生法を、体験したい方

・しあわせを感じたい方

 

......................................................................

 

やさしい站椿功: しあわせを呼ぶ7つのステップ

 

日時:2019年9月8日(日) 14:00−16:30 

   ※15分前に開場します。中国茶をおいれして、お待ちしています。

 

場所:東急田園都市線 池尻大橋駅から徒歩約7分 (和室)※詳細はお申込みくださった方にお知らせします。

 

内容:・站椿功のおはなし(どんなもの?どんなことが起きるの?站椿功のコツとは?)

    ・体と心を緩める準備体操

    ・実際に、站椿功をやってみましょう

 

服装:ストレッチのきいたパンツと長袖Tシャツ、靴下 

   ※会場でお着替えいただくこともできます。

 

持ち物:飲み物、タオル

 

参加費:4000円(チケットをお持ちの方は、1回分+1500円)

 

お申込み:minminkungfu☆gmail.com(☆を@にかえてください)あてに、お名前とご連絡先、「やさしい站椿功」に参加希望とお書き添えの上、メールでご連絡ください。

 

教える人:いしい まゆみ(道号:静慧)

太極道家

第4回世界伝統武術大会 太極拳部門 金メダリスト(中国・湖北省)

2008年から毎年、中国の武当山で稽古を重ね、現在は武当玄武派第十六代伝人明月師父のもとで武当功夫(内家拳:太極拳、形意拳、八卦掌)を学んでいる。自身が太極拳を通して学んだもの、すこやかでしなやかな体と心と、そこから生まれる円満な人間関係を広めようと、教室を開催している。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM