コップに半分はいった水

2019.12.05 Thursday

 

「コップに半分はいった水を見て、『半分しかない』と見るか、『半分も入っている』と見るか」

 

よく聞くたとえ話ですよね。

 

無い部分を見て嘆くのではなく、ある部分を大切にしようという考えは、ある状況、たとえば自分に厳しすぎる人には、効くと思います。

 

でも、この解釈を聞くと、「うん?ちょっと待て?」と思うのです。

 

なぜ空っぽの部分を嘆く必要があるのだろうか、と。

 

違う見方をすれば、それは余力で、可能性だからです。

 

器は、空洞があるから役に立ちます。全部埋められていたら、モノを入れるという素敵な展開は起こりません。

 

満たされていないところがあるからこそ、「まだまだできることがある」というのも、自分に力を与えてくれる解釈だと思います。

 

でもさらに、そもそも「なぜキミはコップという枠を指定するのだ?」と思ってしまいます。

 

それは完成を想定しているのではないでしょうか?

 

それも、人の能力や可能性を、頭打ちにしていることにならないかしら。

 

「大器晩成」という言葉があります。老子「道徳経」の第41章に出てくることばです。

 

ゆっくり成長する人や、大物は遅れてやってくる、みたいなときに使われますよね。

 

実は、「道徳経」には原本とされるものがいくつかあり、別の原本では「大器免成」と書かれているのです。

 

「大器晩成」は、7世紀、唐の時代に道教の布教の一環として、各地に建てられた石碑に彫られていたものです。長い間、これが原本とされてきました。

 

20世紀に入って、それとは別に、絹にかかれた原本らしきものが発見されました。大部分は同じですが、ところどころ、漢字が違っていたり、単語が抜けたり、あったりしたりと、違いがあります。こちらに「大器免成」と書かれていたそうです。

 

「大器免成」となると、大きな器は完成しない、となります。才能豊かな人は成長が止まることがない、決して完成してしまうことがない、という意味です。

 

わたしとしては、後者の方が老子らしい気がしますが、真相はわかりません。(そもそも、老子という人が実在しているのか、誰なのかも、そんなにはっきりしているわけではありませんし。)

 

そして、どちらも結局、同じような意味にも取れます。

 

「大器晩成」も、大物はゆっくり成長する、と、完成に重きを置かずに読むこともできます。

 

道士(道教の修行者たち)が、難解を言われる「道徳経」を、「読み続ければ、いつかはわかる」という心意気で読むのも、同じようなことだと思うのです。いつかはわかる、と言っても、完成を目指しているわけではないのだと思っています。

 

「道徳経」は、玉虫色みたいなもので、いろいろ解釈できます。これまで生きてきた経験などに照らし合わせたり、今の自分として読むことで、解釈は変わってきます。

 

答えはひとつではないところが難解とも言えますが、「どれも、またよし」と言われているような感じがして、懐が深いと感じます。

 

何ごとも、答えはひとつではなく、「わかった!」と思っても、それは次の瞬間、もしくは数年後には、また変ってしまう可能性もありますものね。

 

さて、「大器免成」に話を戻してみると、大きな器は完成しないのですから、コップという限界は想定していません。底なし沼でもあり、常に膨張している、とも言えます。

 

宇宙みたいですよね。存在しているし、すごく大きいけれども、どこまであるのかわからないし、膨張しているとも言われています。だからこそ夢やロマンを感じたりしませんか?「あそこには、何かがある。いろいろある。まだまだある」みたいな。

 

ちょっと劣性になってきた(かもしれない)コップの水だって、負けていません(勝ち負けではありませんが。)

 

半分しか入っていないところに、少しずつ満たしていくと、満杯になり、表面張力でぷくっと膨れた後に、ざーっと一気に外に流れ出しますよね。

 

自分を満たせば、自然と外に流れ出て行く、という感じかしらね。時期がくれば、ちゃんと外に出るのだから、自分を満たすべき時期に焦ることはないわけです。しかも、半分入っている水をすくい出すより、自然と流れ出るほうが、よほど勢いも、広がりもあります。

 

みんなの意識がちょっとずつ集まってきて、大きな流れを生み出す感じにもなりますよね。モノが流行るときは、こんな感じではないでしょうか。最初はポツポツだったのが、ある一定数を超えると一気に広がることもあります。

 

ひとつの事実も、解釈はいろいろです。

 

その解釈をしているのは、自分ですよね。事実は変りませんが、受け止め方は、自分次第で変わってきます。

 

どれが合っていて、どれが間違っていることも、ありませんよね。そのときの自分に力を与えてくれるもの、元気になるものがいいと思います。

 

それと同時に、その見方が唯一絶対のものではないことも、いつも感じていたいと思っています。

 

 

【これからの特別クラス】

12月7日(土)14:00-16:00  「じんわり温まる温灸メガネを作りましょう」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月8日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法はこちら

 

12月14日(土)14:00-16:30 「ホントにはじめての武当太極拳・気功(自由が丘)詳細とお申込方法はこちら

 

12月15日(日)15:00-17:30「たのしい太極扇」(池ノ上)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月22日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 


自分本来の生き方に還るには?

2019.12.04 Wednesday

 

「水」は、太極拳でも、タオの教えでも、よくたとえとしてとりあげられます。

 

老子「道徳経」第43章には、「世の中でもっとも柔かいものが、世の中でもっとも堅いものを突き動かす」とあります。

 

これは、水(世の中でもっとも柔かいもの)が、堅い岩石を十分に攻めることができるという意味です。硬くて隙間のないように見える岩石でも、水は滲み込み、長いときをかければ、岩石の形を変えることもできますよね。

 

老子はそれを、「無為の有益を知る」と言います。水は、その本性に従うだけで、何の意図もないから無為であり、それでも堅いものを変えてしまう働きがあるから有益である、ということです。

 

老子の教え(=タオの教え)には、「無為自然」ということばがあります。

 

天地自然に沿った行動や心の持ち方を身につけ、実践することで自分本来の生き方をおくることです。

 

水のたとえを聞いていると、「なるほど」と思う方もいらっしゃるでしょうが、「いや、人間はそうもいかないでしょ」と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

人とは、意図をもって動く生きものですしね。

 

「無為」というと、「何もしなくてもいいのか」と思ってしまいますよね。

 

大元は、そうなのだと思います。人は存在するだけで十分価値があり、だから生まれてきたのだと思うからです。

 

ここが腑に落ちていないと、「何か付加価値を生み出す自分でなければ、価値がない」とか、成果を出す自分、評価される自分ばかりで、自分の価値を測るようになりがちになるような気がします。

 

何かを得ても、常に不安で、ひとつ失敗すると「終わった」ように感じてしまうこと、わたしには覚えがあります。

 

その頃のわたしに、「あなたは待つことを知らない。行動しないと何も起こらない、得られないと思っている。それは違う」と言ってくださった人々がいるのです、

 

「行動しなければ、成果はないでしょ」と、その忠告が腑に落ちることは、ありませんでした。

 

水は行動しないわけではありません。高いところから低いところに流れる、形を自在に変えるなど、”本性に沿った”行動をしますよね。

 

「行動しなければ、成果はこない」と頑なに思っていた頃のわたしは、水に例えるならば、それをケースに入れたりして、無理やり自由な流れを止めてしまったようなものだったのかもしれません。

 

石頭、と言いますよね。カチコチ、頑固な感じです。自由に流れる水とは真逆です。

 

頭の思考で、自然な流れを堰き止めていたとも言えます。

 

ちょっと想像すると、すごいパワーですよね。でも、ものすごく、くたびれそうです。その負荷が、当時のわたしにとっては、生きている実感だったのかもしれません。

 

そんな様子を見て、「もっと楽に生きられるのに。早くそうなってほしい」と言ってくれた人たちもいました。でも自分では、そんなに大変だと思っていなかったのですよ。

 

なんといっても、大変だからこそ、生きている実感があるわけで、負荷がない状態では不安になってしまうのですものね。どんなにくたびれても、やめるわけにはいかなかったのかもしれません。

 

ホントに、自分のことがまったくわかっていませんでした。わかろうと、していませんでした。

 

でも、頑張るのにも限界はあります。心身に不調をかかえるようになって、「このままではだめだ」と気づくようになった頃、太極拳に出会いました。

 

タイミングだったのか、太極拳に出会ったから気づいたのか、そのあたりはよくわかりません。

 

人生とは、こんな風に、自分で計画しない方が上手くいくこともある、という一例ですよね。

 

太極拳がもたらすものは、いろいろありますが、この”頭でっかち”だったわたしに効いたのは、体の無駄な緊張に気づいて、なくしていくという面でした。

 

まず、体の無駄な緊張に気づき、「これ、いらないよね」と取り去ると、もっとずっと楽になります。頭で考える前にまず動く時間をたくさん持ったことで、頭で考えるより、感じることを、優先できるようになりました。

 

それまでは、頭で考えて計画して行動する、というパターンで、”感じる”ゆとりを与えていなかったのかもしれません。自然な流れを堰き止めていますよね。

 

それを、まず感じて、それをもとに考えて行動する、と、変わりました。

 

「結局、頭は使うのね」と思いましたが、人間ですから頭を使うのは自然な行為です。ただ、感じてから使うことで、自分にかけていた無理な負担は、大きく減った気がします。

 

そして、「待つ」意味も、わかるようになりました。動けるようになるまで待つことも、できるようになりました(逆に言うと、そうなるまで動けないのですが。)

 

それから、心の緊張が、体の緊張を引き起こすことに気づいていき、体に現れた緊張で、心の状態に気づけるようにも、なりました。

 

心が頑なになっていると、体もカタくなり、それでは自然な流れを自分で堰き止めていることになってしまいます。

 

頑なになりそうなとき、「水」のイメージも、助けになります。

 

人の体は、6−7割が水です。地球の海の割合と、ほぼ同じです。

 

それだけの割合が水だということは、その性質を、たくさん持っていることでもあります。柔軟で、意図せず本性に沿って行動できるはずですよね。

 

そして、「流れる水は腐らない」というように、体の中も、無駄な緊張がなければ、ぐるぐるめぐって、つねに清浄にできますよね。

 

太極拳とは、老子の教え、タオの教えを体現化したものでもあります。

 

わたしは太極拳を通して、「無為自然」の意味を感じて、そして考え続けています。それは本来の自分の生き方に還る道でもあり、その時点のわたしが知っている範囲を、遙かに超える可能性を、いつも含んでいます。

 

「道徳経」43章には、「不言の教え」ということばも出てきます。水は、言葉で何かの意図を伝えるわけではないので、水から学ぶ教えは不言の教えです。言葉を超越した教えでもあります。

 

太極拳も、わたしにとっては、そんな存在なのだと思っています。そこには言葉で尽くせる以上の先人の智慧が、詰まっているものですから。

 

 

(参考:「老子」蜂谷邦夫訳注 岩波文庫)

 

 

【これからの特別クラス】

12月7日(土)14:00-16:00  「じんわり温まる温灸メガネを作りましょう」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月8日(日)14:30-16:30「はじめての形意拳」 詳細とお申込方法はこちら

 

12月14日(土)14:00-16:30 「ホントにはじめての武当太極拳・気功(自由が丘)詳細とお申込方法はこちら

 

12月15日(日)15:00-17:30「たのしい太極扇」(池ノ上)詳細とお申込み方法はこちら

 

12月22日(日)14:00-16:30  「やさしい站椿功」(自由が丘)詳細とお申込み方法はこちら

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ。

 

 

 


12/15(日)・1/19(日)【特別クラス】たのしい太極扇 

2019.11.29 Friday

 

太極拳には、剣や扇など、武器を使うものもあります。

 

武当太極扇をはじめて習ったのは2011年です。手を使わず、丹田で扇を開くことからはじまり、扇と全身が一体となって動くことを体感させてくれた、思い入れのあるものです。

 

武当太極扇は、ゆっくりした動き(陰)と早い動き(陽)が交互にやってきます。くるくる回る、しなやかな動きは人目を引き、扇を開く音も耳に心地よく、見る人を笑顔にします。

 

この武当太極扇のクラスを開催します。扇の基本的な使い方と、套路(太極拳の一連の型)を順次、練習していきます。

 

これまでは「太極扇を体験しよう!」でしたが、続けてくださる方もいらっしゃいますので、今回から「たのしい太極扇」に名称を変更します。なぜなら、楽しいのですもの。

 

太極拳・太極扇がはじめての方も、すでに扇をお稽古されている方も、大歓迎です。(これまでに参加された方、はじめての方、どちらでもご参加いただけます。)

 

※みんみんカンフーの通常クラスに参加されていない方は、太極扇の套路の練習の他に、基本練習を入れる場合もあります。

 

 

☀日時:  第28回: 12月15日(日)14:00-16:30 (15分前開場)会場:京王井の頭線 池ノ上駅近くの会場 

    第29回:   1月19日(日)14:00-16:30 (15分前開場)会場:京王井の頭線 池ノ上駅近くの会場

 

☀内容:武当太極扇 体験クラス

   ・扇の開き方、基本の扱い方

   ・武当太極扇の套路の練習

 

☀費用:4,000円(チケットご利用の方は、1チケット+1500円でもご参加いただけます)

    ※当日、お支払ください。

 

☀服装と持ち物:ストレッチのきいたパンツ、Tシャツ(長袖、半袖)、靴下、靴

    太極拳用の扇、タオル、飲み物

    ※お着替えいただけるスペースもあります。

    ※扇の貸し出し(おひとり500円)もあります。数には限りがあります。ご希望の方は、お申込み時にお知らせください。

 

☀お申込み方法:minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)あてに、お名前、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス)をメールでお送りください。口頭やメッセージなどで、直接お申込みいただくことも可能です。

 

 

【こんな方におすすめです】

・太極扇をやってみたい方

・扇を開くとき、バラバラと音が出てしまう方

・手で扇を開いてしまう方

・体と扇の一体感が感じられない方

 

 

みなさまのご参加、お待ちしています。

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、キリリとした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

........................

いしい まゆみ(道号:静慧 / みんみん)

太極道家

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 


12/22(日)・1/25(土)【特別クラス】 やさしい站椿功:しあわせを呼ぶ7つのステップ 

2019.11.29 Friday

 

站椿功(たんとうこう)とは、ひたすら”立つ”お稽古です。

 

やればやるほど、活力を与えてくれて、心身ともに健康を促してくれます。

 

心静かに立ち続けていると、日常のあれやこれやの悩み事も、「ま、いいか」と思えるようになります。

 

とはいっても、「腕が痛くて続けられない」とか、「足がしびれてくる」とか、「集中力が持たない」など、苦手意識の強い方もいらっしゃるでしょう。

 

站椿功には、いくつかコツがあります。それを7つのステップでお伝えしていきます。

 

立つこと、站椿功は、本当はとっても人に”やさしい”のです。

このクラスに参加された方は、終了時、とってもしあわせそうに、柔かい笑顔を見せてくださいます。

 

こんな風にたてたら、毎日がとってもしあわせになるのではないでしょうか?

 

コツをお話しながら、一緒に体験してみましょう。ひとりでは難しくても、みんなでやれば、できるかもしれません。

 

これまでに参加された方も、はじめての方も、ぜひどうぞ。

 

 

 

※第1回目の様子は、こちらから→「やさしい站椿功」を、初開催しました。

 

※第2回目の様子は、こちらから→「やさしく立てたら、やさしくなれる:やさしい站椿功」

 

 

〜こんな方におすすめです〜

 

・站椿功に苦手意識がある方

・やってみたいけれども、二の足を踏み続けている方

・站椿功は、苦行だと思っている方

・楽な立ち方のコツを知りたい方

・体のコリや硬さに悩む方

・階段を登るのがつらい方

・過去の後悔や、将来への心配ばかりしてしまう方

・ソワソワして落ち着きがない方、心の静め方を知りたい方

・中国古来の養生法を、体験したい方

・しあわせを感じたい方

 

......................................................................

 

やさしい站椿功: しあわせを呼ぶ7つのステップ

 

日時と場所:

・12月22日(日)14:00−16:30 ※15分前開場

 自由が丘駅から徒歩約7分(和室)※詳細はお申込みくださった方にお知らせします。

 

・1月25日(土)14:00−16:30 ※15分前開場

 東急田園都市線 池尻大橋駅から徒歩約7分  ※詳細はお申込みくださった方にお知らせします。

 

内容:・站椿功のおはなし(どんなもの?どんなことが起きるの?站椿功のコツとは?)

    ・体と心を緩める準備体操

    ・実際に、站椿功をやってみましょう

 

服装:ストレッチのきいたパンツとTシャツ、靴下 、(10月は床ですので、室内履きを履きたい方はお持ちください)

   ※会場でお着替えいただくこともできます。

 

持ち物:飲み物、タオル

 

参加費:4000円(チケットをお持ちの方は、1回分+1500円)

 

お申込み:minminkungfu☆gmail.com(☆を@にかえてください)あてに、お名前とご連絡先、「やさしい站椿功」に参加希望とお書き添えの上、メールでご連絡ください。

 

教える人:いしい まゆみ(道号:静慧)

太極道家

第4回世界伝統武術大会 太極拳部門 金メダリスト(中国・湖北省)

2008年から毎年、中国の武当山で稽古を重ね、現在は武当玄武派第十六代伝人明月師父のもとで武当功夫(内家拳:太極拳、形意拳、八卦掌)を学んでいる。自身が太極拳を通して学んだもの、すこやかでしなやかな体と心と、そこから生まれる円満な人間関係を広めようと、教室を開催している。

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。

 

...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...☆...

 

いしい まゆみ(道号:静慧)/ みんみん)

太極道家

講座のご案内は、こちらからどうぞ

 

体と心が目覚める太極拳(http://minminkung-fu.com/)

ブログ: みんみんの陽だまり太極道日記(http://blog.minminkung-fu.com/)

「太極拳、あるある、ないない話」Facebookページで毎日更新:こちらから

「すきなもの」Instagramでほぼ毎日更新:Instagram(@mayuminmin927)

 


12/14(土)・1/26(日)【特別クラス】ホントにはじめての武当太極拳・気功

2019.11.29 Friday

 

太極拳をしている人は、20年たっても同じ体、と言われます。実際、わたしが知る70代の方は、お肌もツヤツヤ、背筋もぴんっ、とってもお元気です。

 

それは偶然ではなく、魔法でもありません。コツがあるだけです。自分の意識と体の使い方次第で、誰にでもできます。

 

でも、そうやって自分を整えていても、日常生活ではいろいろなことが起こります。大事な人とのいさかい、行き違い、憤りなど、「ああ、今日もやってしまった」「なんであの人はああなのか」と思うことも、あるでしょう。

 

太極拳は、そんな日々起こる攻防を認識しつつ、その先にある調和を求めます。いつまでも若々しく、楽しく仲良く、穏やかに生きるコツが、たくさん詰まっています。

 

このクラスでは、「太極」の意味、そこから生まれる陰陽の世界、大宇宙である自然と小宇宙の人とのつながりから、円満な人間関係までつながる”太極拳のひみつを、体を動かしながら体験していただきます。

 

日々、心身をととのえるためにおすすめの動き(基本功)もお伝えしますので、受講後も日々、ご自身で心身を整えていくこともできます。

 

太極拳がはじめての方、ご経験者でも武当太極拳がはじめての方、最近お稽古に悩み始めたご経験者、などなど、どなたでもぴんときた方、お待ちしています。

 

 

≪こんな方にお勧めです≫

・太極拳をやってみたい方

・20年たっても同じカラダを保つコツを知りたい方

・武当太極拳を体験してみたい方

・体がガチガチで悩んでいる方

・人間関係に悩んでいる方

・新しい自分に出会いたい方

 

 

≪武当太極拳とは?≫

太極拳発祥の地という伝説もある中国の湖北省、武当山で育まれてきた伝統太極拳です。道教の聖地のひとつでもあるこの地には、太極拳にまつわる伝説が伝えられています。その昔、張三豊という道士(道教の修行者)が、庭先で鶴と蛇が争っているところに遭遇します。鶴は羽を広げて旋回し、蛇はしっぽを首の動きにあわせてくるくると回りながら攻防していました。その様子から、柔が剛を制する原理を悟り、太極拳を編み出したと言われています。

 

人が天地とつながり、水が高い所から低いところに流れるように自然に動き、陰陽のバランスで少ない労力で大きな力を出す武当太極拳は、丸く円を描く動きも美しく、攻防を超えた先にある調和を重んじ、柔が剛を制する生き方を体現しています。

 

※初回開催の様子は、こちらから。

 

日時と場所

・12月14日(土)14:00−16:30(15分前開場)

 東急東横線・大井町線 自由が丘駅から徒歩7分の和室(詳しくは、お申込みくださった方にお知らせします)

 

・1 月26日(日)14:00−16:30 (いずれも15分前開場)

 東急大井町線 九品仏駅から徒歩約3分(床部屋)(詳しくは、お申込みくださった方にお知らせします)

 

内容:

【お話すること】

・太極拳の”太極”の意味

・太極と陰陽とは?

・自然と人のつながり(大宇宙と小宇宙)

・太極拳のある人生って、どんなもの?

   

【やってみること】

・武当気功 撑字訣(体をのびのび開いていく気功)

・陰と陽、てこの原理で動くコツ

・争いを止める太極拳

・天地人:天地と繋がって立つ

 など

 

服装・持ち物:

動きやすい服装(Tシャツ、ストレッチのきいたトレーニングパンツ、靴下)、飲みもの、タオル

※1月の会場は床部屋です。靴下でもできますが、寒さが気になる方は靴をお持ちください。

※飲み物は、こちらでもご用意します。

 

参加費:5000円(当日現金でお支払ください)

 

ご案内する人:

いしい まゆみ(道号:静慧/みんみん)

太極道家  第4回世界伝統武術大会 金メダリスト(太極拳)(中国、湖北省)

2008年から毎年、中国の武当山で稽古を重ね、現在は武当玄武派第十六代伝人明月師父のもとで武当功夫(内家拳:太極拳、形意拳、八卦掌)を学んでいる。すこやかでしなやかな体と心、そこから生まれる円満な人間関係を広めようと、太極拳をはじめとする体と心の教室を開催している

HP:体と心が目覚める太極拳 http://minminkung-fu.com 

 

お申込み:

minminkungfu☆gmail.com(☆を@に変えてください)宛てにお名前、連絡先(電話番号とメールアドレス)、参加希望日時をお知らせください。

 

 

 

☀「陽だまり」とは

「陽だまり」のイメージは、縁側にのんびり座り、暖かいお日様の光が射しこみ、ぬくぬく、まどろむような時間と空間です。縁側は、なくても生活できますが、あると居心地が良く、今、とても失われている”あそび”や”ゆとり”だと思うのです。モノも置かれておらず、いつもキレイで、りん、とした印象もあります。太極拳を通して、陽だまりのような場を創っていきたいと思っています。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM